帰化申請FAQ|FAQ|日本国籍|取得|質問|条件|方法|必要書類|許可・不許可│その他、帰化について

【主な営業地域】大阪│東京|名古屋|京都|兵庫|神戸|三宮|岡山|広島|福岡|鹿児島|その他日本全域

帰化申請の費用も重要なポイントだと考えており、お値引きの交渉も前向きに承っております。

帰化申請なら!!日本国籍の取得をお考えの皆様へ!私たちプロにお任せください!!料金は、\120,000~【初回相談無料・不許可の場合は全額返金】
トップ >> 帰化申請 >> 帰化申請FAQ

帰化申請FAQ


お客様からよくお問い合わせいただく帰化申請FAQを、下記にまとめています。

--------------- 申請前に関する帰化申請FAQ ---------------

帰化申請は、どこへ提出するのですか?

⇒ 帰化申請は、住所地を管轄する法務局・地方法務局へ申請します。

帰化の申請期間は?

⇒ 帰化の申請期間は、法務局へ申請してから6ヶ月~12ヶ月以内に結果が出ているケースが多いです。

帰化の動機書は、どのように書いたらいいですか?

⇒ 帰化の動機書は、帰化する動機に加え、「伝えるべきことをきちんと伝える」ということがポイントになります。
⇒ ポイントは、申請者の方それぞれ異なります。もちろん私どもがサポートします。
⇒ 法務局へ提出する帰化の動機書は、申請者ご自身の自筆となります。

帰化申請は、書類を揃えるのがすごく大変って聞きましたが?

⇒ 帰化申請は、申請者それぞれ内容が異なります。書類の多い方では申請書類が100枚を軽く超えてきます。
⇒ 全てご自身で申請される場合は、時間と労力がかかり、何度も法務局へ行く必要があります。


--------------- 申請後に関する帰化申請FAQ ---------------

帰化申請後の面接では、何を聞かれますか?

⇒ 帰化申請後の面接では、申請書類の内容について質問されます。
⇒ 質問されそうなこと、一般的に良く質問されていることなど、私どもがサポートします。

帰化申請後の面接は、何回行われますか?

⇒ 帰化申請後の面接は、1度で終わるケースが多いです。
⇒ 申請書類の内容により、2度面接を行うケースもあります。

帰化の許可が下りた後にすることはありますか?

⇒ 帰化許可後は、申請者が法務局へ行き身分証明書を受け取ります。
⇒ 市区町村へ14日以内に外国人登録証明書の返納、1ヶ月以内に帰化届出をする必要があります。
⇒ 申請者の国籍により異なりますが、国籍喪失のお手続きをする必要があります。
  例:韓国籍の方は必要です。中国籍の方は申請時に行うため必要ありません。
⇒ その他、運転免許証などの名義変更をすることになります。これで完了です。

不許可になったらどうなりますか?

⇒ ご安心ください。帰化申請は、何度でも申請することが可能です。
⇒ 不許可になった原因を解消し再申請すれば、許可になる可能性も十分あります。


--------------- 料金等に関する帰化申請FAQ ---------------

帰化申請を専門家に依頼したら、費用の面で不安です。どんどん費用を請求されませんか?

⇒ 私どもは、どんどん請求するようなことは一切致しません!
⇒ ご契約時に、きちんと金額をご提示します。ご安心ください。

依頼してから最後の最後まで、何度質問しても費用は変わりませんか?

⇒ もちろんです!何度でもご質問・ご相談ください。

帰化申請をコモンズ行政書士事務所に依頼したら、費用はいくらかかりますか?

⇒ 帰化申請は、¥126,000~(税込)お受けしております。
⇒ 具体的には、お問い合わせフォームからご連絡ください。もちろん直接お電話でも結構です。

帰化についてもっと詳しく教えてくれますか?

⇒ はい!真心込めてご対応します!
⇒ 初回相談無料ですので、ご安心してお問い合わせください!

帰化:先生の一言

日本国籍の取得・帰化を、弊所にご依頼いただき万が一不許可の場合は、全額返金させていただいております。但し私たちに隠し事をしたまま申請をし、それが原因で不許可の場合は話が別です。また、帰化申請を行うには、お客様がご自身で帰化申請を行う場合、少なくても10回は法務局へ行くことになると思われます。その上、必要書類の取得や、内容確認、本国書類の翻訳等などやることがたくさんあり、途中で諦める方もおられます。その点、私たちプロにご依頼いただければ、申請時と面接の約2回だけ法務局へ行くことで済みます。私たちは、お客様満足度NO.1を目指し、最高のサービス提供を心掛けて取り組んでおります。
人生で一度の帰化なので、日本国籍の取得・帰化は私たちプロにお任せください。


tel

帰化申請なら、豊富な実績がある私たちプロにお任せください。お客様の帰化申請を精一杯サポート致します。

関連ページ :下記ページを併せてご覧になられると、帰化のことがよく分かります。


転籍?

日本に帰化をすると戸籍謄本が出来ます。戸籍謄本の本籍を変える場合に転籍を行います。転籍を行うと、戸籍謄本に「帰化」の表記は記載されません。


私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしておられる日本国籍の取得・帰化をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの日本国籍の取得・帰化許可申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化申請は地域により、帰化申請を行う手順や必要書類が若干異なってきます。
日本全国で活動している私たちだからこそできるサポート・持っている情報があると考えています。
日本国籍の取得・帰化申請なら、私たち帰化専門行政書士にお任せください。