法務局
トップ >> 法務局一覧 >> 福岡法務局 田代支局

法務局

福岡法務局 田代支局

福岡法務局 田代支局

名 称 福岡法務局 田代支局
所 在 地 田川市中央町4番20号 
電 話 番 号 0947-44-1426 
交通手段 【目標物】田川市役所

【JRの場合】
1「田川伊田駅」下車後,徒歩約15分
 駅を出て左に進むと伊田町商店街入り口があります。商店街アーケードに入って真っ直ぐに突き当たりまで進み,突き当たりを左に曲がります。アーケードを出て踏切を渡り,しばらく歩くと押しボタン式の横断歩道がありますので,渡らずに右に曲がります。上り坂を上り,角にコンビニエンスストアのある横断歩道を渡り,突き当たりを左に進みます。左手の田川小学校を通り過ぎた辺りに法務局への矢印の付いた案内板が出たブロック塀がありますので,その角を右に曲がって,200mほど上ったところに2階建ての建物が2つ並んでいます。手前が労働基準監督署で,奥の方が法務局になります。

2「田川後藤寺駅」下車,徒歩約20分
 駅を出て,すぐ右に10分ほど道なりに進み,平松三角公園の信号を右に5分ほど歩くと市役所下の交差点に出ます。左折し,最初の信号を右に横断歩道を渡り,市役所の方へ登ると法務局の案内板が出ていますので,そちらの方向に下って左手にある2階建ての建物が法務局です。
 
3田川伊田駅前のバス停からは後藤寺バスセンター行きのバス,後藤寺バスセンターからは田川伊田方面へ向かうバスにご乗車いただき田川市役所前で下車いただくと便利です。(【バスの場合】参照。)

【平成筑豊鉄道の場合】
1田川伊田駅下車後,徒歩約15分
 平成筑豊鉄道「田川伊田駅」は,JR「田川伊田駅」と隣接していますので,【JRの場合】1参照願います。

2田川後藤寺駅下車,徒歩20分
 平成筑豊鉄道「田川後藤寺駅」は,JR「田川後藤寺駅」と隣接していますので,【JRの場合】2参照願います。 【バスの場合】「田川市役所」バス停下車後,徒歩約5分  後藤寺バスセンターから田川伊田方面行き(系統18,22,23,35)に乗車し約5分,JR田川伊田駅からは同系統後藤寺バスセンター方面行きに乗車し約6分,「田川市役所」バス停で下車します。田川市役所の方へと坂道を登ったところに法務局の案内板が出ていますので,そちらの方向に下って左手にある2階建ての建物が法務局です。

【車の場合(一般道利用)】
1福岡・飯塚方面から
 国道201号線を行橋方面へ進み,田川市内に入ってから10分程度進むと右手にサンリブやミスターマックス,左手にヤマダ電機やナフコが見えてきます。そのまま通り過ぎてすぐの歩道橋のある「長浦」の交差点を右折して道なりに2kmほど進み,4つ目の信号を左折して坂を登ったところに田川市役所があります。そこに法務局の案内板が出ていますので,そちらへ下って左手にある2階建ての建物が法務局です。

2北九州方面から
 国道322号線を田川方面に走ると,香春町の「清瀬橋交差点」で国道201号線に出ます。この交差点を右折(飯塚方面)し,10分ほど走ると,歩道橋のある「長浦」の交差点があるので,そこを左折して道なりに2kmほど進み,4つ目の信号を左折して坂を登ったところが田川市役所です。そこに法務局の案内板が出ていますので,そちらへ下って左手にある2階建ての建物が法務局です。

【車の場合(高速道路利用)】「八幡IC」から約40分
 八幡ICを下車し,国道200号直方バイパスを飯?方面に進みます。4kmほど進んで田川方面にバイパスを降り,県道22号直方田川線に左折します。そのまま約30分直進し,突き当たりの「バイパス入り口」を右折すると,3つ目の信号が歩道橋のある「長浦」の交差点です。そこを左折して道なりに2kmほど進み,4つ目の信号を左折して坂を登ったところが田川市役所です。そこに法務局の案内板が出ていますので,そちらへ下って左手にある2階建ての建物が法務局です。
U R L https://houmukyoku.moj.go.jp/fukuoka/table/shikyokutou/all/tagawa.html


関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方の帰化申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの帰化申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化申請は申請者の状況により、帰化申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国で帰化申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
帰化申請なら、私たち帰化専門の行政書士にお任せください。