ブログ
トップ >> 帰化申請の用語集 >> 帰化申請に関するブログ【身分証明書】

ブログ

身分証明書について記述します。
身分証明を求められる場合、一般には運転免許証やパスポート・健康保険被保険者証・住民基本台帳カード等、公的機関が発行する証明書で、氏名・住所・生年月日・性別・顔写真等、個人を特定する情報を記載・貼付したものであれば、身分証明書として通用します。外国に出国した場合は、パスポートが公的かつ一番通用度の高い身分証明書となります。日本では主に「公的書類の交付を受ける場合」「戸籍に関する届出や、住民基本台帳に関する届出をする場合」「固定電話の新規開設」といった場面で身分証明書の提示を求められることがあります。また、海外の身分証明書としては、アメリカ合衆国の社会保障番号を記載した「社会保障カード」や、韓国の満17歳になった時点で、常時携帯が義務付けられる「住民登録証」等が挙げられます。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方の帰化申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの帰化許可申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化申請は申請者の状況により、帰化申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国で帰化申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
帰化申請なら、私たち帰化専門行政書士にお任せください。