身元保証人とは?永住ビザ・永住権申請の身元保証人の条件

  • 2018-2-2
身元保証人とは?永住ビザ・永住権申請の身元保証人の条件

永住ビザの身元保証人についてきちんと理解しよう!

永住ビザ・永住権の身元保証人のこと

永住ビザ・永住権を入国管理局で申請する際には、身元保証人の協力が必要です。

こちらをご覧の方は、今から永住ビザ申請をするにあたって身元保証人を探してる方や身元保証人を依頼された日本人の方がいるかなと思います。

身元保証人をお願いする人は、一体どんな人にお願いをすれば良いのかな?といった疑問があると思います。また、永住ビザの身元保証人を依頼された日本人の方は、協力してあげたいけど保証人なんて不安・・・というお気持ちだと思います。

今回は、「身元保証人とは?永住ビザ・永住権申請の身元保証人の条件」をテーマにお話をさせて頂きます。こちらで、上記のようなご不安も解消してもらえると思いますので、ぜひ情報をお役立てください。

コモンズ行政書士事務所は、ビザ取得を専門に行っており常に取得率97%以上を誇っております。永住ビザ・永住権のサポートを1名様70,000円(税別)~でお受けしております。ご依頼後に追加料金を頂く事は一切ございません。また、ご家族での永住ビザ申請はさらにお得な料金をご用意しております。永住ビザ取得に関しましては他に負けない自信を持っております。

ぜひ今回の「身元保証人とは?永住ビザ・永住権申請の身元保証人の条件」をお読み頂きご依頼のご参考にしてくださいね。

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

永住ビザ・永住権の身元保証人の条件

まず第一条件は、永住ビザ・永住権の身元保証人になることが出来るのは、「日本人」か「永住者」のどちらかになります。

たまに「周りに協力してくれる日本人や永住者の人がいない・・。就労ビザを持っている人なら協力してくれる人がいるのだけど・・。」とご相談頂くことがあります。

ただ、残念ながら身元保証人は日本人か永住者しかなることが出来ません。

私も日本人や永住者以外の身元保証人で永住ビザ申請は出来ないのかな~?と思い色々な入国管理局に聞いてみたのですが、やはり答えは「No」でした。

永住ビザ申請をするということは、日本でずっと暮らす資格を得ることです。そのため、日本でずっと暮らす資格が現状ない人(就労ビザ等の在留期限が定まっている人)に保証をしてもらっても意味がないからという理由でした。・・・もっともなご回答でした。

そのため、これから永住ビザ・永住権の申請を検討されている方は、頑張って日本人か永住者の方に身元保証人になってもらえるようお願いしましょう。

第二条件は、安定した収入がある人になってもらいましょう。

安定した収入がある方なら基本的にOKです!よくとても地位がある人になってもらったら永住ビザが通りやすいといったお話を聞くのですが、基本的には永住ビザ・永住権の審査は本人の審査がメインなので、身元保証人は安定した収入がある人ならどなたでも大丈夫です。

もし、身元保証人を協力してもいいよーという人が複数いたらその中でも1番収入が高い人になってもらうのが良いと思います。

また、日本人の配偶者等・永住者の配偶者等から永住ビザの申請をする場合は、基本的に配偶者に身元保証人になってもらいます。その時は、配偶者が主婦で収入がなくても問題ないのでご安心してください。

永住ビザ・永住権の身元保証人の条件をまとめると「日本人か永住者で、安定した収入がある人」ならOKと考えてもらっていいかなと思います。

永住ビザの身元保証人と連帯保証人の違い

お知り合いの外国人の方から永住ビザ・永住権の身元保証人をお願いされたけど、ご不安な日本人の方は多いと思います。

私自身がそうだったのですが、「保証人にはなってはいけない!」「むやみに印鑑を押しては駄目だ!」と子供の頃から父に教えられていました(笑)

きっと皆さんもそうだと思うのですが(・・・子供の頃からは言われてないかもしれませんが。笑)、「保証人」と付く言葉のイメージから「なってはいけない!!」とイメージされると思います。

でも、永住ビザの身元保証人をお願いをしてきた外国人の方がとても仲の良い友達や信頼出来る部下だったりすると、協力してあげた方がいいのかな・・・というお気持ちにもなると思います。正直めっちゃ悩むと思います。

しかも、こうやって永住ビザの身元保証人について調べて、このページに辿り着いている日本人の方は本当にいい人なんだろうなと思います。そんな方に私は損をするようなことにはなってほしくないので、ここでご紹介する情報が判断材料の1つになるようしっかりご説明させて頂きますね。

それでは早速、身元保証人がどんな保証をするのかを確認しましょう!

身元保証人が保証するのは「滞在費」「帰国旅費」「法令の遵守」の3つです。

・・・と言われてもその内容がよく分からないと思います(笑)私もこのお仕事をさせてもらうまでは「はぁ??」という感じでした(笑)

噛み砕いて説明すると、永住ビザ申請を希望している人が日本での生活に困った時、支援してあげてください。もし、入国管理局から出国命令が出て母国へ帰るための旅費がない時は、費用をあげてください。そして、日本での法律を守るように指導してあげてください。という事なんです。

えっ?でも日本での生活が困った時や旅費ということは、金銭がやっぱり絡むのでは・・・?と思ったと思います。確かに絡みます。

なので、永住ビザの身元保証人を依頼してきた人があなたが本当に信頼出来る人なら協力してあげてください。

ただ、身元保証人という制度は連帯保証人とは異なり、あなたを法的に拘束するものではありません。もし、あなたが永住ビザ申請を希望している外国人に帰国旅費をあげなくても、日本での生活に困った時に援助をしなくても、そして永住ビザ申請を希望している外国人の方が犯罪を犯してしまっても、あなたに罰則はありません。そして、責任を追及されることもありません。

きっとあなたが、永住ビザの身元保証人をしてあげようか悩むような外国人の方なら、生活費に困るような人でも、自分のお金で帰国出来ないような人でも、犯罪を犯すような人でもないと思います。

なので、あなたが信頼できるなと思える方であれば、身元保証人を引き受けてあげても良いかもしれません。

ただ、上で説明したように罰則や責任を追及されることはないのですが、もし永住ビザ申請を希望している人が上記のようなことになってしまった時に十分な責任が果たされない場合は、それ以降の他の誰かの身元保証人を協力しても、身元保証人としての保証力が弱いと判断されますのでその点は注意しましょう。

永住ビザ・永住権の身元保証人が準備する書類

ここでは永住ビザ・永住権の身元保証人の方にご準備してもらう書類をご案内します。ただ、こちらでご紹介している書類はあくまで一般的な書類になりますのでご参考にしてください。弊所でご依頼頂いた際、お客様の状況によっては下記でご案内している書類と異なる場合もございますので、その点はあらかじめご了承ください。

必要書類

  • 身元保証書
  • 課税証明書
  • 納税証明書
  • 住民票
  • 在職証明書(会社員の場合)
  • 会社の登記簿謄本(経営者・役員の場合)
  • 直近の確定申告書(個人事業主の場合)

コモンズ行政書士事務所について

コモンズ行政書士事務所は、お電話やメール・ご郵送でのやりとりで永住ビザ・永住権申請サポートが可能となっております。そのため、弊所へ直接ご来所いただく必要はございません。お忙しい方でもスキマ時間にお気軽にお手続きを進めて頂くことが可能です。サポート料金は1名様70,000円(税別)~となっており、ご依頼前に必ずお見積書をお送りしております。ご依頼後には一切追加料金を頂くことはございませんので、ご安心しておまかせください。

また、年間のご相談件数も5000件以上と業界トップクラスを誇っており許可率も97%以上と高い許可率を実現しております。ぜひお客様の大切な永住ビザ・永住権申請はコモンズ行政書士事務所へおまかせください。ぜひ私たちと一緒に永住ビザ取得を目指しましょう!

ご参考ページ:コモンズ行政書士事務所HP
永住ビザ・永住許可申請の身元保証人って何?身元保証書の記入例もご紹介!

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る