ミャンマー人の結婚ビザなら、コモンズ行政書士事務所へ!

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ

結婚ビザ受任実績
2,000件以上

ミャンマー人
配偶者の結婚ビザ

弊所の強み
  • 国家資格者

    国家資格者

  • 全国対応

    全国対応

  • 初回相談無料

    初回相談無料

  • 全額返金

    全額返金

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 許可率97%<

    許可率97%

トップ >> 日本人の配偶者等ビザ >> ミャンマー人の結婚ビザ

ミャンマー人配偶者の結婚ビザ申請

Let's Go

ミャンマー人との結婚ビザ&国際結婚について

ミャンマー人が日本の結婚ビザを取得するには、外国人を管理する役所である出入国在留管理局で日本にいる配偶者(日本人)がミャンマー人の日本人の配偶者等在留資格認定証明書交付申請またはミャンマー人の日本人の配偶者等在留資格変更許可申請をする必要があります。

ただし、あくまでも日本人の配偶者等在留資格認定証明書交付申請と日本人の配偶者等在留資格変更許可申請は結婚をしていないと申請できないため、結婚がまだの場合は先に日本とミャンマーの国際結婚手続きから始めましょう!

日本人とミャンマー人が結婚する方法は大きく2種類!

日本方式
日本で結婚→ミャンマーで結婚
日本:市区町村役場
ミャンマー:ミャンマー国内の地方裁判所等
ミャンマー方式
ミャンマーで結婚→日本で結婚
ミャンマー:ミャンマー国内の地方裁判所等
日本:在ミャンマー日本国大使館

※ 結婚ビザ申請をする上では日本方式・ミャンマー方式どちらの方式でも大丈夫です

ミャンマーは約9割が仏教徒であり、その他にもキリスト教やイスラム教等が信仰されています。

コモンズ行政書士事務所では、ミャンマー人との国際結婚手続きのサポートから結婚ビザの申請までご依頼をお受けしております。ミャンマー人の結婚ビザ申請に関しては、様々なケースでの許可事例が多くございますので、まずはお気軽に専門家にご相談ください。

お客様の実体験:
・駐日ミャンマー大使館ではミャンマー人同士しか婚姻手続きできない
・日本で婚姻手続きが完了しても、駐日ミャンマー大使館で登録できない
・ミャンマーの独身証明書はミャンマーの両親が宣誓供述書を裁判所に持って行って取得
・ファミリーリストは各家庭に1個あるから、ファミリーリストのコピーにミャンマー外務省認証を受けたものになる
・国籍証明書という書類はなくパスポートが国籍を証明するものになるとのこと
・駐日ミャンマー大使館の認証が必要であれば3,000円でできるとのこと(※郵送は無理で窓口のみ平日10‐12時の間)

ミャンマー人の結婚ビザに関連する情報

在日ミャンマー人数 48,117人
結婚ビザを持つミャンマー人数 603人
在日ミャンマー人数 男:22,239人
女:25,938人
JAPAN STYLE

日本方式の結婚手続き

ここでは、先に日本で結婚する「日本方式」を説明しています。事前によく確認したうえで「日本方式」でするのか「ミャンマー方式」でするのかを決めてください。

1、日本とミャンマー両方の役所で必要書類を確認

2、日本の市区町村役場で手続きをする

ミャンマー人と結婚するためには、ミャンマーから書類を持参、もしくは郵送する必要があります。

※駐日ミャンマー大使館では婚姻要件具備証明書が発行されません。

ミャンマー人の必要書類(日本にいる場合)

  • 独身証明書原本及び日本語訳文
  • ファミリーリスト及び日本語訳文
  • パスポート(原本)
  • 申述書

※ファミリーリストにはミャンマー外務省の認証が必要です

ミャンマー人の必要書類(日本にいない場合)

  • 独身証明書原本及び日本語訳文(翻訳氏名、住所)
  • ファミリーリスト及び日本語訳文
  • パスポート(写し)及び日本語訳文
  • 申述書

※ファミリーリスト・パスポート(写し)にはミャンマー外務省の認証が必要です

日本人の必要書類

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本

3、ミャンマー本国で結婚手続きを行う

駐日ミャンマー大使館では結婚手続きを行うことができないため、ミャンマー本国に行きミャンマー側の結婚手続きを行う必要があります。ミャンマーでは、入信している宗教ごとに婚姻方式が定められており、それぞれの方式に則って婚姻手続きを行ってください。

MYANMAR STYLE

ミャンマー方式の結婚手続き

ここでは、先にミャンマーで結婚する「ミャンマー方式」を説明しています。

1、ミャンマーと日本両方の役所で必要な書類を確認する

2、日本人の必要な書類を用意する

日本国民がミャンマー方式によって婚姻する場合は、市区町村役場、法務局、大使館・領事館で婚姻要件具備証明書を発行することができます。また、戸籍謄本等を取得する場合は、海外から取得するのは時間がかかるので余裕を持って取得してください。

3、日本の外務省で書類のアポスティーユをする

公印確認およびアポスティーユの申請は「外務省 領事局領事サービスセンター」で行います。窓口申請、郵便申請いずれも手数料は無料です。

〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1 外務省南庁舎1階
外務省 領事局領事サービスセンター 証明班

※ 婚姻要件具備証明書(独身証明書)を日本国内で取得する場合は婚姻要件具備証明書(独身証明書)のアポスティーユも行ってください。

4、ミャンマーの在ミャンマー日本国大使館で婚姻要件具備証明書を取得する(※日本で取得している場合は必要なし)

ミャンマーの在ミャンマー日本国大使館で婚姻要件具備証明書を取得する場合は以下の書類が必要です。

必要書類

  • 証明書発給申請書(大使館備付け)
  • 戸籍謄(抄)本(3ヵ月以内発行のもの)
  • 申請者の旅券

5、ミャンマーの地方登記事務所で手続きをする

ミャンマーでは、ミャンマー人配偶者が入信している宗教ごとに婚姻方式が定められており、それぞれの方式に則って婚姻証明書を作成することが婚姻成立の要件となっています(※原則として、仏教徒の場合は地区裁判官または区長の署名、それ以外の宗教の場合は各宗教の指導者的立場の人物の署名が必要です) ミャンマー人との婚姻にあたっては、まず相手方の宗教をよく確認するようにしてください。

A:ミャンマーの在ミャンマー日本国大使館で手続きをする

日本国の法律により、婚姻手続きをした後、在ミャンマー日本国大使館に報告的婚姻届を提出することで、日本人の戸籍に婚姻の事実が記載されます。届出期限は、婚姻成立後3ヵ月以内です。届出期間を過ぎても届出をすることができますが、その場合、下記必要書類の他に「遅延理由書」を添付する必要があります。

  • 6、ミャンマーの在ミャンマー日本国大使館で手続きをする(日本人の必要書類)
  • ・婚姻届 2部
  • ・戸籍謄(抄)本
  • ・婚姻証明書
  • ・婚姻証明書の日本語訳
  • ・ミャンマー人の国民登録証(NATIONAL REGISTRATION CARD)またはパスポート
  • ・国民登録証またはパスポートの日本語訳

必要書類の通数については、現在の本籍地と違う市区町村に新たな本籍を設けるなど特別な場合は各3通必要となります。

B:日本の市区町村役場で手続きをする

日本の市区町村役場で婚姻手続きをする際、提出した書類は原本(オリジナル)でも手続きをしないと返却されないため、必ず原本還付の手続きをしましょう。

  • 6、日本の市区町村役場で手続きをする
  • ・婚姻届
  • ・戸籍謄(抄)本 ※必要な場合のみ
  • ・婚姻証明書
  • ・婚姻証明書の日本語訳
  • ・ミャンマー人のパスポート
  • ・パスポートの日本語訳

ミャンマーにある日本の大使館

在ミャンマー日本国大使館

在ミャンマー日本国大使館 No. 100, Natmauk Road, Bahan Township, Yangon, The Union of Myanmar
VISA APPLICATION

結婚ビザ申請

国際結婚完了後、「日本人の配偶者等」在留資格認定証明書交付申請をします。また、日本に住んでいるミャンマー人のビザを結婚ビザへ変更する場合は「日本人の配偶者等」在留資格変更許可申請をします。

1、出入国在留管理庁のホームページで結婚ビザ申請の必要書類を確認

2、日本の役所で結婚ビザ申請に必要な書類を取得

  • 写真(縦4cm×横3cm)
  • パスポートの写し
  • 在留カードの写し(※ 申請人が在留カードを所持している場合のみ)
  • 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • ミャンマーの結婚証明書
  • 直近1年分の住民税の課税(又は非課税)証明書
  • 直近1年分の住民税の納税証明書
  • 預貯金通帳の写し
  • 世帯全員の記載のある住民票の写し
  • スナップ写真
  • SNS履歴
  • 通話記録
  • 送金履歴

3、結婚ビザ申請に必要な書類を作成

  • 在留資格認定証明書交付申請書(在留資格変更許可申請書)
  • 身元保証書
  • 質問書

※ 上記の書類以外にも「理由書」「補足証明書」「誓約書」「宣誓書」など、独自の書類を作成するケースが多いです。

4、最寄りの出入国在留管理局へ書類を提出

最寄りの出入国在留管理局はこちらの地方出入国在留管理官署で確認できます。また、書類を提出してから、在留資格認定証明書交付申請の場合は約1か月~3か月、在留資格変更許可申請の場合は約2週間~1か月の審査期間がかかります。

5、届いた「認定証明書」をミャンマーへ郵送 or 届いたハガキを持って出入国在留管理局へ

在留資格認定証明書交付申請が許可になると出入国在留管理局からご自宅にA5サイズの「認定証明書」が届きます。その後、ミャンマーの配偶者の元へ認定証明書を国際郵便で送ってください。

在留資格変更許可申請の場合は、ご自宅に出入国在留管理局からハガキが届きますので、そのハガキを持って出入国在留管理局へ行くと在留カードが貰えるのでそのまま日本に滞在することができます。

6、ミャンマーにある日本国大使館で査証申請(※認定申請のみ)

ミャンマー人が認定証明書を持ってミャンマーにある日本国大使館で査証申請をして、査証が発給されれば来日することができます。

MARRIAGE CERTIFICATE

ミャンマーの結婚証明書

下記でミャンマーの結婚証明書を3種類ご紹介しております。

ミャンマーの結婚証明書(表) ミャンマーの結婚証明書(裏)
ミャンマーの結婚証明書
ミャンマーの結婚証明書

ミャンマー人の結婚ビザ許可後のご依頼実績&お礼メール

千葉県八千代市A様

元技能実習生のミャンマー人妻の結婚ビザ申請

ご依頼から許可まで
99日
申請者様ミャンマー人妻
申請種類在留資格変更許可申請
申請枚数32枚
依頼の日2023/01/15
申請の日2023/03/08
許可の日2023/04/24

ご依頼内容
千葉県八千代市にお住まいの日本人のご主人とミャンマー人の奥様からのご依頼です。A様の場合、技能実習生として職場に派遣されてきた奥様と出会われ、約3年の交際期間を経て結婚されることになりご依頼を頂きました。日本で結婚手続きをされたいとのご希望だったため、短期滞在ビザの取得から協力させて頂き、その後の国際結婚&結婚ビザ申請までスムーズにさせて頂くことができました。

行政書士のコメント
ご夫婦の関係性もしっかりされておりA様のご収入も安定されていたため、大きな問題もなくお手続きを進めていくことができました。

鳥取県米子市S様

過去に法律違反をしていたミャンマー人夫の結婚ビザ申請

ご依頼から許可まで
93日
申請者様ミャンマー人夫
申請種類在留資格認定証明書交付申請
申請枚数47枚
依頼の日2021/03/18
申請の日2021/04/13
許可の日2021/06/20

お客様からのメール
津村先生
お世話になります。
先生のおかげで無事にビザをいただくことができました。
本当にありがとうございました。

行政書士からの回答
ご連絡ありがとうございます。無事にミャンマー人ご主人の配偶者ビザがご取得頂けたようで本当に良かったです。S様の場合、ご主人が過去に来日し技術・人文知識・国際業務ビザで働いていた際に在留資格に該当性のない業務を行っていたこと、またその際に国民年金保険料を支払っていないことが大きな問題でしたが、今回の結婚ビザ申請の前に、改めて在留資格に関する勉強を夫婦でしていただき、過去の行為を深く反省して頂けたことが今回の結果に繋がったのだと感じております。これからは、法律に違反することがないように注意してくださいね!

静岡県静岡市I様

ミャンマー人夫の結婚ビザ申請(ご自身で申請し不許可後の再申請依頼)

ご依頼から許可まで
93日
申請者様ミャンマー人夫
申請種類在留資格認定証明書交付申請
申請枚数34枚
依頼の日2019/01/21
申請の日2019/02/12
許可の日2019/06/04

お客様からのメール
在留資格認定証明書がおりました。
本当にありがとうございました、とても嬉しく思います。

行政書士からの回答
ご連絡ありがとうございます。無事にミャンマー人奥様の配偶者ビザがご取得頂けたようで本当に良かったです。I様の場合、ご自身で一度申請し不許可になった後に再申請のご依頼を頂くことになりましたが、不許可の原因である「提出された書類の日時や時系列が不正確である」とのことから、出会いから結婚までを詳細にヒアリングし、わかりやすく正確な書類を作成させて頂いたことが今回の結果に繋がったのだと感じております。次回の更新時も是非ご依頼お待ちしております。

Google口コミ

G評価   google口コミの星
   G投稿 件のレビュー

Chan Chan

Chan Chan

★★★★★

今回は日本人配偶者ビザ申請を依頼しました。
山本先生の完璧な書類のおかげて1っか月ちょっとぐらいで許可されました。とても嬉しくて感謝しました。短期滞在ビザ申請から依頼し、何度も確認しても優しく説明して貰いました。どのビザでも豊かな知識があって安心して依頼できるので、おすすめです。

北兎

北兎

★★★★★

短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更申請をお願い致しました。
丁寧な対応で、無事に許可が降りました。
大変感謝しております。

Q&A

基本的に、日本にあるミャンマーの大使館で結婚に必要な書類は取得できません。ミャンマーから持参するか、国際郵便で日本に書類を郵送してもらう必要があります。

ミャンマーのファミリーリストは基本的に各家庭に1枚ですが、子供が自宅を購入するなど実家から独立した際に個人のファミリーリストができます。そのため、両方のファミリーリスト発行できる際は両方のファミリーリストを用意してください。

料金表

認定申請

Certificate of Eligibility

変更申請

Change of Status of Residence

更新申請

Extension of Period of Stay

3点セット

Recommended Set

こんな方におすすめ

初めて結婚ビザを
取得する方

認定料金

★ 不許可の場合は全額返金

こんな方におすすめ

今のビザから結婚ビザに
変更したい方

変更料金

★ 不許可の場合は全額返金

こんな方におすすめ

結婚ビザ更新をプロに
依頼したい方

更新料金

★ 不許可の場合は全額返金

こんな方におすすめ

これから国際結婚をする方
通常より3万円お得!

婚姻3点料金

★ 不許可の場合は全額返金 ※1

審査期間

1ヶ月~3ヶ月

審査期間

2週間~1ヶ月

審査期間

2週間~1ヶ月

1点目は

短期滞在ビザ

申請枚数

30~50枚

申請枚数

30~50枚

申請枚数

15~25枚

2点目、3点目

婚姻アドバイス
結婚ビザ申請

弊所へ依頼するタイミング

(余裕をみて)
来日の半年ほど前

弊所へ依頼するタイミング

結婚が決まった時点

弊所へ依頼するタイミング

在留期限の4ヶ月ほど前

弊所へ依頼するタイミング

結婚が決まった時点

ご依頼後の追加料金

必要ありません

ご依頼後の追加料金

必要ありません

ご依頼後の追加料金

必要ありません

ご依頼後の追加料金

必要ありません

※1 詳細はお問合せ時にご説明させて頂きます

認定申請

Certificate of Eligibility

こんな方におすすめ

初めて結婚ビザを取得する方

認定料金

★ 不許可の場合は全額返金

審査期間

1ヶ月~3ヶ月

申請枚数

30~50枚

弊所へ依頼するタイミング

(余裕をみて)来日の半年ほど前

ご依頼後の追加料金

必要ありません

変更申請

Change of Status of Residence

こんな方におすすめ

今のビザから結婚ビザに変更したい方

変更料金

★ 不許可の場合は全額返金

審査期間

2週間~1ヶ月

申請枚数

30~50枚

弊所へ依頼するタイミング

結婚が決まった時点

ご依頼後の追加料金

必要ありません

更新申請

Extension of Period of Stay

こんな方におすすめ

結婚ビザ更新をプロに依頼したい方

更新料金

★ 不許可の場合は全額返金

審査期間

2週間~1ヶ月

申請枚数

15~25枚

弊所へ依頼するタイミング

在留期限の4ヶ月ほど前

ご依頼後の追加料金

必要ありません

3点セット

Recommended Set

こんな方におすすめ

これから国際結婚をする方

婚姻3点料金

★ 不許可の場合は全額返金 ※1

1点目は

短期滞在ビザ申請

2点目は

婚姻手続きアドバイス

3点目は

結婚ビザ申請

お得ポイント

国際結婚手続きの不安を解消

お得ポイント

通常料金より3万円割引

弊所へ依頼するタイミング

結婚が決まった時点

ご依頼後の追加料金

必要ありません

※1 詳細はお問合せ時にご説明させて頂きます

ミャンマー人配偶者の結婚ビザに自信あります!

先生

代表行政書士
山中 健司

コモンズ行政書士事務所のすごい実績 コモンズ行政書士事務所のすごい実績
G投稿 件のレビュー

ミャンマー人配偶者の結婚ビザなら

その他にも、電話やZoomでのご相談も受け付けています初回無料

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!