焼き肉屋の開業資金をゲットをしよう - コモンズ行政書士事務所

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ

新創業融資|創業融資|飲食業|焼き肉屋|

新創業融資制度
トップ >> 【新創業融資】日本政策金融公庫から融資を受ける >> 焼き肉屋の開業資金をゲットをしよう

焼き肉屋の開業資金をゲットをしよう

焼き肉屋の開業資金にお困りの経営者の皆様へ!焼き肉屋開業で失敗しないためにも十分な資金調達をしておきましょう!
焼き肉屋として独立したい人にオススメする無利子・無担保の融資制度が日本政策金融公庫(国金)の新創業融資制度です!!
「新創業融資制度専門の行政書士が、あなたの焼き肉屋開業をサポートします!初回相談無料です!」

新創業融資制度を活用して資金調達するならコモンズ行政書士事務所へ!!

創業する前、もしくは創業して間もない方が新創業融資を申請するならコモンズへ!
コモンズは、ご相談件数が年間7,000件越えという日本トップクラス企業です!

ご依頼ポイント

  • 10万円or融資額3%
  • 着手金なし
  • 資金繰り表作成
  • 完全成功報酬制
  • 全国対応
  • 土日祝もOK
  • 相談7,000件/年
  • 96%以上

コモンズを「安心・信頼」できるポイント

  • サポート体制がしっかりしている!
  • 新創業融資専門の行政書士があなたをサポート!

お問い合わせ(相談無料)

  • コモンズ行政書士事務所
  • TEL:0120-1000-51(相談無料)
  • mailお問い合わせ

1.新創業融資で開業資金をゲット

新創業融資で開業資金をゲット

焼き肉屋を開業するとなると、なんといっても気になるのが「いくら費用がかかるのか?」という点ではないでしょうか。一般的に飲食店開業に必要な資金は500万~1,500万円程度と言われていますが、どんなに頑張っても500万以上かかる開業資金を全額貯めるまで待つのは現実的ではありません。そこで、ぜひとも活用していただきたい制度が日本政策金融公庫の「新創業融資制度(しんぞうぎょうゆうしせいど)」です!

POINT《個人事業主は審査に不利?有利?》

焼き肉屋を開業する際は、個人事業主として独立される方がほとんどです。個人事業主というと、ローンの審査に通りにくいと言われていますが、新創業融資制度の場合は「個人事業主だから不利」「法人だから有利」ということはありません。また、新創業融資を申し込むときに、法人の場合は法人化(会社を設立)した後でないと融資の申し込みができず、開業前の段階では融資を受けられないことになります。一方、個人事業主の場合は開業前の段階でも融資の申し込みができます。

2.新創業融資とは?

新創業融資とは?

日本政策金融公庫は国が運営する金融機関であり、民間の金融機関に比べ、融資を受けにくい創業前や創業時でも融資を受けることができます。また低金利・無担保・無保証人で融資を受けることができ、利息のみの返済でいい据置期間や、最長10年の返済期間を設定することができるため、焼き肉屋開業後の厳しい時期でも無理なく返済をすることができます。ただし、個人事業主の場合、事業が失敗してしまった場合は引き続き借りたお金を返済する必要がありますのでご注意ください!

POINT《いくら融資を受けられるの?》

新創業融資制度では、焼き肉屋の開業・運営のために使えるお金=自己資金の「9倍」までのお金を借りることができるようになっています。そのため、自己資金が100万円の場合、最大900万円の融資が受けられるということになりますが、自己資金の9倍の融資を受けられるケースはほとんどなく、実際には自己資金の3倍~4倍程度の融資を受けることになります。そのため、焼き肉屋を開業するのであれば、最低でも200~300万円を自分で貯める必要があります。

★ 関連ページのご紹介

新創業融資について、もっと詳しい情報が知りたい方はこちらのページをご覧ください。新創業融資の基礎知識からマニアックな知識まで全て網羅しております!

日本政策金融公庫から新創業融資を受ける

3.新創業融資の3つの要件

新創業融資の3つの要件

新創業融資制度は、焼き肉屋を始めるから、焼き肉屋を始めてすぐだから誰でも借りれるわけではなく、「創業の要件」「雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件」「自己資金の要件」の3つの要件があります。融資を受けるためには、3つの要件をすべてクリアしないといけません。

① 創業の要件

新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方

② 雇用創出等の要件(次のいずれかに該当すること)

雇用の創出を伴う事業を始める方
技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方(6年以上の経験)
大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種を始める方
産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援事業を受けて事業を始める方
地域創業促進支援事業による支援を受けて事業を始める方
日本政策金融公庫が参加する地域の創業支援ネットワークから支援を受けて事業を始める方
民間金融機関と日本政策金融公庫による協調融資を受けて事業を始める方
上記要件に該当しない場合、適正な事業計画を策定しており、当該計画を遂行する能力が十分あると公庫が認めた方で、1,000万円を限度として本資金を利用する方
既に事業を始めている場合は、事業開始時に上記のいずれかに該当した方

③ 自己資金の要件

事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方。

また、雇用創出等の要件という単語から「人を雇わないといけないのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、融資希望額が1,000万円以下で、事業内容や売上計画などを網羅した事業計画書を作成し、審査をする日本政策金融公庫に実現する見込みがあるということを伝えることができれば人を雇う必要はありません。

POINT《新創業融資を申請するタイミング》

個人事業主の場合、開業時でも開業後でも好きなタイミングで新創業融資の申し込みをすることができますが、一番良い新創業融資を申し込むタイミングは焼き肉屋の「開業前」になります。なぜかというと、新創業融資の審査は開業前の段階であれば「創業計画書をベースとした審査」になりますが、焼き肉屋の開業後の段階であれば「実際の売り上げをベースとした審査」になるからです。事業というものは、実際に始めて見なければわからないことが多く予想通りにはいかないことがほとんどです。実際に、個人事業主が3年で廃業する確率はなんと6割~7割とも言われています。そのため、事業計画を立てている段階で新創業融資の申し込みをする方が、焼き肉屋開業後よりもかえって高額の融資を得られる可能性があります。

4.新創業融資の手続きの流れ

新創業融資の手続きの流れ

新創業融資制度の手続きの流れとしては以下の通りになります。

焼き肉屋開業のための計画を立てる

お申込み・相談
↓ 1週間~2週間程度
面談
↓ 1週間~2週間程度
結果
↓ 1週間程度
着金

申込みから実際に融資を受けるまで最短でも1か月はかかりますので、申し込みをするなら、融資希望日の1ヵ月半~2か月ほど前には申込みしましょう。

POINT《新創業融資はどこで申請するの?》

個人事業主の場合、焼き肉屋の開業予定地の近くにある日本政策金融公庫の支店で申し込みを行うことになります。

5.新創業融資に必要な書類について

新創業融資に必要な書類について

焼き肉屋を開業するために新創業融資を申し込む際は以下のような書類が必要になります。

借入申込書

□ 企業概要書
□ 創業計画書
□ 代表者の運転免許証の写し
□ 代表者個人の通帳の写し
□ 代表者自宅の賃貸契約書の写し(登記簿謄本の写し)
□ 店舗の賃貸契約書の写し(登記簿謄本の写し)
□ 創業動機書
□ 取扱商品・サービスの根拠資料
□ 取引を証する資料
□ 借入状況を証する資料
□ 資金繰り表(3年分)
□ 返済予定表

POINT《担当者との面談で聞かれること》

新創業融資の面談では、主に「事業の内容はなんですか?」「集客はどうやってしますか?」「事業計画はとうなってますか?」「経験はありますか?どんな経験ですか?」「自己資金はどうやって作りましたか?」などの内容を聞かれることになります。また、面談では、創業者が事業計画について、綿密に計画を立て内容をよく把握し、それを自分の言葉で語れているかどうかが重要です。そのため、これから創業を考えている人は、まずは自分の事業(焼き肉屋)のことを自分の言葉できちんと語れるように整理することから始めましょう。

6.新創業融資を申し込む際の注意点

新創業融資を申し込む際の注意点

新創業融資制度の審査に落ちる原因の一つに「信用情報に傷がついていた」という点が挙げられます。信用情報とは、クレジットカードやローンの申込状況や返済状況、借入残高などの情報のことであり、「信用」を判断するための参考資料として利用されます。カードの支払いを滞納や延滞していたり、過去に債務整理をしている場合は当然ながら融資を受けることができません。また、自分では自覚がなくても「気づかないまま携帯電話料金を滞納していた」「家族に名義を勝手に使われ滞納されていた」など、気付かないところで信用情報に傷がついていたというケースも考えられなくはありません。創業融資を申し込むのであれば、一度、信用情報機関に個人情報の開示請求をして確認してみましょう。

POINT《信用情報を開示しよう》

信用情報の開示方法は、各機関によって異なりますが、窓口での開示請求・郵送での開示請求・インターネットでの開示請求の3種類があり、手数料が500円~1000円ほどかかります。

7.新創業融資をまとめると?

新創業融資をまとめると?

これから、焼き肉屋を開業するなら、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」を活用しましょう!新創業融資制度のメリットとしては、「個人事業主でも融資を受けることができる」「開業前・開業後すぐの時期に融資を受けることができる」「低金利・無担保・無保証で融資を受けることができる」があげられます。ただし、デメリットとして「ある程度の自己資金を事前に用意する必要がある」「申し込みから実際に振り込まれるまでに1か月ほどかかる」「個人事業主の場合、事業が失敗しても返済を続ける必要がある」などがあげられますが、デメリットを踏まえても開業時に資金調達をすることができるメリットが大きいと考えられます!

POINT《業界未経験者でも創業融資を受けることができるの?》

審査の際に、経験がある方がプラスに働くのは否めませんが、脱サラして焼き肉屋を開業するなどの場合でも創業融資を受けることができたケースもあります。経験も勿論大事ですが、経験だけでは創業融資は通りません。創業融資は総合的に審査されますので、まずはお気軽にご相談ください!

8.料金について

料金について コモンズ行政書士事務所をおすすめする5つのポイント
ぜひ私たちにご相談ください

コモンズ行政書士事務所は多くのお客様にご相談頂き、おかげさまで年間相談件数日本トップクラスを誇っております。ご相談内容に応じた適切なアドバイスを行い、お客様の申請をサポートさせて頂きます。申請を諦める前にぜひ1度ご相談ください。

たくさんの感謝を頂いております

たくさんのお客様より「ありがとう」のお言葉を頂いております。私たちコモンズ行政書士事務所メンバーは、お客様の許可・取得へ向けて日々精進し全力でお客様をサポートし続けます。

わたしたちにおまかせください

弊所は全ての業務で高い取得率・許可率があります。お客様の大切な申請をぜひコモンズ行政書士事務所におまかせください。

95%の方にご満足頂いております

コモンズ行政書士事務所は、電話・メール・郵送等でのご依頼対応を実現し、無駄なコストを省くことで安心できるサポートを低価格でご提供しております。また、新創業融資では着手金なし&完全成功報酬制などもご満足頂いている1つです。

人と人の繋がりを大切にします

1度ご依頼頂いたお客様から再びのご依頼や、ご紹介でご依頼を頂くケースが多いのもコモンズ行政書士事務所の特徴の1つです。お客様がお知り合いの方に勧めていただいていることは私たちの誇りであり、これからもお客様との出会いに感謝し精一杯サポートし続けます。

9.手続きの流れ

1
★ お電話・メールにてご相談

私たちコモンズ行政書士事務所は、お客様がしっかりご納得頂いたうえで、創業融資のご協力をさせていただきたいと考えております。創業融資に関してのご質問・ご相談がある方は、メール・お電話にてお気軽にお問合せください。お客様がご不安に感じることや様々なご要望に全力でお応えいたします!!お客様にとって1番良い方法を一緒に探しましょう!!

check初回相談無料です。強引な営業や勧誘なども一切行っておりませんのでご安心ください。

★ お問い合わせ窓口

お問合わせ電話番号

メール問い合わせ

2
★ お見積書を送付

お客様より創業融資申込みに必要な情報をヒアリングし、お客様のご希望と一致するようであればお見積書をお送りいたします。お見積書の発行は無料です。お見積書は、メールまたは郵送・FAXにてお送りいたします。

pointお見積書の他、お手続きの流れをご説明した書類も一緒にお送りしております。

★ お送りする書類の見本
見積書の見本
3
★ 必要書類・アンケートのご案内

お客様よりご依頼申し込みの連絡を頂き次第、担当者よりお客様専用の「創業融資申込みに必要な書類一覧」をメールまたは郵送・FAXにてお送りいたします。また、お客様にご回答いただくアンケートもお送りいたしますので、併せてご回答ください。

pointお客様が行うことは、書類のご用意と弊所からのアンケートのご回答のみになります。

★ お送りする書類の見本
お客様にご用意いただく書類一覧の見本
4
★ 書類の準備・アンケートのご回答

お客様専用の「創業融資申込みに必要な書類一覧」に記載されている書類をご準備していただきます。また、書類が全て用意出来次第、メールまたは郵送・FAXにて弊所に書類を送っていただきます。アンケートの回答も書類が全て用意できるまでにお願いしております。

checkWEBアンケートにご回答できない方には、郵送でアンケートをお送りしております。

★ 参考画像
WEBアンケートのイメージ画像,書類準備のイメージ画像
5
★ 書類の精査・作成・確認

全ての書類がお客様から届き次第、書類の精査を行います。「精査」とは、お客様から届いた資料が正しいかどうかを確認する作業です。全ての書類の精査が終わり、アンケートが届き次第、書類の作成を開始します。弊所では、作成した書類のミスを防ぐため、二重のチェック体制を敷き、書類の間違いが無いように細心の注意を払っております。

point書類作成期間は約2週間前後になります。

★ 参考画像
精査のイメージ画像,作成のイメージ画像,確認のイメージ画像
6
★ 書類の完成・確認・融資申込み

書類が完成致しましたら、完成した書類をお客様に確認していただきます。完成した書類を確認していただき、誤字・脱字・内容等に問題なければ書類の完成となります。書類完成後、弊所から日本政策金融公庫の支店へ創業融資の申込みをさせていただきます。

point創業融資の申込み先は、お客様の最寄りの日本政策金融公庫の支店になります。

★ 参考画像
書類完成後の流れ
7
★ 面談日時のご連絡・面談

融資申込み後、日本政策金融公庫の担当者からお客様にお電話にて面談日時のご連絡があります。また、面談当日にお持ちいただきたい資料のご案内があります。面談時間は、およそ30分~40分ほどです。

point以上でお手続きは完了です。

★ 参考画像
面談日時の連絡・面談のイメージ画像
8
★ 融資の結果通知・着金

面談後、約10日前後に日本政策金融公庫の担当者からお電話にて融資の結果通知があります。無事融資をしていただける場合、日本政策金融公庫から「ご融資のお知らせ」の書面がご郵送されます。その後、お客様から日本政策金融公庫に融資の契約書類をご郵送していただきます。書類のご郵送後、約3日前後で融資額の着金となります。

checkご入金方法は【銀行振込】のみになります。

★ 参考画像
借入後の流れご融資金の送金に関するご案内
9
★ ご請求書・ご入金

融資の結果通知後、弊所からお客様にご請求書をお送りいたします。請求書の有効期限(発行日より14日以内)もしくは、融資着金から7日以内までに代金をお支払いください。

checkご入金方法は【銀行振込】のみになります。

★ 取扱金融機関
三井住友銀行のロゴ
10
★ おわりに

弊社では新創業融資制度以外にも、外国人のビザ申請・変更・更新手続き、法人設立手続き、化粧品製造販売業、製造業の申請・変更・更新手続き、倉庫業登録申請手続き、一般貨物自動車運送事業申請手続きなど様々なサービスを提供しております。

point弊所へご依頼いただくお客様の中には、リピーターの方も多くいらっしゃいます!!

16.コモンズ行政書士事務所について

コモンズ行政書士事務所が選ばれる理由 書類作成の専門家として新創業融資の専門家として

私たちは日本政策金融公庫の新創業融資制度の専門の行政書士であり、焼き肉屋起業後すぐに資金調達ができるよう全力でサポートしています。新創業融資制度は、新たに事業をはじめる社長に寄り添って可能な限り積極的に融資していただける融資制度となっております。私たちは、年齢、性別、業種問わず、新たに事業をはじめる社長の思いに対して真摯に向き合って諦めず融資の手続きをお手伝いした実績が多数あります。このように、新創業融資制度に関する知識・ノウハウが大量にあるので申し込みに至るまでのスピードや融資担当者に社長のビジネスをわかりやすく伝えるよう、融資を受けるために必要な書類作成の精度が高く、また、新創業融資制度の面談に関するアドバイスや面談のポイントのご説明はもちろん、面談後の追加提出書類などアフターフォローまで確実にお客様をサポートできる体制が整っております。更に、新創業融資制度申し込みに掛る着手金は一切不要のため料金面でも満足していただける体制を整えております。お客様からご依頼をいただいた後、少しでも早く・確実に融資着金が実現するように精一杯サポートさせていただきます。日本政策金融公庫の新創業融資制度の活用件数は年々増加傾向にあり、新創業融資制度サポートを行う私たち行政書士が担う社会的責任も増してきています。新たに事業をはじめる社長で日本政策金融公庫の新創業融資制度をご利用する場合はコモンズ行政書士事務所にお任せください。

行政書士として行政書士として

コモンズ行政書士事務所には、行政書士としての「使命」があります。コモンズ行政書士事務所はあくまでも行政書士事務所であるため「行政書士倫理綱領」の使命を全うしなければなりません。行政書士倫理綱領の使命とは【行政書士は、国民と行政とのきずなとして、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献すること】です。コモンズ行政書士事務所は、この使命があることを一時も忘れず使命を全うします。また、行政書士には、業務をご依頼いただいたお客様の秘密を守る“守秘義務”が課されており、行政書士法にもはっきり定められてあります。もしこの守秘義務に違反し、お客様の秘密を外部に漏らすようなことがあれば、法律上当然に罰則が適用されることになります。コモンズ行政書士事務所は行政書士事務所として、お客様より依頼された内容の取り扱いは、外部に情報が漏洩することのないよう細心の注意と厳重な管理を心掛けており、自らの故意もしくは過失によって秘密を漏らすことはありませんので、安心してコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

コモンズ行政書士事務所として行政書士として

私たちコモンズ行政書士事務所の経営理念は【最高と言える人生を創る企業にします。】となっております。社会の最高とは何か、お客様の最高とは何か、私たちの最高とは何か、をコモンズ行政書士事務所のメンバー全員(コモンズメンバー)で真剣に考えそれを実現させることです。社会の最高とは、納税・ボランティア・社会貢献・日本を含む全世界へ感謝の気持ちを伝えることです。お客様の最高とは、ご依頼目的の実現・お客様満足の実現・お客様感動の実現です。私たちの最高とは、コモンズの繁栄存続・コモンズメンバーの夢の実現・コモンズに関わる全ての人々の幸せの実現です。コモンズメンバーは、上記にあるコモンズの考えに賛同し、思想を統一し、各人が哲学にまで落とし込み・信じ・殉じます。

山中健司
お問合わせ電話番号
メール問い合わせ

新創業融資制度の業種別の情報をご紹介しております。

新創業融資制度以外にも幅広い業務でお客様をサポートできます。

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!