国際結婚をすると名字はどうなるの?名字を一緒にする事は出来るの?

  • 2018-6-4
国際結婚をすると名字はどうなるの?名字を一緒にする事は出来るの?

国際結婚でも名字は変わるの?

国際結婚でよくある疑問を解決しましょう!

結婚ビザ(日本人の配偶者等)を担当させて頂いていた際、ちょこちょこご質問頂いていたのが「結婚をすると名前はどうなりますか?」といったご質問です。

日本人同士の結婚は、夫または妻どちらかの名字で夫婦同姓にすることが法律で定められています。(今は日本人同士でも別姓を選択できるようにするべきといった声も上がっていますが・・。)

では、国際結婚の場合はどうなるのでしょうか?今回は国際結婚にあたって夫婦の名字をテーマにお話をしたいと思います。

コモンズ行政書士事務所は、ビザ取得を専門に行っており常に取得率97%以上を誇っております。結婚ビザ・配偶者ビザのサポートを100,000円(税別)~でお受けしております。ご依頼後に追加料金を頂く事は一切ございません。結婚ビザ取得に関しましては他に負けない自信を持っております。

ぜひ今回の「国際結婚をすると名字はどうなるの?名字を一緒にする事は出来るの?」をお読み頂きご依頼のご参考にしてくださいね。

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

国際結婚の場合は夫婦別姓が認められています

国際結婚の場合は、日本人同士の結婚と異なり夫婦別姓が認められています。認められているというと、少々語弊があるかもしれません。外国人には戸籍がないため日本人同士の婚姻のように同性にしましょうといった手続きが出来ないため別姓になるといった方が正しいのかなと思います。

そのため、国際結婚をした場合特に申請をしなければお互い今まで通りの名字を名乗ることになります。

「えっ?!結婚したら一緒の名字になることを夢見ていたのに・・・!」や「夫婦なんだから是非一緒の名字にするべきだ!」など色々な想いがあると思いますが、大丈夫です!ご安心ください。

国際結婚でも、きちんと申請手続きをすれば一緒の名字にすることが出来ますよ!(個人的には、私は自身の事になるとめんどくさがりなので銀行口座や運転免許証等その他諸々の名義変更をしなくても良い夫婦別姓が羨ましいのですが・・・(笑))

国際結婚カップルが同姓(同じ名字)にするための手続きとは?(日本人が名字を変える場合)

この項目では国際結婚をされたご夫婦で、日本人の方が外国人配偶者の姓を名乗る場合の手続きについてご紹介したいと思います。今回は、分かりやすいようにモデルでお話しますね。

モデル
日本人女性:田中 花子さん
外国人男性:JOHN SMITHさん(ジョン スミスさん)

このような日本人女性と外国人男性が国際結婚をした場合、何も手続きをしなければそれぞれお互いの名字は変わりません。

もし、日本人の田中さんがスミス姓を名乗りたい(スミス 花子)ということであれば婚姻後6カ月以内であれば市役所等で届け出るだけで変更が可能です。

ただし、注意してほしい点は日本の戸籍にはアルファベットが入力出来ないようになっているためカタカナ表記になること(SMITH 花子とは記載出来ない)ということです。

また、姓は結婚手続きをした際に登録された外国人配偶者の名字でしか市役所で届出が出来ません。少々ややこしく感じるかもしれませんが、婚姻届を記載する際に外国人配偶者の名前は、今回のモデルだとジョン スミスと記入して婚姻届を提出しています。そしてその情報が田中さんの戸籍謄本婚姻欄に配偶者の氏名としてジョン スミスと記載されます。

なので、6カ月以内であれば上記でお話したように「スミス 花子」へ変える場合は、役所への届出で対応してもらえますが、例えば「スミス田中 花子」のようにお互いの姓を合わせたような名前を希望する場合は、婚姻から6カ月以内であっても家庭裁判所での許可が必要となります。

また、結婚してから6カ月を経過した場合は役所等での届出では対応してもらうことが出来ないので家庭裁判所へ申し立てする必要があります。家庭裁判所への申し立ては役所への届出と異なり面倒な手続きが多くなるので、夫婦同姓をご希望される方は出来れば6カ月以内に決めちゃう方が楽だと思います。

国際結婚カップルが同姓(同じ名字)にするための手続きとは?(外国人が名字を変える場合)

では、次は外国人の方が日本人の姓を名乗る場合の手続きについてお話しますね。今回もさっきと同じ田中さんとスミスさんをモデルにお話しますね。

モデル
日本人女性:田中 花子さん
外国人男性:JOHN SMITHさん(ジョン スミスさん)

何度か上でもお話しているのですが、外国人の方は結婚をしても日本で戸籍が出来る訳ではありません。戸籍は日本国籍の人を対象にした制度となるためです。外国籍の方が戸籍を持つためには日本人に帰化をしない限り持つ事は出来ません。

そのため、日本人が同姓にするための手続きのように本名を変更することは出来ません。では、一緒にするためにはどうすればいいのかと言いますと、「通称名:通名」という制度を利用して同一姓を名乗るという方法になります。

モデルを参考にすると本名はジョン スミスさんですが、通称名を田中 ジョンと設定することが可能です。余談にはなりますが、ジョンというカタカナを好きな漢字(氏名に使用出来る漢字限定)にすることも可能です。田中 侍四とかですかね・・・ジョンを漢字に変換は意外に難しかったです(笑)

通称名は、役所で申請が行えます。きちんと役所で申請を行えば住民票に通称名を記載してもらうことが出来ます。そのため、通称名での銀行口座の開設や運転免許証に通称名と本国名をあわせて記載してもらうことも出来ます。契約等も通称名で行うことが可能です。

この通称名の制度を利用すれば、本名の変更を行うことは出来ませんが日本で夫婦同姓として日常生活を送るには問題ないでしょう。

特別永住者の方と結婚した場合によくあるご質問

国際結婚というイメージだと海外で暮らしている外国人の方と日本人の結婚をイメージされる方が多いですが、現在日本で暮らしている外国人の方(例えば特別永住者の方等)と結婚した場合で、氏名に関するご質問で多いことをご紹介します。

特別永住者の方は、通称名を使用している方が多いです。今回もモデルを出して説明しますね。

モデル
日本人女性:田中 花子さん
特別永住者の男性:金 学さん(通称名:金原 学さん)

この場合も、上記でご紹介した国際結婚と同様に結婚をしても夫婦は別姓になります。なので、日本人女性の田中さんが金さんの姓を名乗りたい(金 花子にしたい)ということであれば、6カ月以内であれば役所で届出・6カ月経過後は家庭裁判所で申し立てを行い同姓へ手続きすることが出来ます。

そこで、田中さんが金さんの通称名である金原姓を名乗りたいと希望した場合はどうなるのでしょうか?

役所で届出を行って、氏の変更が出来るのはあくまで戸籍謄本の婚姻欄に記載されている配偶者の姓(氏)だけになります。そのため、婚姻届には本国名である金 学で届けているので結婚から6カ月以内であったとしても通称名の姓を希望することが出来ません。

もし、通称名の姓を希望する場合は家庭裁判所への申し立てが必要となりますのでご注意ください。

次は、特別永住者の金さんが田中姓を名乗りたいとなった場合ですが、この方法も上の項目でご紹介したように通称名で「田中 学」と登録してもらうのが良いでしょう。

最近では、通称名の変更は出来ない・難しいといった状況ではありますが(総務省からの通達が平成25年にありました。)、婚姻をキッカケに通称名を変更したいといったきちんとした理由であれば田中さんの戸籍謄本等を持って行くことで通称名の変更が認められるかと思います。

受付される市区町村役場によって対応が異なることもあるようなので、1度事前にお問い合わせ頂くことをおすすめします。

結婚ビザ・配偶者ビザ申請をする時の名前

結婚ビザ(配偶者ビザ)を申請する際に、名前を変更してから申請する方が良いか旧姓のまま申請しても良いかご相談頂くことがございます。

基本的には、ビザはパスポートの氏名を基準に申請を行います。そのため、氏名の変更をパスポートも行っているのであれば新しい名前で申請が出来ます。しかし、旧姓のままであるのであれば旧姓で申請を行う必要があります。

国によっては、パスポートの変更に時間がかかったり氏名の変更に時間がかかったりするケースもあるので、もし早くビザ手続きを進めたいのであれば先にビザ手続きを進めて、後から氏名の変更やパスポートの変更を行うのも良いでしょう。ただし、国によって結婚からいつまででなければ姓の変更は出来ない等がある場合はあるのでその点は必ずお調べ頂くようにしてください。

たまに名字が夫婦ですが違う状況でビザ申請をしても良いの?とご質問頂くことがございますが、国際結婚は基本的に夫婦別姓なので名字が違っても問題になりません。ご安心ください。また、お名前の変更が完了しましたら免許証と同じ要領で在留カードの裏面に氏名の変更をしてもらうことが出来ます。(次回更新した後は、新しい名前の在留カードになります。)

なので、ご夫婦で1番良い方法をお選び頂きお手続きを進めて頂ければと思います。

コモンズ行政書士事務所について

コモンズ行政書士事務所は、お電話やメール・ご郵送でのやりとりで結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポートが可能となっております。そのため、弊所へ直接ご来所いただく必要はございません。お忙しい方でもスキマ時間にお気軽にお手続きを進めて頂くことが可能です。サポート料金は100,000円(税別)~となっており、ご依頼前に必ずお見積書をお送りしております。ご依頼後には一切追加料金を頂くことはございませんので、ご安心しておまかせください。

また、年間のご相談件数も5000件以上と業界トップクラスを誇っており許可率も97%以上と高い許可率を実現しております。ぜひお客様の大切な結婚ビザ・配偶者ビザ申請はコモンズ行政書士事務所へおまかせください。

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る