フィリピン人の彼女・彼氏と結婚して日本で暮らす方法【サポート料金180,000円(税別)】

  • 2018-1-27
フィリピン人の彼女・彼氏と結婚して日本で暮らす方法【サポート料金180,000円(税別)】

フィリピン人の彼女・彼氏と結婚して日本で暮らす方法【サポート料金180,000円(税別)】

フィリピン人の婚約者との国際結婚はコモンズ行政書士事務所におまかせを!

コモンズ行政書士事務所ではフィリピン人の彼女や彼氏との国際結婚手続きをもっとスムーズに分かりやすく行って頂けるように、フィリピン人の彼女・彼氏を日本へ呼ぶための「短期滞在ビザ」の取得、日本で婚姻手続きをするためのサポート、結婚後に日本で暮らすための「結婚ビザ・配偶者ビザ」の取得の3点をセットにしたサービスを180,000円(税別)でご用意しております。

今回はサービス内容の詳細や実際のお手続きの流れ、お客様からよくあるご質問をご紹介したいと思います。ぜひご依頼のご参考にして頂ければと思います。

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

フィリピン人の婚約者と結婚して日本で暮らせるまでの流れ

まずは、実際に弊所でご依頼を頂いた際、どのようなお手続きの流れでフィリピン人の彼女・彼氏を日本へ呼んで、結婚して日本で暮らせるようになるのかを確認してくださいね!

01、ご相談・ご依頼のお申込み
02、短期滞在ビザ用の必要書類の準備
03、短期滞在ビザの書類作成
04、フィリピンにある代理申請機関で短期滞在ビザ申請
05、フィリピンで彼女や彼氏が婚姻に必要な書類を準備
06、ビザの許可が下り次第来日
07、駐日フィリピン大使館・領事館で婚姻要件具備証明書の発行
08、最寄りの市役所で日本側の結婚手続き
09、駐日フィリピン大使館・領事館で結婚証明書の発行
10、結婚ビザの必要書類の準備
11、結婚ビザの書類作成
12、最寄りの入国管理局で結婚ビザ申請
13、結婚ビザ取得

お手続きの流れとしては、このような流れで進んでいくんだな~と簡単にご理解頂ければ大丈夫です!

上記の流れは、お申込から結婚ビザ取得までだいたい4ヶ月くらいのお時間がかかると思って頂くのが良いでしょう。ただ、婚約者が日本へ来るのは短期滞在ビザが取得出来次第、来日が出来ますので早い方だとお申込から最短1ヶ月半~2ヶ月で来日して頂くことが可能です。

それでは、各項目でどのような事をしてもらうかをご説明させて頂きますね。

01、ご相談・ご依頼のお申込み

まずは、お客様の状況を弊所にご相談ください。担当の行政書士が、お客様にあった状況に適切なお手続きの進め方をご案内させて頂きます。ご案内内容のご承諾を頂けましたら、正式にお見積書・ご請求書をメールでご送付致しますので、お申し込みのお手続きをお願い致します。弊所でお客様からのご入金がご確認出来次第、正式にお手続きを進めさせて頂きます。

ご依頼後に、追加料金を頂くことは一切ございません。また、お客様にご納得頂いたうえでお手続きを進めさせて頂きますので、強引なお手続きのご案内や営業をさせて頂くことはございません。ご安心してご相談を頂ければと思います。また、弊所の経験上、許可を頂くことが難しいと判断した場合はきちんとその旨をお伝えさせて頂きますのでご安心ください。

02、短期滞在ビザ用の必要書類の準備

ご依頼を頂きましたら、まず弊所からお客様にあった必要書類のご案内をさせて頂きます。まずは、その中の「短期滞在ビザの必要書類」をご準備してください。こちらは市役所等でご取得頂ける「住民票」や「課税証明書」等のご準備する書類を一覧でご案内しております。書類の取得場所や取得の際の注意事項等もご案内しておりますので、ご安心してご準備を進めて頂けるかと思います。皆様だいたい1週間ほどで書類のご準備を行って頂いております。

03、短期滞在ビザの書類作成

ご準備頂いた短期滞在ビザの必要書類が弊所へ届きましたら、書類作成がスタート致します。書類の作成期間は約2週間になります。書類作成はビザ取得の専門家が作成を行いますので、お客様に1人1人にあった専用の短期滞在ビザ申請書類一式が仕上がります。弊所での書類作成中は、お客様に行って頂くお手続き等はございませんのでご安心してお待ちください。

04、フィリピンにある代理申請機関で短期滞在ビザ申請

書類が完成致しましたら、お客様に短期滞在ビザ申請書類一式をご送付致します。ご印刷を頂き、見本通りに必要箇所にご署名・ご捺印が出来ましたら、フィリピンの彼女・彼氏の元へご郵送ください。

フィリピンへ書類が到着致しましたら、フィリピンにある最寄りの代理申請機関へ書類をご提出ください。(※フィリピンは、代理申請機関を通して在フィリピン日本国大使館でビザ審査が行われます。)

短期滞在ビザの審査期間は、1週間~2週間ほどが目安となります。

05、フィリピンで彼女や彼氏が婚姻に必要な書類を準備

短期滞在ビザの審査中に、結婚手続きに必要になる書類をご準備してください。

・・・と上のお手続き流れ的にご案内をさせて頂いていますが、お時間がかかる可能性もあるので、日本でお客様が短期滞在ビザの書類を準備している頃からフィリピン側でも結婚手続きに必要な書類をご準備頂いている方がお手続きをスムーズに進めてもらうことが出来ると思います。

フィリピンで彼女や彼氏にご準備頂く書類についても、弊所でご案内しておりますのでご安心してご準備を進めて頂けます。必ず結婚手続きに必要な書類がご準備が出来てから来日してくださいね。

06、ビザの許可が下り次第来日

短期滞在ビザの審査が無事に終わりましたら、代理申請機関でビザ(査証)を受け取ってください。短期滞在ビザが発給され次第、来日することが可能です。また、短期滞在ビザは発給されてから必ず有効期限の3ヶ月以内に来日してください。

07、駐日フィリピン大使館・領事館で婚姻要件具備証明書の発行

フィリピンから彼女や彼氏が来日しましたら、駐日フィリピン大使館・領事館で「婚姻要件具備証明書」の取得を行ってください。「婚姻要件具備証明書」の取得に必要な書類も弊所からご案内しておりますので、そちらをお持ちいただければ大丈夫です!駐日フィリピン大使館は東京に、駐日フィリピン領事館は大阪にございます。

「婚姻要件具備証明書」は、申請から約2週間~1ヶ月程で発行されます。「婚姻要件具備証明書」は、ご自宅にご郵送されますので、再び取得しに行く必要はありません。

08、最寄りの市役所で日本側の結婚手続き

「婚姻要件具備証明書」がお手元に届きましたら、お客様がお住まいの最寄りの市区町村役場で日本側の結婚手続きを行ってください。日本側の結婚手続きに必要な書類も弊所でご案内しておりますので、そちらの書類をお持ち頂きお手続きを行ってください。

婚姻が受理されてから、約10日程でお客様の戸籍謄本に婚姻の事実が記載されます。これで日本側の結婚手続きは完了です!

09、駐日フィリピン大使館・領事館で結婚証明書の発行

日本側の結婚手続きが完了しましたら、もう1度駐日フィリピン大使館・領事館へ行き、フィリピン側の結婚証明書の発行手続きを行ってください。フィリピン側の結婚証明書発行に必要な書類も弊所でご案内しておりますので、その書類をお持ち頂ければ大丈夫です。

「フィリピン側の結婚証明書」は、申請から約2週間~1ヶ月程で発行されます。ご自宅にご郵送されますので、再び取得しに行く必要はありません。これでフィリピン側の結婚手続きも完了になります!

10、結婚ビザの必要書類の準備

日本側とフィリピン側の両国で結婚手続きが完了しましたら、結婚ビザに必要な書類をご準備してください。結婚ビザに必要な書類につきましても弊所でご案内しておりますので、ご安心してください。

結婚ビザに必要な書類が全て揃いましたら弊所へお送りください。

11、結婚ビザの書類作成

ご準備頂いた結婚ビザの必要書類が全て弊所に届きましたら、書類作成がスタート致します。書類の作成期間は短期滞在ビザの時と同様に約2週間になります。書類作成はビザ取得の専門家が作成を行いますので、お客様に1人1人にあった専用の結婚ビザ申請書類一式が仕上がります。弊所での書類作成中は、お客様に行って頂くお手続き等はございませんのでご安心してお待ちください。

12、最寄りの入国管理局で結婚ビザ申請

結婚ビザの申請書類一式が完成致しましたら、お客様にご送付致します。ご印刷を頂き、見本通りに必要箇所にご署名・ご捺印をしてください。その後、最寄りにある入国管理局へご提出してください。ご提出の際は、事前予約等は不要ですのでご都合が良いお時間にご提出ください。

結婚ビザの審査期間は、在留資格変更許可申請の場合は2週間~1ヶ月ほどになります。

13、結婚ビザ取得

無事に結果が出ましたら、入国管理局へ再び行って頂き在留カードの発行をして頂きます。以上でお手続きが全て完了します。これでフィリピン人の彼女や彼氏と今後はご夫婦として、日本で暮らすことが出来ます。

ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

フィリピン人の結婚手続きサポートでよくあるご質問

こちらでは、今回のこのフィリピン人の結婚手続きサポートでよくご質問を頂くことをQ&A形式でご回答させて頂きます。もし、こちらでご紹介しているご質問以外に、何かご質問・ご不明点がございましたらお気軽にお電話やお問い合わせフォームよりご相談ください。

Q1、フィリピンへ渡航する必要はありますか?

A,弊所でご案内しているこちらのセットでは、お客様(日本人の方)にフィリピンへ渡航して頂く必要はありません。そのため、お仕事が忙しい方で長期休暇を取得出来ない方でも、フィリピン人のご婚約者と国際結婚手続きを行っていただくことが可能です。

Q2、事務所へ行くは必要はありますか?

A,弊所はお電話やメール・ご郵送・FAXでのお手続きが可能となっております。そのため、事務所へご来所頂く必要はございません。また、ご来所頂く必要がないので全国どちらにお住まいの方でもご依頼をお受けすることが可能です。

Q3、返金サービスはありますか?

A,短期滞在ビザにつきましては、海外での審査になることから万が一不許可になってしまった場合でも、ご返金の対象外とさせて頂いております。ただ、短期滞在ビザの不許可により後のお手続きを進めることが出来なくなってしまった場合は、140,000円につきましてはご返金させて頂きます。(180,000円の内訳:短期滞在ビザ40,000円・婚姻手続きサポート40,000円・結婚ビザサポート100,000円)

また、結婚ビザ申請が不許可になってしまった場合は、再申請が可能な場合は再申請を無料でお手伝いさせて頂きます。もし、それでも不許可になってしまった場合は100,000円をご返金致します。ご返金のご案内につきましては、ご依頼前のお見積書に記載させて頂きますのでご安心ください。

Q4、書類が準備出来るか不安です

A,弊所で基本的にご案内させて頂いている書類は、特にご取得が難しい書類はございませんのでご安心ください。もし、ご準備が出来ない書類が発生した場合は、何か代替の書類で対応出来ないか等ご案内させて頂きます。お手続きを進める前はご不安がいっぱいだと思います。サポート対応中は、何度ご質問頂いても追加料金は発生致しませんのでお気軽にご不安な時はご質問ください。

Q5、もし婚約者が来日中に結婚ビザ申請が間に合わなくなったら?

A,もし、結婚手続きに時間がかかった等何かしらの事情で婚約者の来日中に、結婚ビザの申請が出来なくなってしまった場合でもご安心ください。ご婚約者がご帰国した後でも、結婚手続きが完了していればお客様1人で結婚ビザ申請を進めてもらうことが出来ます。もちろん、追加料金は頂きません。ただし、その場合の入国管理局での審査期間は1~3ヶ月となりますので、ご了承頂きますようお願い致します。ご婚約者は審査が完了次第、来日してもらうことが可能です。

Q6、フィリピン側の離婚が成立していません

A,恐れ入りますが、フィリピン側の離婚が成立していない場合はこちらのセットでご案内することが出来ません。フィリピン側の離婚が成立後ご依頼をご検討頂ければ幸いです。

コモンズ行政書士事務所について

コモンズ行政書士事務所は、お電話やメール・ご郵送でのやりとりでフィリピン人のご婚約者との結婚手続きや短期滞在ビザ・結婚ビザ申請サポートが可能となっております。そのため、弊所へ直接ご来所いただく必要はございません。お忙しい方でもスキマ時間にお気軽にお手続きを進めて頂くことが可能です。

また、年間のご相談件数も5000件以上と業界トップクラスを誇っており許可率も97%以上と高い許可率を実現しております。ぜひフィリピン人のご婚約者との結婚手続きや結婚ビザ申請はコモンズ行政書士事務所へおまかせください。

ご参考ページ:コモンズ行政書士事務所HP
フィリピン人と国際結婚手続きをする方法

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る