ブログ
トップ >> 帰化申請の用語集 >> 帰化申請に関するブログ【法務大臣】

ブログ

法務大臣について記述します。
法務大臣は、閣僚の中でも、人数比からして参議院議員が就任することが多く、比較的女性や民間人が任命されることも多くなっています。法務大臣の権限としては、「国を当事者又は参加人とする訴訟については、法務大臣が、国を代表する。」「外国人の在留許可、永住許可、帰化」「死刑執行命令を発する権限と義務」といったものがあります。「在留許可、永住許可、帰化」に関しては、法務大臣の裁量によるものとされているため、その詳細は公開されていません。また、判決確定から6か月以内の死刑執行の命令に関しても、大臣によって決裁の頻度は異なり、在任中に発令の署名をしなかった大臣の例もあったり、判決確定から6ヶ月以内に執行されない事例がほとんどであり、実効性のない規定になっています。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方の帰化申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの帰化許可申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化申請は申請者の状況により、帰化申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国で帰化申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
帰化申請なら、私たち帰化専門行政書士にお任せください。