韓国籍の国籍喪失手続きを行うなら - コモンズ行政書士事務所

tel
コモンズ行政書士事務所ロゴ

韓国│国籍喪失|国籍喪失手続き|帰化許可後|申請|

韓国籍の国籍喪失手続き
トップ >> 帰化 >> 韓国籍の国籍喪失手続きを行うなら

韓国籍の国籍喪失手続きを行うなら

韓国籍の国籍喪失手続きとは、韓国籍を失う為の手続きのことです。
このページでは、韓国籍の方が国籍喪失手続きを行う方法、手続きの流れ、サポート料金等をご紹介しています。
「国籍喪失手続きのご相談は、お気軽にコモンズ行政書士事務所へご相談ください。0120-1000-51(初回相談無料)」

韓国籍の国籍喪失手続きを行うならコモンズ行政書士事務所へ!!

韓国籍の国籍喪失手続きを行うならコモンズへ!
コモンズは、ご相談件数が年間件数越えという日本トップクラスです!

ご依頼ポイント

  • 国籍喪失
  • 相談無料
  • 不許可は全額返金
  • 追加料金なし
  • 全国対応
  • 事前予約制
  • 相談件数/年
  • 満足度以上

コモンズを「安心・信頼」できるポイント

  • 許可率・実績ともに日本トップクラス企業!
  • 韓国籍の国籍喪失手続き専門行政書士!

お問い合わせ(相談無料)

  • コモンズ行政書士事務所
  • TEL:0120-1000-51(相談無料)
  • mailお問い合わせ

01.国籍喪失手続きとは??

国籍喪失手続きとは??

韓国籍の方が帰化許可申請で許可をいただいた際は、韓国の国籍も同時に喪失されます。韓国の国籍が喪失しているのであれば、「国籍喪失手続きって何?」「手続きが必要なの?」と疑問に思われる方が多いと思いますが、手続きが必要になります。何故、必要になるかというと、韓国側では日本国籍を取得したことによって韓国の国籍が喪失したことを把握していないからです。そのため、韓国側に日本の国籍を取得したので韓国の国籍も喪失したことを伝えるために、お住まいの住所地を管轄している駐日大韓民国大使館又は駐日大韓民国総領事館にて国籍喪失手続きを行うことが義務付けられております。

POINT《管轄区域一覧》

国籍喪失手続きは、お住まいの住所地によって手続き先が異なります。駐日大韓民国大使館又は駐日大韓民国総領事館の管轄区域を一覧にまとめておりますので参考にしてください。

駐札幌大韓民国総領事館 北海道
駐仙台大韓民国総領事館 宮城県、福島県、山形県、岩手県、秋田県、青森県
駐日大韓民国大使館 東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、
駐横浜大韓民国総領事館 神奈川県、山梨県、静岡県
駐新潟大韓民国総領事館 新潟県、長野県、富山県、石川県
駐名古屋大韓民国総領事館 愛知県、三重県、岐阜県、福井県
駐大阪大韓民国大使館 大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県
駐神戸大韓民国総領事館 兵庫県、岡山県、鳥取県、香川県、徳島県
駐広島大韓民国総領事館 広島県、山口県、島根県、愛媛県、高知県
駐福岡大韓民国総領事館 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県、宮崎県、
沖縄県

02.国籍喪失手続きはいつまでに手続きをしないといけない??

国籍喪失届はいつまでに手続きをしないといけない??

国籍喪失手続きは、帰化許可申請の許可をいただいてからいつまでに手続きを行わないといけないという規定はございません。そのため、うっかり忘れていた場合や全く手続きのことを知らずに長期間経っていた場合でも、国籍喪失手続きに必要な書類を集めれば手続きを行っていただくことはできます!!

POINT《国籍喪失届を行わなかった場合罰則とかはあるの?》

うっかり国籍喪失手続きを忘れていた場合や放置していた場合でも、2021年6月現在で罰則はございません。ただし、韓国の法律では国籍喪失手続きを義務づけておりますので、この先状況が変わる可能性もございます。帰化許可後は、国籍喪失手続きを忘れないようにしましょう。

03.国籍喪失の流れ

国籍喪失の流れ 国籍喪失の流れ

国籍喪失手続きの必要書類

駐日大韓民国大使館又は駐日大韓民国総領事館にて国籍喪失手続きを行う場合は、以下の書類が必要となります。
・国籍喪失申告書
・帰化の事実が載っている戸籍謄本(原本+翻訳本)
・日本の住民票(原本+翻訳本)
・写真(3.5×4.5)
・印鑑(15歳以上:本人、15歳未満:父母)
・国籍喪失者の日本のパスポート(原本+コピー)
・国籍喪失者の基本証明書、家族関係証明書、親の基本証明書(又は除籍謄本)

POINT《国籍喪失申告書の取得場所は??》

国籍喪失届の申告書は、窓口で取得して記載いただくか、日本にある駐日大韓民国大使館又は駐日大韓民国総領事館のHPでも取得していただくことができます。

【参考】
駐日大韓民国大使館のHP
国籍喪失申告書

04.国籍喪失手続きの必要書類について解説

国籍喪失手続きの必要書類について解説

国籍喪失申告書

国籍喪失申告書

※窓口で取得して記載いただくか、日本にある駐日大韓民国大使館又は駐日大韓民国総領事館のHPで取得出来ます。
※申告書は、韓国語(ハングル語)で記載するようにしましょう。

帰化の事実が載っている戸籍謄本

帰化の事実が載っている戸籍謄本

※帰化事項の記載がある戸籍謄本が必要になります。
※韓国語(ハングル語)の翻訳文も必要となりますのでご注意ください。

日本の住民票

日本の住民票

※韓国語(ハングル語)の翻訳文も必要となりますのでご注意ください。
※世帯全員の住民票である必要はありません。

写真

写真

※縦4.5cm、横3.5cmの証明写真が必要となります。

国籍喪失者の日本のパスポート

パスポート写し

※日本のパスポートの原本とコピーが必要となります。

国籍喪失者の基本証明書

国籍喪失者の基本証明書

※提出の際に日本語訳文は不要です。

国籍喪失者の家族関係証明書

国籍喪失者の家族関係証明書

※提出の際に日本語訳文は不要です。

国籍喪失者の親の基本証明書

国籍喪失者の親の基本証明書

※提出の際に日本語訳文は不要です。


POINT《世界のパスポートランキング》

国のパスポートによって、ビザなしで渡航できる国の数が異なります。その中でも、現在日本のパスポートが一番多く渡航できるものとなっております。ESTAで公表されている上位15か国を記載しておりますのでご参照ください。
※ 下記数字は渡航可能な国数です。

日本 191 シンガポール 190 韓国 189
ドイツ 189 イタリア 188 フィンランド 188
スペイン 188 ルクセンブルク 188 デンマーク 187
オーストラリア 187 スウェーデン 186 フランス 186
ポルトガル 186 オランダ 186 アイルランド 186

05.国籍を喪失したかを確認する方法

国籍を喪失したかを確認する方法

国籍喪失手続きを行った後に、国籍喪失が無事に完了しているかを確認するには、駐日大韓民国大使館又は駐日大韓民国総領事館にて基本証明書の書類を取得していただければ、韓国の国籍が喪失しているかどうかを確認することができます!!

基本証明書の取得方法

Step1:家族関係登録申請書を記入し、基本証明書の欄にチェックを入れる
Step2:申請書とその他の書類を持って、韓国領事館もしくは大使館へ郵送請求もしくは窓口まで取りに行っていただきます。
Step3:基本証明書の内容にて、国籍喪失しているかどうかの確認をとることができます。


【訪問申請の必要書類】

  • 家族関係登録簿などの証明書交付申請書
  • 身分証(有効期間が残っている写真付きのもの)
  • 住民登録番号又は登録基準地の住所(最小OO洞、OO里までは必要)
  • 申請人が日本人の場合:日本の戸籍謄
  • 申請人が韓国の家族関係登録簿(旧戸籍)に入っていない韓国人の場合:出生証明書など

【郵便申請の必要書類】

  • 家族関係登録簿などの証明書交付申請書
  • 身分証(有効期間が残っている写真付きのもの)
  • 返信用封筒(切手を貼って住所、氏名記載)
  • 手数料1通あたり110円 (現金書留又は小為替)
  • 申請人が日本人の場合:日本の戸籍謄本
  • 申請人が韓国の家族関係登録簿(旧戸籍)に入っていない韓国人の場合:出生証明書など
POINT《基本証明書のどこを確認すれば喪失したかどうかわかる??》

基本証明書を取得した中に、韓国籍の国籍喪失手続きをした情報が記載されておりますので確認を取っていただくことができます。
国籍喪失申告書

06.駐日大韓民国大使館及び駐日大韓民国総領事館の連絡先

駐日大韓民国大使館及び駐日大韓民国総領事館の連絡先

国籍喪失手続きは駐日大韓民国大使館及び駐日大韓民国総領事館に行います。以下に情報を記載していますのでご参照ください。

名称 所在地 電話番号
駐札幌大韓民国総領事館 北海道札幌市中央区北2条西12丁目1-4 011-218-0288
駐仙台大韓民国総領事館 宮城県仙台市靑葉区上杉1丁目4-3 022-221-2751
駐日大韓民国大使館 東京都港区南麻布1-2-5 03-3452-7611
駐横浜大韓民国総領事館 神奈川県横浜市中区山手町118番地 045-621-4531
駐新潟大韓民国総領事館 新潟県新潟市中央区万代島5-1万代島ビル8F 025-255-5555
駐名古屋大韓民国総領事館 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19?12 052-586-9221
駐大阪大韓民国総領事館 大阪府大阪市中央区久太郎町2丁目5番13号五味ビル 06-4256-2345
駐神戸大韓民国総領事館 兵庫県神戸市中央区中山手通2-21-5 078-221-4853
駐広島大韓民国総領事館 広島県広島市南区翠5丁目9-17 082-505-2100
駐福岡大韓民国総領事館 福岡市中央区地行浜1-1-3 092-771-0461

07.国籍喪失手続きのQ&A

国籍喪失手続きのQ&A
01
翻訳は、翻訳会社に頼むのか自身で行うのかどちらがいいですか?

日本で暮らしていたkさん(20代男性・韓国人)は、この先も日本で暮らしていくため、帰化申請を行い日本国籍を取得しました。その後、国籍喪失手続きの用意を進めておりましたが、戸籍謄本の翻訳を翻訳会社へ依頼するか、自分で翻訳するか悩んでおりました。実際はどちら良いのでしょうか?

【プロの解説】国籍喪失手続きに必要な戸籍謄本の翻訳は、特に誰かに翻訳をしてもらわないといけないなどの決まりはございません。ご自身で翻訳を行うのが不安という方は、翻訳会社にご依頼をいただければと思います。

02
国籍喪失手続きが基本証明書に反映されるまでどれくらいかかる?

日本で暮らしていたPさん(20代女性・韓国人)は、国籍喪失手続きに必要な書類を揃えて駐日大韓民国大使館へ書類を提出いたしました。基本証明書に国籍喪失の内容が反映されるまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

【プロの解説】国籍喪失手続きを行ってから、基本証明書に国籍喪失の内容が反映されるまでの期間は、通常約3ヵ月から半年かかります。手続きを行う際の状況によって期間が変動することもありますので、心配であれば提出時にどのくらいかかるか確認することをお勧めいたします。

03
国籍喪失手続きを忘れると兵役に呼ばれることはあるのでしょうか?

日本で暮らしていたGさん(20代男性・韓国人)は、帰化申請を行い日本国籍を取得しました。それから1年以上、国籍喪失手続きを忘れておりました。日本の国籍を取得しても、国籍喪失手続きを行っていないと韓国の兵役義務により入隊することになるのでしょうか?

【プロの解説】韓国の国籍喪失が完了していれば韓国の兵役義務がかされることはないと考えております。しかし、国籍喪失手続きを行っていない場合は韓国領事館に確認することをお勧めします。また、韓国の法律等が変更することも考えられますので駐日大韓民国大使館等で確認するようにしましょう。

04
国籍喪失手続きは、郵送で行うことができますか?

日本で暮らしていたCさん(50代男性・韓国人)は、日本国籍を取得した後、国籍喪失手続きを検討しておりました。しかし、仕事が忙しく駐日大韓民国大使館等へ訪れることが困難な状況にあり、郵送で行うことができないか考えておりました。国籍喪失手続きは、郵送で行うことができるのでしょうか?

【プロの解説】韓国書類の取り寄せは郵送で行うことはできますが、国籍喪失手続きの書類を提出する際は 住所地を管轄する駐日大韓民国大使館及び駐日大韓民国総領事館の窓口で提出していただく必要がございます。

05
国籍喪失手続きに手数料はかかりますか?

日本で暮らしていたOさん(40代女性・韓国人)は、日本国籍を取得した後、国籍喪失手続きを検討しておりました。国籍喪失手続きを行う際の手数料は、いくらくらいかかるのでしょうか?


【プロの解説】国籍喪失手続きには、大使館・領事館に支払う手数料はかかりません。国籍喪失手続きに必要な書類を用意して駐日大韓民国大使館に提出していただくだけで大丈夫です。



08.料金について

料金について 5つのポイント
ぜひ私たちにご相談ください

コモンズ行政書士事務所は多くのお客様にご相談頂き、おかげさまで年間相談件数日本トップクラスを誇っております。ご相談内容に応じた適切なアドバイスを行い、お客様の申請をサポートさせて頂きます。申請を諦める前にぜひ1度ご相談ください。

たくさんの感謝を頂いております

たくさんのお客様より「ありがとう」のお言葉を頂いております。私たちコモンズ行政書士事務所メンバーは、お客様の許可・取得へ向けて日々精進し全力でお客様をサポートし続けます。

わたしたちにおまかせください

帰化申請や在留資格取得、各種許認可など全ての業務で高い取得率・許可率があります。お客様の大切な申請をぜひコモンズ行政書士事務所におまかせください。

95%の方にご満足頂いております

コモンズ行政書士事務所は、電話・メール・郵送等でのご依頼対応を実現し、無駄なコストを省くことで安心できるサポートを低価格でご提供しております。また、初回相談無料や不許可の場合は全額返金(※短期滞在ビザは適用外となります)などもご満足頂いている1つです。

人と人の繋がりを大切にします

1度ご依頼頂いたお客様から再びのご依頼や、ご紹介でご依頼を頂くケースが多いのもコモンズ行政書士事務所の特徴の1つです。お客様がお知り合いの方に勧めていただいていることは私たちの誇りであり、これからもお客様との出会いに感謝し精一杯サポートし続けます。

09.手続きの流れ

1
★ お電話・メールにてご相談

私たちコモンズ行政書士事務所は、お客様がしっかりご納得頂いたうえで、国籍喪失手続きをご協力させて頂きたいと考えております。国籍喪失手続きに関してのご質問・ご相談がある方は、メール・お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。お客様がご不安に感じることや様々なご要望に全力でお応えいたします!!お客様にとって1番良い方法を一緒に探 しましょう!!

check初回のご相談は無料です。強引な営業や勧誘なども一切行って おりませんのでご安心ください。

お問合わせ電話番号お問合わせ電話番号

メール問い合わせメール問い合わせ

2
★ お見積書・ご請求書を送付

お手続きに必要な情報をヒアリングし、お客様のご希望と一致するようであれば、お見積書・ご請求書をお客様へお送りいたします。お見積書・ご請求書の発行は 無料です。お見積書・ご請求書は、メールまたは郵送・FAXにてお送りいたします。

pointお見積書・ご請求書の他、手続きの流れをご説明した書類も一 緒にお送りしております。

★ お送りする書類の見本
3
★ ご入金

お見積書・ご請求書をご確認していただいた後、見積書の有効期限(発行日より7日以内)までに代金をお支払いください。初回のご依頼の方のみ、ご入金の前に、 顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポートなど)を、メールまたは郵送・FAXにてお送りいただいております。

checkご入金方法は【銀行振込】のみになります。

★ 取扱金融機関
4
★ 入金確認・必要書類のご案内

弊所での入金確認は随時、迅速に行っております。ご入金確認後、担当者より、お客様専用の「国籍喪失手続きに必要な書類一覧」をお客様にメールまたは郵送・FAXに てお送りいたします。また、お客様にご回答いただくWEBアンケートのURLをメールにてお送りしますので、あわせてご回答ください。

pointお客様が行うことは、書類のご用意と弊所からのアンケートの ご回答のみになります。

5
★ 書類の準備・アンケートのご回答

お客様専用の「国籍喪失手続きに必要な書類一覧」に記載されている書類を市町村役場や大使館・領事館等で取得していただきます。また、書類が全て用意出来次第、メー ルまたは郵送・FAXにて弊所に書類を送っていただきます。WEBアンケートの回答も書類が全て用意できるまでにお願いしております。

checkWEBアンケートにご回答できない方には、郵送でアンケートを お送りしております。

★ 参考画像
6
★ 書類の精査・作成・確認

全ての書類がお客様から届き次第、書類の精査を行います。「精査」とは、お客様から届いた資料が正しいかどうかを確認する作業です。全ての書類の精査が終わ り、アンケートが届き次第、書類の作成を開始します。弊所では、作成した書類のミスを防ぐため、二重のチェック体制を敷き、書類の間違いが無いように細心の注意を払っております。

point書類作成期間は約2週間前後になります。

★ 参考画像
7
★ 書類の完成

書類が完成致しましたら、完成した書類をお客様に確認していただきます。完成した書類を確認していただき、誤字・脱字・内容等に問題なければ書類の完成とな ります。書類完成後、ご自分で書類を印刷して頂くか、弊所から完成した書類をご郵送するかのどちらかをお選びいただけます。

point以上でお手続きは完了です。

★ 参考画像
8
★ 提出・アフターサービス

完成した書類に、お客様のご署名・ご捺印をして頂き、最寄りの駐日韓国大使館又は総領事館へ書類を申請していただきます。
弊所では、書類が完成した後のお客様にも様々なアフターサービスを行っております。その他、韓国籍の国籍喪失手続きに関するご質問・ご相談がございましたらお気軽にご相談ください!!またのご依頼をお待ちしております!!

point弊所へご依頼いただくお客様の中には、リピーターの方も多く いらっしゃいます!!

10.コモンズ行政書士事務所について

私たちが選ばれる理由 短期滞在ビザの専門行政書士として短期滞在ビザの専門行政書士として

私たちは国籍喪失手続き専門の行政書士であり、韓国籍の方が国籍喪失手続きが無事にできるようサポートを行っています。弊所は、国籍喪失手続きに関する知識・ノウハウが大量にあるので申請に至るまでのスピードや申請書作成の精度が高く、また、申請のポイントのご説明はもちろん、申請中に発生したトラブルなどアフターフォローまで確実にお客様をサポートできる体制が整っております。更に、国籍喪失手続きに掛る追加料金は一切不要・不許可の場合は全額返金のため料金面でも満足していただける体制を整えております。お客様からご依頼をいただいた後、少しでも早く・確実に国籍喪失手続きが実現するように精一杯サポートさせていただきます。国籍喪失手続きをお考えの方はコモンズ行政書士事務所にお任せください。

行政書士として行政書士として

コモンズ行政書士事務所には、行政書士としての「使命」があります。コモンズ行政書士事務所はあくまでも行政書士事務所であるため「行政書士倫理綱領」の使命を全うしなければなりません。行政書士倫理綱領の使命とは【行政書士は、国民と行政とのきずなとして、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献すること】です。コモンズ行政書士事務所は、この使命があることを一時も忘れず使命を全うします。また、行政書士には、業務をご依頼いただいたお客様の秘密を守る“守秘義務"が課されており、行政書士法にもはっきり定められてあります。もしこの守秘義務に違反し、お客様の秘密を外部に漏らすようなことがあれば、法律上当然に罰則が適用されることになります。コモンズ行政書士事務所は行政書士事務所として、お客様より依頼された内容の取り扱いは、外部に情報が漏洩することのないよう細心の注意と厳重な管理を心掛けており、自らの故意もしくは過失によって秘密を漏らすことはありませんので、安心してコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

コモンズ行政書士事務所として行政書士として

私たちコモンズ行政書士事務所の経営理念は【最高と言える人生を創る企業にします。】となっております。社会の最高とは何か、お客様の最高とは何か、私たちの最高とは何か、をコモンズ行政書士事務所のメンバー全員(コモンズメンバー)で真剣に考えそれを実現させることです。社会の最高とは、納税・ボランティア・社会貢献・日本を含む全世界へ感謝の気持ちを伝えることです。お客様の最高とは、ご依頼目的の実現・お客様満足の実現・お客様感動の実現です。私たちの最高とは、コモンズの繁栄存続・コモンズメンバーの夢の実現・コモンズに関わる全ての人々の幸せの実現です。コモンズメンバーは、上記にあるコモンズの考えに賛同し、思想を統一し、各人が哲学にまで落とし込み・信じ・殉じます。

山中健司
お問合わせ電話番号
メール問い合わせ

「国籍喪失手続き」以外にも幅広い業務でお客様をサポートできます。

「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!「社会」「お客様」「会社」のhappyを増やそう!