【国際結婚】外国人と結婚する場合の婚姻届の書き方 - コモンズ行政書士事務所へ!

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ
検索

国際結婚|外国人|婚姻届|書き方|記入例|

日本人の配偶者等ビザ
トップ >> 日本人の配偶者等ビザ >> 【国際結婚】外国人と結婚する場合の婚姻届の書き方

【国際結婚】外国人と結婚する場合の婚姻届の書き方

外国人と結婚する場合、日本で先に結婚する場合でも外国で先に結婚する場合でも婚姻届の提出は必要です。
国際結婚の場合は婚姻届の書き方でいくつか気をつけるポイントがありますので先に予習をしておきましょう!
「外国人との国際結婚手続き後の配偶者ビザ申請については、お電話またはメールにてご相談ください。(相談無料)」

国際結婚手続き&配偶者ビザ申請のご依頼は是非ともコモンズへ!!

国際結婚手続きで悩んでいる方が配偶者ビザ申請をするならコモンズへ!
コモンズは、ご相談件数が年間件数越えという日本トップクラスです!

ご依頼ポイント

  • 料金認定料金
  • 相談無料初回相談無料
  • 特典不許可は全額返金
  • 安心追加料金なし
  • 全国対応全国対応
  • 土日事前予約制
  • 実績相談件数/年
  • CS満足度以上

コモンズは常にフルサポート

  • 外国人と結婚する方必見!婚姻届の書き方を解説!
  • お客様の疑問や不安な点は全て解消しながら進みます!

お問い合わせ(相談無料)

  • コモンズ行政書士事務所
  • TEL:0120-1000-51(相談無料)
お問い合わせはこちら

国際結婚をする場合の婚姻届について

婚姻届見本

国際結婚をする場合の婚姻届は、日本人同士で結婚する際の婚姻届と同じものを使用します。また、婚姻届に記載する文字は漢字・ひらがな・カタカナである必要があります。そのため、アルファベットや本国の文字で記載しないようにしましょう。

国際結婚の場合の婚姻届の書き方について

婚姻届見本
① 氏名について

日本人の方は戸籍謄本と同じ氏名を記載します。外国人の方はカタカナで表記します。
※中国人や韓国人の方で氏名に漢字を使用されている方は漢字で記載することもできます。ただし、日本で使用できる漢字でない場合は使用することができません。

② 生年月日について

日本人は和暦で記載します。外国人は西暦で記載します。

③ 住所について

日本人も外国人も現住所を漢字・ひらがな・カタカナで記載します。

④ 世帯主について

住居及び生計を共にするものの代表者を記載します。

⑤ 本籍について

日本人は戸籍謄本に記載されている本籍を記載します。
外国人は本籍がないので国籍を漢字・ひらがな・カタカナで記載します。

⑥ 筆頭者について

日本人は戸籍謄本に記載されている筆頭者を記載します。
外国人は本籍がないので空欄のままで大丈夫です。

⑦ 父母の氏名

日本人の方は戸籍謄本と同じ父母の氏名を記載します。外国人の方は父母の氏名をカタカナで表記します。
※中国人や韓国人の方で父母の氏名に漢字を使用されている方は漢字で記載することもできます。ただし、日本で使用できる漢字でない場合は使用することができません。

⑧ 続柄

日本人の方は戸籍謄本と同じ続柄を記載します。 外国人の方は自身の続柄を記載します。

⑨ 婚姻後の夫婦の氏

日本人同士の結婚の場合は結婚後の氏を選択しますが、国際結婚の場合は外国人に戸籍がないため選択しません。そのため、空欄のまま提出します。

日本人の氏を使用するには
外国人の方が日本人の氏を名乗る場合は、2つの方法があります。

1つ目は、外国人配偶者が「通称名」の登録手続きを行います。
ただし、通称名は日本国内の仮の氏ですので、外国人配偶者の氏自体は変更されません。
2つ目は、外国人配偶者の本名そのものを変更する場合です。
その場合は外国人配偶者の本国で「外国人配偶者の氏の変更」手続きをする必要があります。

⑩ 新しい本籍

日本人が筆頭者ではないときは、結婚によって新しい戸籍ができますので、新しい本籍をどこにするのかを記入します。
もし、日本人がすでに筆頭者であるときには、新しい戸籍は編製されませんので、空欄のまま提出します。

⑪ 同居を始めたとき

結婚式を挙げた日または同居を開始した日のいずれか早いほうの日付を、和暦で記入します。

⑫ 初婚・再婚の別

日本人が再婚である場合は、直近の結婚について、死別、離別の場合はその年月日を、和暦で記載します。

⑬ 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯の主な仕事

単身世帯の場合は、ご自身の仕事を書きます。
ご両親の世帯に属している場合はその世帯の主な仕事を記入します。

⑭ 夫妻の職業

5年に一度(2020年、2025年、2030年以降も同様)、国勢調査のある年だけ記載する必要があります。そのため、その年以外は記載が不要です。

婚姻届見本
⑮ 証人欄

署名以外は住所や本籍欄などすべて漢字・ひらがな・カタカナ記載する必要があるため、署名以外の住所欄などは証人が書かなくても差し支えありません。

⑯ 証人の署名・押印

外国人である証人の署名がいわゆるサインであり、他人が見て氏名を判読できない場合は、届出人が署名の上部余白に証人の氏名をカタカナで姓名の順に記載します。
日本人が証人である場合は押印が必要です。外国人が証人となり署名をした場合は、押印は不要です。

⑰ 証人の本籍

証人が外国人である場合、外国人には戸籍がなく本籍の概念はありませんので、その代わりに、国籍の国名を日本文字(カタカナと漢字など)で記載してください。

⑱ 証人の生年月日

日本人の生年月日は和暦で書きます。外国人の生年月日は西暦で書きます。

POINT《証人について》

婚姻届を提出する際は、成人の証人2名の署名・捺印が必ず必要になります。そして、外国人が証人となる場合は、外国人の母国で成人とされていれば、結婚の証人となることができます。また、報告的届出の場合は証人欄の記入は必要ありません。

国際結婚&婚姻届について気になるところを解説

国際結婚をする場合の婚姻届の提出先は?
1、夫の本籍地または住所地にある市区町村役場
2、妻の本籍地または住所地にある市区町村役場
3、海外にある日本の大使館・総領事館等

婚姻届の提出時間は?
・日本の市区町村役場の場合は、24時間365日提出できます(※提出日が入籍日になるので夜中に提出してもOKです)
・海外にある日本の大使館・総領事館等の場合は、提出先の大使館によって、開館日・受付時間が異なります

創設的届出と報告的届出とは?
戸籍届出が受理されることによって一定の身分関係が形成され又は、戸籍法上の効力が発生する届出を「創設的届出」といいます。既に発生した事実又は法律関係についての届出のことを「報告的届出」といいます。

日本人と外国人が国際結婚をする場合、日本で先に結婚する場合は日本に「創設的届出」をすることになり、外国で先に結婚する場合は日本に「報告的届出」をすることになります。

基本的に婚姻日は創設的届出を行った日が基準となります。そのため、日本で先に結婚した場合は日本で国際結婚手続きをした日が、外国で先に結婚した場合は外国で国際結婚手続きをした日が婚姻日になります。

日本で先に結婚する場合の必要書類は?
・婚姻届
・戸籍謄本(全部事項証明)
・婚姻要件具備証明書とその日本語の訳文
・国籍証明書とその日本語の訳文
・出生証明書とその日本語の訳文

外国で先に結婚する場合の必要書類は?
・婚姻届
・日本人の戸籍謄本(全部事項証明)
・外国の婚姻証明書とその日本語の訳文
・外国人の出生証明書とその日本語の訳文
・外国人の国籍証明書とその日本語の訳文

日本人の戸籍謄本の補足
→本籍地のある市区町村役場で届ける場合は必要ありません

外国人の国籍証明書の補足
→外国人の国籍証明書はパスポートでも可能です

国際結婚後に日本人が苗字を変更する方法は?
・結婚して6ヵ月以内の場合は、市区町村役場や大使館・領事館で氏を変更する手続きを行います。
・結婚して6ヵ月以後の場合は、家庭裁判所で許可をもらった後に、市区町村役場等で氏を変更する手続きを行います。

こちらもご参考にどうぞ

結婚ビザ申請のご依頼にあたりこちらもご参考ください

国籍別に結婚ビザ申請のページをご用意しました!

婚姻届の受付がストップ!?受理照会とは??

婚姻届を提出した際に役所で提出した書類に不備がないかチェックするため「受理照会」というものを受けることがあります。国際結婚をした場合、中国や韓国、アメリカなどの日本人との国際結婚が多い国では受理照会になる可能性は低いですが、日本人との国際結婚が少ない国だと受理照会になる可能性が非常に高くなります。

受理照会の結果、無事に何事もなく受理された場合は最初に届出を行った日が婚姻日になりますが、不受理となった場合には再度提出して受理された日が婚姻日になります。希望の婚姻日がある場合は、届出を行う市区町村役場で先に届出を行う際の提出書類をチェックしてもらいましょう。

外国人との国際結婚に役立つ情報

【婚姻件数総数】

2017年 606,952件
2018年 586,481件
2019年 599,007件
2020年 525,507件
2021年 501,138件

【夫妻の一方が外国人の夫婦の婚姻件数】

2017年 21,464件
2018年 21,852件
2019年 21,919件
2020年 15,452件
2021年 16,496件

先生の一言

プロフィール画像

代表行政書士

山 中 健 司

Kenji Yamanaka

日本人の配偶者等ビザは、国際結婚をしたご夫婦が日本で一緒に暮らすために必要なビザです。提出する書類や理由書、審査ポイントや書類の整合性など、申請するご夫婦それぞれ異なります。結婚したら簡単に日本人の配偶者等ビザを取得できるとお考えの方は危険であり、一度不許可になると再申請に影響が出る可能性もあるため、専門家へご依頼されることをお勧めします。私たちは、日本人の配偶者等ビザに関する数多い実績と経験を持っており、お客様をサポートする体制が出来上がっているという強みがあります。許可になる可能性を上げるためにも私たちにお任せください。

― お問合せ ―

ビザ申請なら、豊富な実績がある私たちプロにお任せください。

お客様のビザ申請を精一杯サポート致します。

tel お問い合わせはこちら

結婚ビザ以外にも幅広い業務でお客様をサポートできます。

永住ビザ
永住ビザ

  • 永住ビザ・永住権
  • 永住ビザ申請に自信あり

経営管理ビザ
経営管理ビザ

  • 社長ビザ・経営ビザ
  • 実績多数あり

短期滞在ビザ
短期滞在ビザ

  • 短期ビザ・観光ビザ
  • 世界中の方を日本に招待

帰化
帰化

  • 帰化のトップページ
  • 日本国籍を取得する

定住者ビザ
定住者ビザ

  • 離婚ビザ・子供ビザ
  • 日本で暮らしたい

興行ビザ
興行ビザ

  • タレントビザ・歌手ビザ
  • 日本で仕事をする

結婚ビザ申請の基本情報

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!