ベトナム人との国際結婚手続き方法なら、コモンズ行政書士事務所へ!

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ

結婚ビザ受任実績
2,000件以上

ベトナム人との
国際結婚手続き

弊所の強み
  • 国家資格者

    国家資格者

  • 全国対応

    全国対応

  • 初回相談無料

    初回相談無料

  • 全額返金

    全額返金

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 許可率97%<

    許可率97%

トップ >> 日本人の配偶者等ビザ >> ベトナム人との国際結婚手続き方法

日本人とベトナム人の国際結婚手続き方法

Let's Go

国際結婚について

日本人とベトナム人が結婚する方法は大きく2種類!

日本で結婚→ベトナムで結婚 日本:市区町村役場
ベトナム:地方人民委員会司法局
ベトナムで結婚→日本で結婚 ベトナム:人民委員会(※ベトナムの地方行政機関)
日本:在ベトナム日本国大使館

ベトナム人と日本人の国際結婚手続き方法には、日本で先に結婚手続きする「日本方式」と、ベトナムで先に結婚手続きする「ベトナム方式」の2種類があります。ベトナム人と日本人がどこに住んでいるかによって「日本方式」か「ベトナム方式」を選ぶと良いでしょう。

日本で先に結婚手続きをするのかベトナムで先に結婚手続きをするのかによって取得できる書類が異なりますので、事前に「日本方式」でするのか「ベトナム方式」でするのか決めましょう。

※ 結婚ビザ申請をする上ではどちらの方式でも大丈夫です。

ベトナムは査証免除対象国ではないため、来日するには日本大使館・総領事館での査証の申請が必要になります。日本人がベトナムに滞在する場合については、旅券の種類及び入国目的にかかわらず、入国日から15日間の滞在については査証免除となります

コモンズ行政書士事務所では、ベトナム人との国際結婚手続きのサポートから結婚ビザの申請までご依頼をお受けしております。日本人とベトナム人の国際結婚手続き&配偶者ビザ申請に関しては、様々なケースでの許可事例が多くございますので、まずはお気軽にご相談ください。

結婚可能年齢

日本人の場合 男性18歳 女性18歳
ベトナム人の場合 男性20歳 女性18歳

日本にあるベトナムの大使館・総領事館

駐日ベトナム大使館

ベトナム社会主義共和国大使館 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町50-11
在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館 〒590-0952 堺市堺区市之町東4-2-15
在福岡ベトナム社会主義共和国総領事館 〒810-0801 福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多4階

ベトナムにある日本の大使館・総領事館

在ベトナム日本国大使館

在ベトナム日本国大使館 27 Lieu Giai Street, Ba Dinh District, Hanoi, Viet Nam
在ホーチミン日本国総領事館 261 Dien Bien Phu Street, District 3, Ho Chi Minh City, Viet Nam
在ダナン日本国総領事館 4F, 5F Floor, Lot A17-18-19, 2/9 street, Binh Thuan Ward, Hai Chau District, Da Nang City, Viet Nam
JAPAN STYLE

日本方式の結婚手続き

ここでは、先に日本で結婚する「日本方式」を説明しています。日本方式にも2種類あり、日本のベトナム大使館で婚姻要件具備証明書を取得する方法と、ベトナムの地方人民委員会で婚姻状況確認書を取得する方法があります。

短期滞在ビザでベトナム人が来日している場合、日本方式を選択すると駐日ベトナム大使館でベトナム側の結婚証明書が発行されませんが、結婚ビザ申請は問題なく申請できますのでご安心ください。なお、中長期ビザを持っているベトナム人の場合は、駐日ベトナム大使館でベトナム側の結婚証明書が発行されます。

まずは「日本方式」の場合の大きな流れを確認しましょう。
STEP① ベトナムから婚姻状況確認書を持ってくるまたは日本に送ってもらう
STEP② 日本の駐日ベトナム大使館・総領事館で婚姻要件具備証明書を取得する(※中長期ビザ保有者のみ)
STEP③ 日本の市区町村役場に婚姻届を提出
STEP④ 駐日ベトナム大使館・総領事館で手続き(※中長期ビザ保有者のみ)

1、日本とベトナム両方の役所で必要書類を確認

ベトナム人と日本人の年齢や結婚歴、書類の提出先によって、例え同じ手続きであっても必要になる書類が微妙に異なっています。安易にネット上の情報を信じるのではなく、自ら書類の提出先に連絡ししっかり確認することが大切です。

A:日本のベトナム大使館で婚姻要件具備証明書を取得【ベトナム人が日本にいる場合】

  • 2、日本のベトナム大使館で婚姻要件具備証明書を取得する
  • ・婚姻要件具備証明書申請書
  • ・結婚届を受理していない証明書
  • ・ベトナム人のパスポート
  • ・婚姻状況確認書
  • ・法的効力のある日本国内在住の証明書(※住民票、在留カードなど)

※ 婚姻状況確認書は当事者在住の地方人民委員会から発給してもらうか、駐日ベトナム大使館・総領事館で発行することができます。なお、婚姻状況確認書はベトナムで暮らす親族に委任状を渡して代理で発給してもらうこともできます。

※ 在大阪ベトナム総領事館に電話をすると婚姻要件具備証明書の必要書類として下記の自動アナウンスが流れます。
・婚姻要件具備証明書申請書
・自己履歴書
・ベトナム人のパスポート
・出生証明書
・現住所証明書
・婚姻状況証明書(独身証明書)
・健康診断証明書(神経診断・HIV感染証明書・性病感染証明書)

B:ベトナムの地方人民委員会で婚姻状況確認書を取得【ベトナム人がベトナムにいる場合】

  • 2、ベトナムの地方人民委員会で婚姻状況確認書を取得する
  • ・婚姻状況確認書
  • ・出生証明書
  • ・ベトナム人のパスポートの写し

※ ベトナム発行の書類を外国で使用する場合、また外国発行の書類はベトナムで使用するためには外交機関で認証する必要があります。

※ この方法で国際結婚をする場合、ベトナムから郵送で書類を日本に送ることで、ベトナム人が日本に来ることなく婚姻手続きをすることができます。

3、日本の市区町村役場で手続きをする

日本人側・ベトナム人側、両方で必要な書類を集め、日本の市区町村役場へ婚姻届と共に提出します。日本人が外国人と国際結婚する場合、提出する市区町村役場によって、その場で婚姻届が受理されず「受理伺い」になることがあります。

※ 受理伺いとは市区町村役場では受理してもいいかどうかの判断ができないため、法務局へ受理してよいか照会されることです。法務局での審査に1ヶ月から数か月かかることがあり、聞き取り調査が行われることもあります。

日本人の必要書類

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本(※ 3か月以内に発行されたもの)

ベトナム人の必要書類

  • 婚姻要件具備証明書+翻訳文
  • 出生証明書+翻訳文
  • パスポート

A:日本のベトナム大使館で婚姻報告をする【中長期ビザを持つベトナム人が日本にいる場合】

  • 4、日本のベトナム大使館で婚姻報告をする
  • ・日本人の住民票
  • ・ベトナム人の住民票
  • ・婚姻届受理証明書+翻訳文
  • ・日本人のパスポート
  • ・ベトナム人のパスポート
  • ・婚姻状況確認書のコピー

※ 短期滞在ビザで来日している場合はベトナム大使館での結婚報告はできません。

B:ベトナムの地方人民委員会で婚姻報告をする【ベトナム人がベトナムにいる場合】

  • 4、ベトナムの地方人民委員会で婚姻報告をする(※あくまでも参考にどうぞ)
  • ・婚姻届受理証明書+翻訳文
  • ・日本人のパスポート
  • ・ベトナム人のパスポート

※ ベトナム発行の書類を外国で使用する場合、また外国発行の書類はベトナムで使用するためには外交機関で認証する必要があります。

日本方式のメリット

日本語で手続きできる
行きなれた日本の市役所等で手続きできる
2人揃って手続きをしなくてもよい

▼ 先生のアドバイス
日本方式で結婚するかベトナム方式で結婚するか、私だったら日本方式を選びます。なぜなら、日本の市区町村役場に行き慣れている、私は日本で暮らしている、ベトナム語が分からない、ベトナムに何度も行くのが大変だからです。

VIETNAM STYLE

ベトナム方式の結婚手続き

ここでは、先にベトナムで結婚する「ベトナム方式」を説明しています。ベトナム方式にも2種類あり、ベトナムの在ベトナム日本国大使館で結婚手続きをする方法と、日本の市区町村役場で結婚手続きをする方法があります。

まずは「ベトナム方式」の場合の大きな流れを確認しましょう。
STEP① 日本人の婚姻要件具備証明書を在ベトナム日本国大使館・総領事館、法務局、市区町村役場で取得する
STEP② 婚姻要件具備証明書を在ベトナム日本国大使館・総領事館で認証してもらう(※法務局、市区町村役場で取得した場合のみ)
STEP③ ベトナム地方人民委員会司法局で結婚手続きをする
STEP④ 日本の市区町村役場・在ベトナム日本国大使館・総領事館に婚姻届を提出

1、ベトナムと日本両方の役所で必要書類を確認

ベトナム人と日本人の年齢や結婚歴、書類の提出先によって、例え同じ続きであっても必要になる書類が微妙に異なっています。安易にネット上の情報を信じるのではなく、自ら書類の提出先に連絡ししっかり確認することが大切です。

2、日本人の婚姻要件具備証明書を取得する

婚姻要件具備証明書は、日本国民が外国の方式によって婚姻する場合に、当該日本国民が日本の法律による婚姻要件を備えていることを証明するものであり、市区町村役場、法務局若しくは地方法務局、大使・公使若しくは領事も発行することができます。

戸籍謄本等の市区町村役場が発行する公文書は、日本のご家族や知人を介して取得、または直接本籍地役場に海外からの郵便請求に応じてもらう必要があります。

※ 戸籍謄本を海外から取得するのは時間がかかるので、余裕を持って取得してください。
※ 婚姻要件具備証明書を法務局や市区町村役場で取得した場合は、在ベトナム日本国大使館・総領事館で認証してもらう必要があります。

必要書類 ※法務局の場合

  • 戸籍謄(抄)本 1通
  • 運転免許証やパスポート等の身分証明書(写真付きのもの)

必要書類 ※市区町村役場の場合

  • 運転免許証やパスポート等の身分証明書(写真付きのもの)

必要書類 ※在ベトナム日本国大使館の場合

  • 日本人のパスポート
  • 日本人の戸籍謄(抄)本 1通
  • ベトナム人の身分証明書(提示)
  • ベトナム人の婚姻状況証明書(公安局発行)

3、ベトナム地方人民委員会司法局で結婚手続きをする

ベトナム人の本籍のある地方人民委員会司法局(※例えば、ハノイ市に本籍がある場合、ハノイ市人民委員会司法局)本部が登録申請窓口となります。申請の際は、当事者のうちいずれか1名が窓口に出頭して書類を提出することが可能です。

※ 2016年1月1日以降は、地方人民委員会司法局本部ではなく、ベトナム人の本籍のある地方人民委員会の各区事務所(ハノイ市の場合約30か所)が登録申請窓口となります。

日本人の必要書類

  • 婚姻登録申請書
  • 日本国籍者の婚姻要件具備証明書(発行日から6か月以内のものであり、当局の証明・認証を受けたもの(下記2参照)。)
  • 公立の総合病院(診療科目として精神科を含む病院)が発行する健康診断書(自己の意思表示を行う能力を有し、結婚生活に支障がない旨の記載が必要。発行日から6か月以内のもの)
  • ベトナム人の婚姻状況証明書(公安局発行)
  • 当事者のうち日本国籍者の旅券(原本提示・コピー提出。原本を提示できない場合はベトナム公証役場で公証を受けたコピーを提出)

※ 日本の病院で発行を受けた健康診断書については、婚姻登録手続の前に日本及びベトナム政府当局の証明書の発給・認証等を受ける必要があります。
※ 登録申請が受理された後、15日以内(ハノイ市では5日以内)に面接が行われます。この際、当事者両名が出頭する必要があります。面接後婚姻登録が行われるまでの所要期間は25業務日です(ただし、再面接を要する場合は35業務日)。

A:ベトナムにある日本国大使館・総領事館で手続きをする

※ ベトナムでの婚姻登録手続終了後(婚姻成立後)、3か月以内に婚姻届の届出を行う必要があります。この届出を行うことにより、婚姻成立の事実が日本の戸籍に記載されます(婚姻自体はベトナムの婚姻登録手続が終了することにより成立しますので、婚姻成立日はベトナムの婚姻登録日(登録台帳に記載された日)となります)。

  • 4、ベトナムにある日本国大使館・総領事館で手続きをする
  • ・婚姻届(大使館等に備え付け) 2通又は3通
  • ・日本人の戸籍謄(抄)本 2通
  • ・ベトナム当局発行の婚姻登録証明書及び同和訳文 2通又は3通
  • ・ベトナム人の出生証明書(または、婚姻成立時に有効なパスポートの原本提示・コピー提出)

※ 日本人当事者本人が大使館等に出頭し、届出書に必要事項を記入の上、記名・押印するとともに、その他必要書類を添えて提出していただきます。来館の際、パスポート及び印鑑をご持参ください(印鑑がない場合は拇印を押印)

B:日本の市区町村役場で手続きをする

  • 4、日本の市区町村役場で手続きをする

※ 届出先は日本の本籍地役場又は大使館等のいずれかです。直接本籍地役場に届け出る(郵送による届出も可能)方が大使館等に届け出るより戸籍に記載されるまでの時間が短縮されますが、本籍地役場との間の事前の調整に手間取ることがありますので、大使館等で届出を行うことをお勧めします。

  • ・婚姻届
  • ・ベトナム当局発行の婚姻登録証明書
  • ・婚姻証明書の和訳文
  • ・日本人の戸籍謄本(※ 3か月以内に発行されたもの)
  • ・ベトナム人のパスポート

ベトナム方式のメリット

日本人がベトナムに住んでいる場合は手続きしやすい
日本に帰国せず手続きができる
VISA APPLICATION

結婚ビザ申請

結婚手続き後、海外からベトナム人を日本へ呼び一緒に暮らす場合は在留資格認定証明書交付申請をする必要があります。また、日本に住んでいるベトナム人のビザを変更する場合は在留資格変更許可申請をする必要があります。

1、出入国在留管理庁のホームページで必要書類を確認

必要な書類は全て出入国在留管理庁のホームページに記載されています。

2、最寄りの出入国在留管理局へ書類を提出

在留資格認定証明書交付申請の場合は約1か月~3か月、在留資格変更許可申請の場合は約2週間~1か月の審査期間がかかります。

3、届いた「認定証明書」をベトナムへ郵送 or 届いたハガキを持って出入国在留管理局へ

在留資格認定証明書交付申請が許可になると出入国在留管理局からご自宅にA5サイズの「認定証明書」が届きます。その後、ベトナムの配偶者の元へ認定証明書を国際郵便で送ってください。

在留資格変更許可申請の場合は、ご自宅に出入国在留管理局からハガキが届きますので、そのハガキを持って出入国在留管理局へ行くと在留カードが貰えるのでそのまま日本に滞在することができます。

4、ベトナムにある日本大使館・総領事館で査証申請

ベトナム人が認定証明書を持ってベトナムにある日本大使館・総領事館で査証申請をして、査証が発給されれば来日することができます。

私たちは、日本人とベトナム人の国際結婚手続きに自信あります

先生

代表行政書士
山中 健司

コモンズ行政書士事務所のすごい実績 コモンズ行政書士事務所のすごい実績
G投稿 件のレビュー
「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!