【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて - コモンズ行政書士事務所

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ
検索

短期滞在ビザ|招へい理由書|招へい人│まとめ|基礎知識|

短期滞在ビザ
トップ >> 短期滞在ビザ完全攻略ガイド >> 短期滞在ビザの招へい人のすべて
短期滞在ビザの招へい人のすべて

短期滞在ビザの招へい人のすべて

招へい人(しょうへいにん)とは、短期滞在ビザで外国人を日本へ招へい・招待をする人のことになります。日本に住んでいることが招へい人の基本的な条件になります。
このページでは短期滞在ビザ申請に欠かせない役割の一つである「招へい人」の概要や要点を解説しております。
「短期滞在ビザの招へい人として外国人の友人や恋人、家族などを日本へ呼びたいとお考えなら、お気軽にお電話またはメールにてご相談ください。(相談無料)」

短期滞在ビザの招へい人として外国人の友人や恋人、家族などを日本に呼ぶなら、短期滞在ビザ申請のご依頼はコモンズへ!!

短期滞在ビザの招へい人のことでお悩みがあるなら!
コモンズは、ご相談件数が年間件数越えという日本トップクラスです!

ご依頼ポイント

  • 短期料金短期料金
  • 相談無料相談無料
  • 特典2名様から1万円引き
  • 安心追加料金なし
  • 全国対応全国対応
  • 土日事前予約制
  • 実績多数実績多数
  • 満足度満足度以上

コモンズを「安心・信頼」できるポイント

  • 許可率・実績ともに日本トップクラス企業!
  • 経験豊富な行政書士が招へい人のすべてをご案内!

お問い合わせ(相談無料)

  • コモンズ行政書士事務所
  • TEL:0120-1000-51(相談無料)
  • mailお問い合わせ

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~招へい人とは何ですか?~

招へい人とは何ですか?

短期滞在ビザの役割説明

短期滞在ビザの招へい人とは、短期滞在ビザで外国人を日本へ招へい・招待をする人のことになります。

招へい人は、日本国内に住んでいる(※住民票を置いている)という条件さえ満たしていれば、誰でもなることができます。外国人でも問題ありません。逆に言ってしまえば、日本人であっても日本で暮らしていないと招へい人にはなれません。また、招へい人になるにあたっては、申請人と親しい間柄でないといけません。申請人と何の関係も交流もない人物が招へい人になったところで、招へい人として不適切と判断されてしまいます。
※ ただし、本来招へい人になる予定の人物が海外で暮らしている場合、日本にいる親族が代理の招へい人となり短期滞在ビザを申請することは可能です。

短期滞在ビザの申請先である日本の大使館・総領事館がビザの審査をする際に気にしているのは、短期滞在ビザを申請する外国人が「何の目的で日本に来たいのか?」になります。旅行会社を通してビザを申請する場合、日本に観光に来るというはっきりとした目的で来日し、来日中も、旅行会社が責任をもって旅行者(※短期滞在ビザを申請する外国人)を管理してくれますが、個人でビザを申請する場合、自由に行動することができることから、不法入国・不法滞在が後を絶たないため、その分、審査も非常に厳しくなっています。

そこで、招へい人が「私が(短期滞在ビザを申請する外国人を)招待します」ということを明確した「招へい理由書」という書類を提出することで、ビザの審査をする日本の大使館・総領事館が「何の目的で日本に来たいのか?」が明確になっていることに安心し、個人で申請するよりも、招へい人がいた方がはるかにビザが出やすくなるのです。

こちらもご参考にどうぞ。

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~招へい人はなぜ必要なの?~

招へい人はなぜ必要なの?

招へい人の役割説明

短期滞在ビザの審査では様々な審査項目がありますが、その中でも最も重要視されているのが「申請人を日本へ招待する目的」「申請人を日本へ招待することになった経緯」になります。そして、短期滞在ビザの申請に必要な書類の中で「申請人を日本へ招待することになった経緯」「申請人を日本へ招待する目的」を記入する書類こそ、招へい人が作成する「招へい理由書」になります。

招へい理由書については、(短期滞在ビザの申請先の大元である)外務省のホームページでも『本邦においてどのような活動を行おうとしているのかを詳細に御記入ください。(「観光」、「知人訪問」、「親族訪問」等の漠然とした記載ではなく、招へいの経緯や目的の内容を具体的に記載願います。)』、と案内されています。

注意していただきたいのは、「招へい理由書」以外に「申請人を日本へ招待する目的」「申請人を日本へ招待することになった経緯」を明確に記載することが求められている書類がないため、おざなりな仕事をしてはいけないということです。外務省のホームページでも案内されていますが、「申請人を日本へ招待する目的」「申請人を日本へ招待することになった経緯」は適当には書かず、しっかりと記入することで、ビザの審査をする日本の大使館・総領事館にアピールすることが大切です。

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~招へい人の“招へい”とは?~

招へい人の“招へい”とは?

招へい理由書の解説

これが、白紙の「招へい理由書」となります。招へい理由書は主に外務省のホームページや日本の大使館・総領事館のホームページからダウンロードすることができます。その他にも、外務省の領事サービスセンター(査証相談班)では、郵便やFAXなどで資料を請求することができます。

上部には招へい人の情報を記載する欄が、中央部にはビザ申請人の情報を記載する欄が、下部には「招へい目的や経緯の情報」を記入する欄が設けられています。

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~招へい経緯書とは?~

招へい経緯書とは?

招へい経緯書の解説

招へい理由書について調べると、よく「招へい経緯書」という書類の名前を目にすると思いますが、招へい経緯書とは名前の通り、招へい理由書の招へい経緯の欄を補うために追加で作成する書類のことです。通常であれば、招へい理由書に「招へい経緯」を記入することになりますが、招へい理由書にはほんのわずかなスペースしかありません。そのため、招へい理由書で招へい経緯を説明しようとしても満足な説明をすることが難しく、別の書類を用意して、しっかりと招へい人が短期滞在ビザを申請する外国人を日本へ招待することになった経緯を記入したほうが良い訳です。

また、招へい理由書にも『本欄に記入しきれない場合は、「別紙のとおり」と記入し、別紙を作成してください。』という注意書きが書かれており、それとなく「別紙を作成してください」と案内されていることから、短期滞在ビザを申請する際は招へい理由書だけではなく「招へい経緯書」を追加で作成することをオススメします。

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~役立つ情報~

【短期滞在ビザの気になる情報】

書類作成期間 約2週間
申請書類枚数 10枚~30枚
料金 短期費用1
手数料 申請先によりさまざま
提出先 海外にある在外公館

【ご依頼トップ国ランキング】

1位 フィリピン
2位 中国
3位 ベトナム
4位 タイ
5位 ロシア

【ご依頼内容ランキング~招へい人と申請人の関係性~】

1位 交際相手
2位 友人
3位 両親
4位 兄弟姉妹
5位 取引先

【招へい人が用意する書類】

書類名 住民票
書類名 在留カードの写し(外国人のみ)
書類名 パスポートの写し(外国人のみ)
書類名 戸籍謄本(親族訪問のみ)
書類名 関係性を証明する資料

短期滞在ビザ手続きの流れ

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~招へい“目的”について~

招へい“目的”について

色々な人物の画像

短期滞在ビザを申請する際に、重要な要素の1つが「申請人を日本へ招待する目的」についてです。目的とは、「実現しようとしてめざす事柄」「行動のねらい」「めあて」などを意味しており、それこそ「目的がなければ、日本に招待しようとは思わない」ので、正直に日本に招待する“目的 ”を記入しましょう。また、目的は明確であればあるほど良いので、例えば「日本で一緒に過ごす」のが目的であれば、「招へい人の自宅で○○や○○などをして一緒に過ごしたい」と記入して下さい。

●弊所にご依頼を頂いたお客様のケースを一部ご紹介
・千葉県にある東京ディズニーランドに遊びに行きたい
・クリスマスを一緒に日本で過ごしたい
・XX月XX日に○○県の○○市にある▲▲ホテルで開催される結婚式に参加してほしい
・2人目の子どもを出産するため、幼稚園児の1人目の子どもの面倒を見てほしい

また、「日本の観光地に行きたい」のが目的であれば、「○○県○○市にある□□□□という観光地に行きたい」と記入するなど、なるべく詳細な目的を記入して下さい。また、日本での滞在が長期間になる場合は、「家族に紹介する」「日本での暮らしに慣れてもらう」「子どもの面倒を見てもらう」など、一番重要な目的を簡潔に記載することが求められています。

POINT《招へい目的についてワンポイントアドバイス》

短期滞在ビザでは、報酬を伴う活動を行うことができません。そのため、招へい目的が観光することや子供の面倒を見ることなどであれば問題ないのですが、日本で仕事を行うような内容を記載してしまうと短期滞在ビザに該当しないと判断され、不許可になる可能性があるので注意してください。

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~招へい“経緯”について~

招へい“経緯”について

招へい経緯の書き方まとめ

短期滞在ビザを申請する際に、重要な要素の1つが「申請人を日本へ招待することになった経緯」についてです。経緯とは、「物事の筋道」「いきさつ」「顛末 (てんまつ) 」などを意味しており、それこそ「招へい人と申請人がどうやって出会い、どのような過去があったのか。現在はどういう関係か」という内容を記入する必要があります。そもそも、短期滞在ビザでは「全く関係のない他人」を呼ぶことはできません。あくまで、短期滞在ビザで呼べるのは「招へい人と(交際)関係がある」外国人だけです。そのため、日本へ招待することになった経緯は、短期滞在ビザの申請において最大の審査ポイントとなります。

招へい経緯を書くにあたっては、「いつ」「どこ」で出会い「どのように」して関係を築いてきたのか、現在は「どんな関係」なのかを詳細に記載してください。それゆえ、招へい経緯を書く際はまず情報を整理してから、必要な事柄だけを抜き出し、なるべく詳細な日付を入れて時系列順に書くようにしましょう。

簡単に書き方を説明すると、まず申請人とのエピソードを思いつく限り書き出します。「XX月XX日に○○へ行った」「XX月XX日に交際を始めた」「XX月XX日に家族に挨拶をした」など、何も考えずに片っ端から書き出してみてください。

次に、書き出したエピソードを過去のものから時間の流れ順に並べましょう。続いて、並べ終わったエピソードの中でも重要度の低いものをカットします。「重要度」の判断基準としては、恋人同士であれば「二人の関係に大きな変化」が訪れたとき、友人同士であれば「二人が直接会ったとき」などを基準にしてください。

エピソードの選別が終わったら、最後に「事実関係の確認」をしましょう。事実関係の確認とは、「正しい日付であるか」「申請人との齟齬がないか」を確認する作業となります。「正しい日付であるか」については、申請人に会いに行った日を経緯に書くのであれば、パスポートの出国スタンプ・入国スタンプと日付を照らし合わせることで、審査の際に審査官の誤認(※招へい経緯に書いてある日付は●月なのに、実際に招へい人が申請人とあっている日付は▲月になっているので、これは偽装では?)を防ぐことができます。「申請人との齟齬がないか」については、短期滞在ビザ申請では面接が行われることがあります。その際に、招へい人と申請人の間に思い違いがあると、招へい経緯と申請人の証言にずれが生まれてしまいます。審査で偽装申請だと疑われるのを防ぐためにも、日付やエピソードの確認はしっかりと行っておきましょう。

なお、海外にいるビザ申請人の方が現地の申請窓口でビザ申請を行う際に「ビザ申請書(査証申請書)」というビザ申請の申込用紙をご記入いただき申請を行っていただく必要があります。その中にも来日目的を簡単に記載する項目があるのですが、日本側で作成する招へい経緯の内容と海外側でビザ申請書(査証申請書)に記載する内容に食い違いがあると申請の信憑性を伺われてしまうかもしれません。そのため、来日してもらう目的は招へい人とビザ申請人の間できっちり共通の認識を持ったうえでビザ申請に臨んでもらうことをお勧め致します。

【短期滞在ビザ】短期滞在ビザの招へい人のすべて ~先生の一言~

私たちは、日本人の方が海外の友人・知人・彼氏・彼女・恋人・婚約者・両親・取引先・ビジネスパートナーを短期滞在ビザで呼ぶためのサポートをしております。外国人が日本に来日するためには、査証(ビザ)が必要であり、日本で作成する書類が非常に重要となっております。私たちは短期滞在ビザの専門家として、豊富な知識や経験をもとに、短期滞在ビザの書類の書き方や審査のポイントを押さえた申請書類を作成させて頂きます。外国人の友人や知人、彼氏や彼女と一緒に過ごすため日本に呼びたいなら、短期滞在ビザの専門家であるコモンズ行政書士事務所に是非ともお任せください!!

お問合わせ電話番号
メール問い合わせ

お客様の声

※ 弊所では様々なお客様よりご依頼をいただき短期滞在ビザ申請をサポートしております。「招へい人のことがよくわからない」とご不安に思われているなら、まずはお気軽にご相談ください。

女性画像

◎大阪府大阪市 2ヶ月後に許可
前略 おかげさまで夫と娘が来日することができました。自分1人ではこの結果は出なかったと思います。本当にありがとうございます。後略

男性画像

◎大阪府大阪市 申請から2週間で許可
先日は、大変お世話になりました。無事ビザが下りました。また、次回お世話になると思いますので宜しくお願いします。

男性画像

◎北海道常呂郡 申請から5日間で許可
たいへん暑い中お世話になっております。書類一式拝見しました。さすがプロのまとめ方と、感服しております。ありがとうございました。

女性画像

◎三重県熊野市 申請から1週間で許可
川端さま お世話になります。返信が大変遅くなり、申し訳ありません。書類を拝見しました。中略、観光計画も作っていただいたりと、やっぱり自分1人ではできなかったなあと思っています。ありがとうございます。

男性画像

◎愛知県豊田市 申請から4日間で許可
山本さま いつもお世話になっています。2人 8月5日から来日しました。特に問題もなくビザ取得できたようです。いろいろありがとうございました。簡単ですが、お礼まで。

続きはコチラ

このページを見た人は、こんなページも見ています。

短期滞在ビザ申請以外にも幅広い業務でお客様をサポートできます。

日本へようこそ

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!