【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 - コモンズ行政書士事務所

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ
検索

短期滞在ビザ|二人の交流記録|招へい人│選び方|参考例|

短期滞在ビザ
トップ >> 短期滞在ビザ完全攻略ガイド >> 二人の交流記録の選び方を徹底解説
二人の交流記録の選び方を徹底解説

二人の交流記録の選び方を徹底解説

外国人の友人や恋人、家族などを日本に呼ぶ(招へいする)ための短期滞在ビザ申請なら私たちにお任せください。
このページでは短期滞在ビザ申請にかかせない書類の一つ「二人の交流記録(ふたりのこうりゅうきろく)」の選び方や記入例をご紹介しております。
「外国人の友人や恋人、家族などを日本へ呼びたいとお考えなら、お気軽にお電話またはメールにてご相談ください。(相談無料)」

外国人の友人や恋人、家族などを日本に呼ぶなら、短期滞在ビザ申請のご依頼はコモンズへ!!

外国人の友人や恋人、家族などを日本に呼ぶビザ申請なら!
コモンズは、ご相談件数が年間件数越えという日本トップクラスです!

ご依頼ポイント

  • 短期料金短期料金
  • 相談無料相談無料
  • 特典2名様から1万円引き
  • 安心追加料金なし
  • 全国対応全国対応
  • 土日事前予約制
  • 実績多数実績多数
  • 満足度満足度以上

コモンズを「安心・信頼」できるポイント

  • 許可率・実績ともに日本トップクラス企業!
  • 経験豊富な行政書士が二人の交流記録の選び方をご案内!

お問い合わせ(相談無料)

  • コモンズ行政書士事務所
  • TEL:0120-1000-51(相談無料)
  • mailお問い合わせ

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~短期滞在ビザとは何ですか?~

短期滞在ビザとは何ですか?

ビザ免除国とビザ免除国以外の国

外国人の友人や恋人、家族などを日本に呼ぶ(招へいする)ためには「ビザ(査証)」が必要になります。ビザには色々な種類がありますが、日本の観光名所を巡ったり、二人で一緒に過ごしたりということが目的であれば「短期滞在ビザ」もしくは「短期ビザ」「観光ビザ」と呼ばれる種類のビザを、外国人の友人や恋人、家族などが住んでいる国にある日本の大使館・総領事館に出してもらう必要があります。

アメリカやイギリス、フランスなどの68の国・地域の人が日本に来る場合は、ビザ免除措置という制度により、観光目的で来る場合のみ、あらかじめビザを申請しなくても日本に来ることができます。しかし、ビザ免除措置に該当しない国の人が日本へ来る場合、あらかじめビザを申請し、ビザが出ないと日本に来ることができません。

短期滞在ビザはざっくり分けると、「個人方式」と「団体方式」の2つに分かれています。「個人方式」方式とは、申請人(外国人の友人や恋人、家族など)が、自分で必要な書類を集めて、直接、日本の大使館・総領事館に必要な書類を申請し、短期滞在ビザを出してもらうというものです。また、「団体方式」とは、申請人が、旅行会社を通して日本の大使館・総領事館に必要な書類を申請し、短期滞在ビザを出してもらうというものです。個人方式では、申請人が来日した際、自由に行動することができますが、団体方式では、申請人が来日した際、旅行会社の決めたスケジュール通りに行動しなければならないという決まりがあります。

個人方式の中にも更に二つの種類があります。「申請人による単独申請方式」と「日本協力者による協力申請方式」です。「申請人による単独申請方式」とは、申請人(外国人の友人や恋人、家族など)が、自分の財力や地位を示す書類を集めて、日本の大使館・総領事館に必要な書類を申請し、短期滞在ビザを出してもらうというものです。また、「日本協力者による協力申請方式」とは、日本にいる協力者の財力や地位を示す書類を集めて、それを受け取った申請人(外国人の友人や恋人、家族など)が日本の大使館・総領事館に必要な書類を申請し、短期滞在ビザを出してもらうというものです。

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~短期滞在ビザの役割について~

短期滞在ビザの役割について

短期滞在ビザの役割説明

「日本側の書類と一緒に申請する方法」の申請方法を利用する際、日本にいる協力者は、査証申請人を日本へ招待する「招へい人」と、申請人の身元を保証する「身元保証人」の2つの役割を果たす必要があります。「招へい人」と「身元保証人」は、一人の人物が「招へい人」と「身元保証人」を兼任しても構いませんし、2人の人物が「招へい人」と「身元保証人」を役割分担しても構いません。ただ、2人の人物が「招へい人」と「身元保証人」に分かれる場合、査証申請人とより関係の深い人間が「招へい人」に、収入や貯蓄が安定している人間が「身元保証人」になるとよいでしょう。また、「招へい人」になれる人間は原則一人だけですが、「身元保証人」の役割は、さらに複数人が分担することも可能です。

招へい人に求められる条件はいくつかありますが、短期滞在ビザでは査証申請人と“まったく関係のない赤の他人”が招へい人になることはできません。そのため、「2人の関係をどうやって証明するのか?」も、短期滞在ビザの審査の大きなポイントの一つになります。また、二人の交流記録には、招へい理由書や身元保証書などと違って決まったテンプレートがないため、どのような資料を提出するか慎重に選ぶ必要があります。

こちらもご参考にどうぞ。

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~二人の交流記録とは?~

二人の交流記録とは?

二人の交流記録の具体例

二人の交流記録とは、招へい人と査証申請人の間に「関係がある」ということを証明するために提出する書類となります。具体的には、2人が同時に写っている写真や2人がやり取りを行っていることがわかるSNSやメールの履歴、国際電話の通話明細書、手紙や送付状の控えなどが二人の交流記録にあたります。

短期滞在ビザの申請では、招へい理由書や招へい経緯書などで招へい人と査証申請人の関係を説明してはいますが、説明だけではいくらでも関係が偽造できてしまいます。そこで、2人の関係が真実であることを証明するために、写真や2人がやり取りを行っていることがわかるSNSやメールの履歴、手紙や送付状の控えなどで補強をすることで審査もスムーズに進み、許可になる可能性が高まることになります。

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~二人の交流記録の内容って?~

二人の交流記録の内容って?

二人の交流記録一覧

二人の交流記録には、前述にあるようにSNSやメールの履歴、国際電話の通話明細書、手紙や送付状の控えなど様々なものがありますが集める際のポイントは2つあります。

【ポイント①】なるべく日付が特定できるものを選ぶこと

二人の交流記録は、招へい人と査証申請人の間に「関係がある」ということを証明するために提出する書類となりますが、招へい人と査証申請人の関係が長ければ長いほど審査に良い影響を与えることになります。そのため、日付が特定できる二人の交流記録を、出会った当初から最近に至るまで何枚かにわたって提出することで、招へい人と査証申請人の関係が「連続していること」を証明することができます。

【ポイント②】なるべく個人が特定できるものを選ぶこと

二人の交流記録として、手紙や国際電話履歴にかわって提出されるようになったのが、メールやSNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE等)の履歴になります。本名でやり取りしている場合は、提出にあたって特に問題は発生しませんが、SNSでは本名ではなくニックネームやあだ名などで登録している人が多く見受けられます。 その状態でそのまま書類を提出してしまうと、誰が誰だかわからないということにもなりかねませんので、本名以外の名前を登録している場合は、二人の交流記録を作成する際に誰がどの名前を名乗っているのかの説明を必ず入れておきましょう。

また、ポイントとして取り上げるほどではありませんが、二人の交流記録を提出する際は、招へい理由書や身元保証書と同じように、複数の写真や画像を一枚の用紙にまとめて、A4サイズの用紙に印刷し提出するとよいでしょう。

それでは、以下で二人の交流記録の選び方を具体的にご説明していきましょう。

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~二人の交流記録の選び方~

二人の交流記録の選び方

二人の交流記録の選び方

二人の交流記録の選び方

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~役立つ情報~

【短期滞在ビザの気になる情報】

書類作成期間 約2週間
申請書類枚数 10枚~30枚
料金 短期費用1
手数料 申請先によりさまざま
提出先 海外にある在外公館

【短期滞在ビザ入国者数ランキング】

1位 中国
2位 韓国
3位 台湾
4位 香港
5位 アメリカ合衆国

【二人の交流記録ランキング】

1位 写真
2位 SNS履歴
3位 メール
4位 国際電話の通話明細書
5位 手紙

【二人の交流記録作成に役立つソフト】

ソフト名 Microsoft Word
ソフト名 Microsoft Excel
ソフト名 Microsoft PowerPoint
ソフト名 ペイント
ソフト名 Adobe Acrobat Reader

短期滞在ビザ手続きの流れ

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~二人の交流記録に関するQ&A~

写真や手紙を提出する際、原本を提出する必要がありますか?

フィリピン旅行中に出会った交際相手を短期滞在ビザで日本へ呼ぼうと考えています。短期滞在ビザの書類を提出する際、二人の交流記録として写真や手紙の提出を考えていますが、写真や手紙は原本を提出しなければいけないのでしょうか?〔Aさん(55歳、男性)〕

二人の交流記録である「写真」や「手紙」は原本を提出する必要はありません。コピー機やプリンターで印刷(コピー)したもので充分です。短期滞在ビザ申請では、パスポート以外の書類は返却されないためご注意ください。

一緒に写っている写真がありませんが、申請には問題はありませんか?

SNSで知り合った中国人の友人を短期滞在ビザで日本へ呼ぼうと考えています。私と友人は、インターネット上で知り合ったため、まだ直接会ったことはありません。二人が一緒に写っている写真がなくても、短期滞在ビザの許可は下りますか?〔Bさん(32歳、女性)〕

二人が一緒に写っている写真がなくても、短期滞在ビザの許可が下りる可能性は充分あります。ただし、二人が一緒に写っている写真ほど二人の交流記録として強力な書類はありませんので、その分、SNS履歴などの二人の交流記録を多く用意しましょう。

二人の交流記録として、提出できないような内容はありますか?

技能実習生として来日していた際に知り合ったベトナム人の婚約者を短期滞在ビザで日本へ呼ぼうと考えています。二人の交流記録としてLINE履歴を提出しようと考えていますが、提出できないような内容はありますか?〔Cさん(26歳、男性)〕

特に規定はありませんが、犯罪をほのめかすような内容や性的な内容は二人の交流記録として提出する書類から除外しておきましょう。

【短期滞在ビザ】二人の交流記録の選び方を徹底解説 ~先生の一言~

私たちは、日本人の方が海外の友人・知人・彼氏・彼女・恋人・婚約者・両親・取引先・ビジネスパートナーを短期滞在ビザで呼ぶためのサポートをしております。外国人が日本に来日するためには、査証(ビザ)が必要であり、日本で作成する書類が非常に重要となっております。私たちは短期滞在ビザの専門家として、豊富な知識や経験をもとに、短期滞在ビザの書類の書き方や審査のポイントを押さえた申請書類を作成させて頂きます。外国人の友人や知人、彼氏や彼女と一緒に過ごすため日本に呼びたいなら、短期滞在ビザの専門家であるコモンズ行政書士事務所に是非ともお任せください!!

お問合わせ電話番号
メール問い合わせ

お客様の声

※ 弊所では様々なお客様よりご依頼をいただき短期滞在ビザ申請をサポートしております。「二人の交流記録の選び方がわからない」とご不安に思われているなら、まずはお気軽にご相談ください。

女性画像

◎大阪府大阪市 2ヶ月後に許可
前略 おかげさまで夫と娘が来日することができました。自分1人ではこの結果は出なかったと思います。本当にありがとうございます。後略

男性画像

◎大阪府大阪市 申請から2週間で許可
先日は、大変お世話になりました。無事ビザが下りました。また、次回お世話になると思いますので宜しくお願いします。

男性画像

◎北海道常呂郡 申請から5日間で許可
たいへん暑い中お世話になっております。書類一式拝見しました。さすがプロのまとめ方と、感服しております。ありがとうございました。

女性画像

◎三重県熊野市 申請から1週間で許可
川端さま お世話になります。返信が大変遅くなり、申し訳ありません。書類を拝見しました。中略、観光計画も作っていただいたりと、やっぱり自分1人ではできなかったなあと思っています。ありがとうございます。

男性画像

◎愛知県豊田市 申請から4日間で許可
山本さま いつもお世話になっています。2人 8月5日から来日しました。特に問題もなくビザ取得できたようです。いろいろありがとうございました。簡単ですが、お礼まで。

続きはコチラ

このページを見た人は、こんなページも見ています。

短期滞在ビザ申請以外にも幅広い業務でお客様をサポートできます。

日本へようこそ

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!