台湾人の結婚ビザなら、コモンズ行政書士事務所へ!

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ

結婚ビザ受任実績
2,000件以上

台湾人
配偶者の結婚ビザ

弊所の強み
  • 国家資格者

    国家資格者

  • 全国対応

    全国対応

  • 初回相談無料

    初回相談無料

  • 全額返金

    全額返金

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 許可率97%<

    許可率97%

トップ >> 日本人の配偶者等ビザ >> 台湾人の結婚ビザ

日本人と台湾人の結婚手続き

Let's Go

国際結婚について

日本人と台湾人が結婚する方法は大きく2種類!

日本で結婚→台湾で結婚 日本:市区町村役場
台湾:台北駐日経済文化代表処
台湾で結婚→日本で結婚 台湾:戸政事務所
日本:市区町村役場

台湾人と日本人の国際結婚手続き方法には、日本で先に結婚手続きする「日本方式」と、台湾で先に結婚手続きする「台湾方式」の2種類があります。台湾人と日本人がどこに住んでいるかによって「日本方式」を選んだ方が良い場合と「台湾方式」を選んだ方が良い場合があります。
※ 台湾は日本と同様に戸籍制度があります。

台湾人は90日の査証免除措置があるので簡単に日本に来ることができます。日本人も、90日の査証免除措置があるので簡単に台湾へ行くことができます。そのため、どちらの方法でも比較的スムーズに結婚手続きを進めることができます。

日本と台湾には、正式な外交関係はありません。そのため、民間機関という名目で「台北駐日経済文化代表処」という台湾の実質的な大使館・総領事館級の外交代表機構が東京、大阪、神奈川、沖縄、北海道、福岡に置かれています。
逆に、日本の実質的な大使館・総領事館級の外交代表機構として「日本台湾交流協会」が台北と高雄に置かれています。

コモンズ行政書士事務所では、台湾人との国際結婚手続きのサポートから結婚ビザの申請までご依頼をお受けしております。台湾人の結婚ビザ申請に関しては、様々なケースでの許可事例が多くございますので、まずはお気軽に専門家にご相談ください。

結婚可能年齢

日本人の場合 男性18歳 女性18歳
台湾人の場合 男性18歳 女性18歳(※ 2023年1月1日より女性は18歳に変更)

日本にある台湾外交の窓口機関(実質的な大使館・領事館)

台北駐日経済文化代表処 〒108-0071 東京都港区白金台5-20-2
台北駐大阪経済文化弁事処 〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー17階と19階
台北駐日経済文化代表処 横浜分処 〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通り60番地 朝日生命横浜ビル2階
台北駐日経済文化代表処 那覇分処 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目15-9 アルテビル那覇6階
台北駐日経済文化代表処 札幌分処 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地 伊藤ビル5F
台北駐大阪経済文化弁事処 福岡分処 〒810-0024 福岡県福岡市中央区桜坂3-12-42

台湾にある日本外交の窓口機関(実質的な大使館・領事館)

日本台湾交流協会 台北事務所 台北市松山區慶城街28號通泰商業大樓
日本台湾交流協会 高雄事務所 高雄市苓雅區和平一路87號9F、10F 南和和平大樓
JAPAN STYLE

日本方式の結婚手続き

ここでは、先に日本で結婚する「日本方式」を説明しています。日本方式にも2種類あり、日本で婚姻手続き完了後、台湾の戸政事務所で手続きをする方法と、日本で婚姻手続き完了後、日本の台北駐日経済文化代表処で手続きをする方法があります。弊所にご依頼いただくお客様は多くの方が日本で婚姻手続き完了後、台湾の戸政事務所で手続きをされております。

日本方式であれば、台湾人が日本に来なくても日本人のみで日本の市区町村役場に婚姻届けを提出することができます。そのため、日本人が台湾へ渡航することが困難な場合や台湾人が来日することが困難な場合に日本方式がピッタリです!

1、日本と台湾両方の役所で必要書類を確認

台湾人と日本人の年齢や結婚歴、書類の提出先によって、例え同じ手続きであっても必要になる書類が微妙に異なっています。安易にネット上の情報を信じるのではなく、自ら書類の提出先に連絡ししっかり確認することが大切です。

2、台北駐日経済文化代表処で台湾人の結婚要件具備証明書(独身証明書)を取得する

結婚要件具備証明書(独身証明書)の取得には台湾の戸籍謄本が必要ですが、台湾の戸籍謄本は台湾現地の戸政事務所でしか発行できません。ただし、日本に住んでいる台湾人の方が台湾に帰ることが困難な場合、台北駐日経済文化代表処で委任状を書き認証を受けたものを現地の親族に郵送することによって、現地の親族が本人に代わって戸籍謄本を取得することができます。また、この先の手続きを考え、戸籍謄本を取得する際は最低3通は必ず用意しておきましょう。

台湾人の必要書類

  • 台湾の戸籍謄本 原本およびコピー1部(※ 内容の省略がなく、3か月以内に発行されたもの)
  • 台湾パスポート 原本およびコピー1部
  • 申請費用 2,000円/部
  • その他(台湾に戸籍がない場合は、台北駐日経済文化代表処の窓口で宣言書をご記入ください)

3、日本市区町村役場で婚姻届を提出する

市区町村役場で婚姻届が受理された後、約1週間程度で婚姻事実の記載がある戸籍謄本が取得できるようになります。よく似た書類で、婚姻受理証明書がありますが、間違わないように気をつけましょう。

日本人の必要書類

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本(※ 3か月以内に発行されたもの)

台湾人の必要書類

  • 結婚要件具備証明書(独身証明書)
  • 台湾の戸籍謄本+翻訳文
  • パスポート

A:日本で婚姻手続き完了後、台湾の戸政事務所で手続き

  • 4、台北駐日経済文化代表処で日本の戸籍謄本+翻訳文、中文姓名聲明書等の認証手続きをする
  • 5、30日以内に台湾の戸政事務所で結婚登記の手続きをする
  • 6、結婚証明書を台湾の戸政事務所で取得する

B:日本で婚姻手続き完了後、日本の台北駐日経済文化代表処で手続き

  • 4、台北駐日経済文化代表処で結婚登記をする(約2週間~約3週間)※夫婦2人で行く必要があります
  • ・代理送付申請書
  • ・代理送付申請書
  • ・結婚登記申請書
  • ・聲明書(※ 本処にて直筆署名の確認+認証が必要)
  • ・証明写真(※ 台湾人のみ)
  • ・台湾の戸籍謄本 原本およびコピー1部(※ 台湾に戸籍のある方は必ず必要です。日本生まれの方もないとは限りませんので、事前にご確認ください)
  • ・日本の戸籍謄本+翻訳文 本処にて直筆署名の確認+認証が必要(※ 発行から3ヶ月以内のもの)
  • ・台湾人フルネームの印鑑
  • ・双方の有効なパスポート
  • ・日本在留カード
  • ・個人文書認証の申請表
  • 5、結婚証明書を日本にある台北駐日経済文化代表処で取得する
  • ・台湾の戸籍謄本 原本および両面コピー1部(※ 内容の省略がなく、3か月以内に発行されたもの)
  • ・台湾パスポート 原本およびコピー1部
  • ・申請費用2,000円/部

日本方式のメリット

日本語で手続きできる
行きなれた日本の市役所等で手続きできる
2人揃って手続きをしなくてもよい
TAIWAN STYLE

台湾方式の結婚手続き

ここでは、先に台湾で結婚する「台湾方式」を説明しています。台湾方式にも2種類あり、日本の台北駐日経済文化代表処で戸籍謄本+翻訳文の認証を受ける方法と、台湾の日本台湾交流協会で婚姻要件具備証明書を取得する方法があります。

台湾方式であれば、仕事などで台湾へ駐在や出張されている方や台湾に行く予定がある方は台湾方式がピッタリです!また、手続きの進め方によっては、日本人が台湾に行くことなく結婚手続きを行うこともできます。

1、台湾と日本両方の役所で必要書類を確認

台湾人と日本人の年齢や結婚歴、書類の提出先によって、例え同じ続きであっても必要になる書類が微妙に異なっています。安易にネット上の情報を信じるのではなく、自ら書類の提出先に連絡ししっかり確認することが大切です。

A:日本の台北駐日経済文化代表処で戸籍謄本+翻訳文の認証を受ける

  • 2、日本の台北駐日経済文化代表処で戸籍謄本およびその中文訳の認証を受ける
  • ・申請書
  • ・日本人の戸籍謄本+翻訳文
  • ・日本人のパスポート 原本およびコピー1部
  • 3、認証を受けた戸籍謄本+翻訳文を台湾に持っていく(もしくは郵送する)
  • 4、台湾の戸政事務所で婚姻届を提出する
  • ・婚姻届(結婚書約)
  • ・認証済の日本人の戸籍謄本+翻訳文
  • ・パスポート(日本人のもの)

B:台湾の日本台湾交流協会で婚姻要件具備証明書を取得する

  • 2、台湾の日本台湾交流協会で日本人の婚姻要件具備証明書を取得する
  • ・証明申請書
  • ・日本人の戸籍謄本
  • ・日本人のパスポート
  • 3、台湾の外交部領事事務局において「婚姻要件具備証明書」に認証を受ける(所要期間約2日間)
  • 4、台湾の戸政事務所で婚姻届を提出する
  • ・婚姻届(結婚書約)
  • ・認証済の婚姻要件具備証明書
  • ・パスポート(日本人のもの)

5、台湾の戸政事務所で届け出が受理された後に、戸籍謄本1通(※ 婚姻の事実が記載されたもの)及び結婚証明書を取得する

6、日本の市区町村役場で手続きをする

日本人の必要書類

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本(※ 3か月以内に発行されたもの)

台湾人の必要書類

  • 婚姻証書+翻訳文(台湾の戸政事務所が発行した結婚証明書)
  • 台湾の戸籍謄本+翻訳文(配偶者が記載されたもの)
  • パスポート

台湾方式のメリット

日本人が台湾に住んでいる場合は手続きしやすい
日本に帰国せず手続きができる
VISA APPLICATION

結婚ビザ申請

結婚手続き後、海外から台湾人を日本へ呼び一緒に暮らす場合は在留資格認定証明書交付申請をする必要があります。また、日本に住んでいる台湾人のビザを変更する場合は在留資格変更許可申請をする必要があります。

1、出入国在留管理庁のホームページで必要書類を確認

必要な書類は全て出入国在留管理庁のホームページに記載されています。

2、日本の役所で書類を取得

  • 在留資格認定証明書交付申請書(在留資格変更許可申請書)
  • 写真(縦4cm×横3cm)
  • パスポートの写し
  • 在留カードの写し(※ 申請人が在留カードを所持している場合のみ)
  • 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 台湾の結婚証明書 ※台湾の結婚証明書がなくても結婚の事実が記載されている戸籍謄本でも申請できた実績があります
  • 直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
  • 直近1年分の住民税の納税証明書
  • 預貯金通帳の写し
  • 世帯全員の記載のある住民票の写し
  • スナップ写真
  • SNS履歴
  • 通話記録
  • 送金履歴

各市町村役場によって書類の名称や記載内容が若干異なります。例え、住民票を取得しても記載されている内容によって再取得しなければならない場合もあります。目当ての書類を確実に取得するためにも、できるだけ市町村役場へ足を運び窓口で書類を受け取りましょう。

3、必要な書類を作成する

必要な書類は全て出入国在留管理庁のホームページからダウンロードすることができます。手書きとパソコンのどちらで作成しても審査に影響はありません。

  • 在留資格認定証明書交付申請書(在留資格変更許可申請書)
  • 身元保証書
  • 質問書

上記の書類以外にも「理由書」「補足証明書」「誓約書」「宣誓書」など、独自の書類を作成するケースが多いです。

4、最寄りの出入国在留管理局へ書類を提出

最寄りの出入国在留管理局はこちらの地方出入国在留管理官署で確認できます。また、書類を提出してから、在留資格認定証明書交付申請の場合は約1か月~3か月、在留資格変更許可申請の場合は約2週間~1か月の審査期間がかかります。

5、届いた「認定証明書」を台湾へ郵送 or 届いたハガキを持って出入国在留管理局へ

在留資格認定証明書交付申請が許可になると出入国在留管理局からご自宅にA5サイズの「認定証明書」が届きます。その後、台湾の配偶者の元へ認定証明書を国際郵便で送ってください。

在留資格変更許可申請の場合は、ご自宅に出入国在留管理局からハガキが届きますので、そのハガキを持って出入国在留管理局へ行くと在留カードが貰えるのでそのまま日本に滞在することができます。

6、日本台湾交流協会で査証申請

台湾人が認定証明書を持って日本台湾交流協会で査証申請をして、査証が発給されれば来日することができます。

自分で書類を用意するデメリット

どんな書類を集めればいいか分からない
どうやって書類を書けばいいか分からない
審査されるポイントが分からない

台湾人の結婚ビザに自信あります

先生

代表行政書士
山中 健司

行政書士からのメッセージ

台湾人の結婚ビザ申請の実績と豊富な経験に裏付けされた自信があります!是非、コモンズ行政書士事務所にご依頼ください!

プロに依頼するか自分でするか迷われている方へ

準備する書類は?作成する書類は?審査ポイントは?苦労して慣れない手続きを自分でするよりも、正しい知識を持つ専門家に任せた方がより確実です。

申請が不許可になってしまった方へ

自分で申請して不許可になってしまうと、弊所の返金サービスを利用することができません。しかし、素人が再申請で許可を得るのは非常に困難なので、私たちを頼ってください。

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!