フィリピン人との国際結婚手続き方法なら、コモンズ行政書士事務所へ!

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ

結婚ビザ受任実績
2,000件以上

フィリピン人との
国際結婚手続き

弊所の強み
  • 国家資格者

    国家資格者

  • 全国対応

    全国対応

  • 初回相談無料

    初回相談無料

  • 全額返金

    全額返金

  • 追加料金なし

    追加料金なし

  • 許可率97%<

    許可率97%

トップ >> 日本人の配偶者等ビザ >> フィリピン人との国際結婚手続き方法

日本人とフィリピン人の国際結婚手続き方法

Let's Go

フィリピン人との国際結婚

日本人とフィリピン人が結婚する方法は大きく2種類!

日本で結婚→フィリピンで結婚 日本:市区町村役場
フィリピン:フィリピン共和国大使館・総領事館
フィリピンで結婚→日本で結婚 フィリピン:地方民事登録官事務所
日本:在フィリピン日本国大使館・総領事館

フィリピン人と日本人の国際結婚手続き方法には、日本で先に結婚手続きする「日本方式」と、フィリピンで先に結婚手続きする「フィリピン方式」の2種類があります。フィリピン人と日本人がどこに住んでいるかによって「日本方式」か「フィリピン方式」を選ぶと良いでしょう。

日本で先に結婚手続きをするのかフィリピンで先に結婚手続きをするのかによって取得する書類が異なりますので、事前に「日本方式」でするのか「フィリピン方式」でするのか決めましょう。

※ 結婚ビザ申請をする上ではどちらの方式でも大丈夫です。

フィリピンは査証免除対象国ではないため、来日するには日本大使館・総領事館での査証の申請が必要になります。日本人がフィリピンに滞在する場合については、会議への出席、企業間のミーティング、ワークショップやセミナー、療養、観光(親族や知人の訪問や娯楽等)などの目的で30日以内の滞在であれば無査証(ビザなし)入国が認められています。

コモンズ行政書士事務所では、フィリピン人との国際結婚手続きのサポートから結婚ビザの申請までご依頼をお受けしております。日本人とフィリピン人の国際結婚手続き&配偶者ビザ申請に関しては、様々なケースでの許可事例が多くございますので、まずはお気軽にご相談ください。

結婚可能年齢

日本人の場合 男性18歳 女性18歳
フィリピン人の場合 男性18歳 女性18歳

日本にあるフィリピンの大使館・総領事館

フィリピン共和国大使館

フィリピン共和国大使館 〒106-8537 東京都港区六本木5-15-5
在名古屋フィリピン共和国総領事館 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-31-3
在大阪フィリピン共和国総領事館 〒540-6124 大阪府大阪市中央区城見2-1-61 Twin21 MIDタワー24階
在札幌フィリピン共和国名誉総領事館 〒063-0841 北海道札幌市西区八軒一条西1-2-10

フィリピンにある日本の大使館・総領事館

在フィリピン日本国大使館

在フィリピン日本国大使館 2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
在ダバオ日本国総領事館 4th Floor, BI Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City, Philippines
在セブ日本国総領事館 8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City 6000, Philippines
JAPAN STYLE

日本方式の結婚手続き

ここでは、先に日本で結婚する「日本方式」を説明しています。日本方式にも2種類あり、日本にあるフィリピン共和国大使館・総領事館へ行き直接手続きする方法と、フィリピン共和国大使館・総領事館へ郵送申請をする方法があります。

日本方式を選択するとフィリピン共和国大使館・総領事館でフィリピン側の結婚証明書(Report of Marriage)が発行されますが、そのまま結婚ビザ申請で提出した場合、そのまま審査が進むケースと追加資料でPSA発行の結婚証明書(Certificate of Marriage)を求められるケースの2通りが存在しています。PSA発行の結婚証明書の発行を求められた場合でも、結婚ビザ申請を進めることはできますのでご安心ください。

まずは「日本方式」の場合の大きな流れを確認しましょう。
STEP① フィリピン側で書類を取得し日本へ持参・または郵送する
STEP② 日本にあるフィリピン大使館・総領事館で婚姻要件具備証明書を取得・または郵送申請する
STEP③ 日本の市区町村役場に婚姻届を提出
STEP④ 日本にあるフィリピン大使館・総領事館で婚姻の届出を行う・または郵送申請する

1、日本とフィリピン両方の役所で必要書類を確認

フィリピン人と日本人の年齢や結婚歴、書類の提出先によって、例え同じ手続きであっても必要になる書類が微妙に異なっています。安易にネット上の情報を信じるのではなく、自ら書類の提出先に連絡ししっかり確認することが大切です。

2、日本のフィリピン大使館で婚姻要件具備証明書を取得する

フィリピン共和国大使館・総領事館へ行き直接手続きする場合は、コロナのため大使館・総領事館が予約制となっており、1~2カ月先まで予約が埋まっていることもあるので早めに予約状況を確認しておきましょう

フィリピン人の必要書類

  • 申請用紙
  • 有効なパスポート(原本提示+データページのコピー1部)
  • 在留カードまたは日本での在留資格がわかるもの(原本提示+データページのコピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書(原本+コピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の独身証明書(CENOMAR)(原本+コピー1部)
  • パスポートサイズの証明写真(3枚)

日本人の必要書類

  • 戸籍謄本*3ヶ月以内に発行されたもの(原本1通+コピー1部)
  • 改正原戸籍または除籍謄本(上記戸籍謄本に前配偶者との婚姻、離婚、死別の記載が無い場合)
  • 有効なパスポートまた公的な写真付き身分証明書(原本提示+データページのコピー1部)
  • パスポート用サイズの証明写真(3枚)

※ フィリピン人が18歳から25歳で初婚の場合の追加書類

  • 両親の同意宣誓供述書または承諾宣誓書
    →18歳以上20歳以下の場合:両親の同意書
    ※両親のパスポートのコピーもしくは運転免許証(顔写真付き身分証明書)をセットすること
    →21歳以上25歳以下の場合:両親の承諾書
  • 両親がフィリピンに居住している場合:両親の同意書・承諾書はフィリピン国内の公証役場で公証し、フィリピン外務省にて認証
  • 両親が日本に居住している場合:当大使館に来館し作成
  • 両親が亡くなられている場合:フィリピン外務省認証済みPSA発行の死亡証明書

※ フィリピン人に離婚歴がある場合の追加書類

  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻記録証明書(原本+コピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の結婚証明書もしくは婚姻届(離婚承認注釈付き)原本+コピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みフィリピン裁判所発行の外国離婚承認審判書と確定証明書(原本+コピー1部)
  • 日本国内における離婚の記録
  • 前配偶者が日本国籍者の場合:戸籍謄本(離婚日の記載があるもの)※戸籍抄本、受理証明書は受付出来ません
  • 前配偶者が外国籍の場合:受理証明書(離婚日の記載があるもの)

※ フィリピン人が婚姻解消をしている場合の追加書類

  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻記録証明書(原本+コピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の結婚証明書もしくは婚姻届(婚姻解消承認注釈付き)(原本+コピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みフィリピン裁判所発行の婚姻解消審判書と確定証明書(原本+コピー1部)

※ フィリピン人が前配偶者と死別をしている場合の追加書類

  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻記録証明書(原本+コピー1部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の結婚証明書もしくは婚姻届(原本+コピー1部)
  • 死亡証明書 (原本+コピー1部)
  • 前配偶者がフィリピン国籍の場合:フィリピン外務省認証済みPSA発行の死亡証明書
  • 前配偶者が日本国籍の場合:戸籍謄本
  • 前配偶者が外国籍の場合:前配偶者の国(大使館・領事館)発行の死亡証明書(英文もしくは原本と英訳)

※ フィリピン共和国大使館・総領事館へ郵送申請をする場合

  • 1、婚姻要件具備証明書申請用紙を1部記入し、2部コピーする。各用紙に署名する
  • ・全ての届出書に真実および正確な情報を記入
  • ・全て黒文字でタイプ入力
  • ・A4サイズで印刷
  • ・婚姻要件具備証明書申請用紙(様式はこちら)
  • ・フィリピン国籍の方:申請用紙フォームAと身分事項に関する宣誓供述書を記入
  • ・フィリピン国籍以外の方:申請用紙フォームBのみ記入
  • 2、事前確認のため、申請用紙と申請書類をcivilreg@philembassy.netへ送付する
  • 3、事前確認が完了したら、日本の公証役場にて申請用紙(フォームA・B)と身分事項に関する宣誓供述書を公証する
  • ・各用紙に申請者の署名、公証役場の署名および押印があること
  • 4、公証済みの届出書および上記記載のその他の必要書類に返信用のレターパック(520円)を添えて大使館へ送付
  • ・送付時の封筒に次のことを記載すること
  •  〒106-8537 東京都港区六本木5-15-5
  •  フィリピン大使館領事部(Attn: Civil Registration Section/LCCM)
  • 5、申請書類が真正であり不足がないことを確認次第、担当官から申請者にEmailもしくは電話で申請費用の連絡があります
  • ・申請費用は現金書留にて送付すること

※ 婚姻要件具備証明書申請時に両人が日本国に滞在している事が条件です。
※ パスポートやその他の有効な身分証明書の原本を送付する必要はありません。鮮明なコピーを必ず用意し、送付してください。

3、日本の市区町村役場で手続きをする

日本人側・フィリピン人側、両方で必要な書類を集め、日本の市区町村役場へ婚姻届と共に提出します。日本人が外国人と国際結婚する場合、提出する市区町村役場によって、その場で婚姻届が受理されず「受理伺い」になることがあります。

日本人の必要書類

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本(※ 3か月以内に発行されたもの)

フィリピン人の必要書類(日本で暮らしている場合)

  • 婚姻要件具備証明書+翻訳文
  • パスポート
  • 在留カード

4、日本のフィリピン大使館で婚姻の届出をする

フィリピン共和国大使館・総領事館へ行き直接手続きする場合は、コロナのため大使館・総領事館が予約制となっており、1~2カ月先まで予約が埋まっていることもあるので早めに予約状況を確認しておきましょう

必要書類

  • 記入済み婚姻届出書 (Report of Marriage)
  • 日本人の有効なパスポートとそのデータページのコピー(4枚)
  • フィリピン人の有効なパスポートとそのデータページのコピー(4枚)
  • 婚姻届の届書記載事項証明書 (市役所発行)(原本+コピー4部)
  • 日本人の戸籍謄本(婚姻事項が記載されているもの)(原本+コピー4部)
  • 日本人のパスポート用サイズの証明写真(4枚)
  • フィリピン人のパスポート用サイズの証明写真(4枚)
  • レターパックプラス(返信用封筒)

婚姻前にフィリピン共和国大使館・総領事館で婚姻要件具備証明書を申請していない場合は以下の書類が追加で必要になります。

※ フィリピン人が初婚の場合の追加書類

  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書 (原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の独身証明書(CENOMAR) (原本+コピー4部)

※ フィリピン人に離婚歴がある場合の追加書類(日本国での再婚前に前配偶者と離婚した方)

  • フィリピン外務省認証済みフィリピン裁判所発行の審判書と確定証明書 (原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻証明書もしくは婚姻届 /離婚承認の注釈付き(原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻経歴書 /離婚承認の注釈付き(原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書 (原本+コピー4部)
  • 前配偶者が日本国籍の場合は、離婚が記載された前配偶者の戸籍謄本

※ フィリピン人が婚姻解消をしている場合の追加書類(日本国での再婚前に前配偶者と離婚した方)

  • フィリピン外務省認証済みフィリピン裁判所発行の審判書と確定証明書 (原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻証明書もしくは婚姻届 / 婚姻解消承認の注釈付き(原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻経歴書 /婚姻解消承認の注釈付き(原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書 (原本+コピー4部)

※ フィリピン人が前配偶者と死別をしている場合の追加書類

  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻証明書もしくは婚姻届 (前婚)(原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の婚姻経歴書(原本+コピー4部)
  • フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書 (原本+コピー4部)
  • 死別した配偶者の死亡証明書
  • フィリピン国籍の場合:フィリピン外務省認証済みPSA発行の死亡証明書
  • 日本国籍の場合:戸籍謄本
  • 日本国籍以外の外国籍の場合:配偶者の国の大使館/領事館発行の死亡証明書(英訳を必ず添付すること)

※ 日本国での婚姻後、1年を経過してフィリピン政府へ婚姻届を提出する場合は「遅延届宣誓供述書」が必要になります。

※ 日本のフィリピン大使館で婚姻の届出をする【郵送申請をする場合】

  • 1、婚姻届出書を記入し、4部コピーする。各用紙に署名する
  • ・全ての届出書に真実および正確な情報を記入
  • ・全て黒文字でタイプ入力
  • ・A4サイズで印刷
  • ・婚姻届出書 (様式はこちら)
  • 2、事前確認のため、婚姻届出書と申請書類をcivilreg@philembassy.netへ送付する
  • 3、事前確認が完了したら、日本の公証役場にて婚姻届出書を公証する
  • ・各用紙に申請者が署名をすること
  • ・同じ文書に必要な公証手続きは1部のみ
  • ・申請用紙に公証印や公証人の署名は不要
  • 4、公証済みの婚姻届出書および上記記載のその他の必要書類に返信用のレターパック(520円)を添えて大使館へ送付する
  • ・送付時の封筒に次のことを記載すること
  •  〒106-8537 東京都港区六本木5-15-5
  •  フィリピン大使館領事部(Attn: Civil Registration Section/ROM)
  • 5、申請書類が真正であり不足がないことを確認次第、担当官から申請者にEmailもしくは電話で申請費用の連絡があります
  • ・申請費用は現金書留にて送付すること

※ パスポートやその他の有効な身分証明書の原本を送付する必要はありません。鮮明なコピーを必ず用意し、送付してください。

日本方式のメリット

日本語で手続きできる
行きなれた日本の市役所等で手続きできる
2人揃って手続きをしなくてもよい
PHILIPPINES STYLE

フィリピン方式の結婚手続き

ここでは、先にフィリピンで結婚する「フィリピン方式」を説明しています。フィリピン方式にも2種類あり、フィリピンの在フィリピン日本国大使館で結婚手続きをする方法と、日本の市区町村役場で結婚手続きをする方法があります。

まずは「フィリピン方式」の場合の大きな流れを確認しましょう。
STEP① 日本人の婚姻要件具備証明書を在フィリピン日本国大使館・総領事館で取得する
STEP② フィリピンの市区町村役場に婚姻許可証(Marriage License)を申請する
STEP③ フィリピンで挙式し、婚姻証明書を入手する
STEP④ 在フィリピン日本国大使館・総領事館または日本の市区町村役場に婚姻届を提出する

1、フィリピンと日本両方の役所で必要書類を確認

フィリピン人と日本人の年齢や結婚歴、書類の提出先によって、例え同じ続きであっても必要になる書類が微妙に異なっています。安易にネット上の情報を信じるのではなく、自ら書類の提出先に連絡ししっかり確認することが大切です。

2、日本人の婚姻要件具備証明書を取得する

婚姻要件具備証明書は、日本国民が外国の方式によって婚姻する場合に、当該日本国民が日本の法律による婚姻要件を備えていることを証明するものであり、大使・公使若しくは領事が発行することができます。

戸籍謄本等の市区町村役場が発行する公文書は、日本のご家族や知人を介して取得、または直接本籍地役場に海外からの郵便請求に応じてもらう必要があります。

※ 戸籍謄本を海外から取得するのは時間がかかるので、余裕を持って取得してください。

必要書類 ※在フィリピン日本国大使館の場合

  • 日本人のパスポート
  • 日本人の戸籍謄(抄)本 1通(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 日本人の改製原戸籍又は除籍謄本 1通 (発行後6ヶ月以内のもの)
  • フィリピン人の出生証明書 1通 (Certified TrueCopy ofBirthCertificate:PSA もしくは 市役所発行のもの)

※ 婚姻暦のある方は婚姻要件具備証明書にその事実も記載し、離婚証明書も作成しますので、戸籍謄(抄) 本に婚姻及び婚姻解消(離婚等)の事実が記載されていることを確認下さい。記載されていない場合には、 その事実の記載があるまで遡って、改製原戸籍または除籍謄本もご用意下さい。

※ 初婚の方につきましても、分籍などにより、申請者本人が戸籍の筆頭者になっている場合には、過去の婚 姻歴が無いことを確認しますので、戸籍が編成された理由(分籍等)の事実が記載されていることを確認してください。記載されていない場合には、その事実が確認出来るまで遡って、改製原戸籍又は除籍謄本もご用意下さい。

※ 申請は婚姻される日本人当事者が出頭して、当館備え付けの申請書に必要事項を記入の上、上記書類と共に提出して行います。証明書は申請の翌開館日に交付されます。ご本人以外は受け取れません。ビザ申請や婚姻届提出の際、婚姻要件具備証明書のコピーが必要となりますのでコピーを多めに保管しておいて下さい。

3、フィリピンの婚姻登記処で結婚手続きをする

在フィリピン日本国大使館・総領事館より入手した婚姻要件具備証明書をもって、婚約者がお住まいの地域の市区町村役場に婚姻許可証(Marriage License)を申請して下さい。

※ 申婚姻許可証は、婚姻許可証申請者の名前等を10日間継続して地方民事登録官事務所に公示された後、問 題がなければ発行されます。婚姻許可証は、発行後120日間フィリピン国内のどこの地域においても有効です。

4、フィリピンで挙式し、婚姻証明書を入手する

フィリピンでは、婚姻を挙行できる権限のある者(婚姻挙行担当官:牧師、裁判官など)が法律で定めら れており、この婚姻挙行担当官と成人2名以上の証人の前で婚姻の宣誓を行い、婚姻当事者と証人が婚姻証 明書に署名し、これを婚姻挙行担当官が認証することにより婚姻が成立します。

※ 婚姻後15日以内に婚姻証明書が婚姻挙行担当官より挙行地のフィリピン市町村役場に送付され、地方民 事登記官により登録が行われます。登録が完了すると、市区町村役場にて婚姻証明書の謄本(Certified True Copy of Marriage Certificate)を入手することができます。この婚姻証明書の謄本は、日本の婚姻届提出の際に必要となります。。

A:フィリピンにある日本国大使館・総領事館で手続きをする

フィリピンにある日本国大使館・総領事館で手続きをした場合、婚姻の事実が日本の戸籍に記載されるまでに2ヶ月程度かかります。

5、フィリピンにある日本国大使館・総領事館で手続きをする

  • ・戸籍謄本(抄本) 2通(原本1通、写し1通で可)
  • ・婚姻したフィリピンの方の出生証明書及び日本語訳文 各2通(原本1通、写し1通で可)
  • ・婚姻証明書及び日本語訳文 各2通(原本1通、写し1通で可)
  • ・婚姻要件具備証明書の写し 1通
  • ・婚姻許可証及び婚姻許可証申請書の写し 各1通
  • ・日本人のパスポート

B:日本の市区町村役場で手続きをする

5、日本の市区町村役場で手続きをする

  • ・婚姻届
  • ・婚姻証明書及び日本語訳文 1通
  • ・日本人の戸籍謄本(※ 3か月以内に発行されたもの)
  • ・フィリピンの方の出生証明書及び日本語訳文 各2通(原本1通、写し1通で可)
  • ・フィリピン人のパスポート

フィリピン方式のメリット

日本人がフィリピンに住んでいる場合は手続きしやすい
日本に帰国せず手続きができる
VISA APPLICATION

結婚ビザ申請

結婚手続き後、海外からフィリピン人を日本へ呼び一緒に暮らす場合は在留資格認定証明書交付申請をする必要があります。また、日本に住んでいるフィリピン人のビザを変更する場合は在留資格変更許可申請をする必要があります。

1、出入国在留管理庁のホームページで必要書類を確認

必要な書類は全て出入国在留管理庁のホームページに記載されています。

2、最寄りの出入国在留管理局へ書類を提出

在留資格認定証明書交付申請の場合は約1か月~3か月、在留資格変更許可申請の場合は約2週間~1か月の審査期間がかかります。

3、届いた「認定証明書」をフィリピンへ郵送 or 届いたハガキを持って出入国在留管理局へ

在留資格認定証明書交付申請が許可になると出入国在留管理局からご自宅にA5サイズの「認定証明書」が届きます。その後、フィリピンの配偶者の元へ認定証明書を国際郵便で送ってください。

在留資格変更許可申請の場合は、ご自宅に出入国在留管理局からハガキが届きますので、そのハガキを持って出入国在留管理局へ行くと在留カードが貰えるのでそのまま日本に滞在することができます。

4、フィリピンにある日本大使館・総領事館で査証申請

フィリピン人が認定証明書を持ってフィリピンにある日本大使館・総領事館で査証申請をして、査証が発給されれば来日することができます。

私たちは、日本人とフィリピン人の国際結婚手続きに自信あります

先生

代表行政書士
山中 健司

コモンズ行政書士事務所のすごい実績 コモンズ行政書士事務所のすごい実績
G投稿 件のレビュー
「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!