年の差婚の国際結婚!あなたが偽装結婚を疑われる可能性は何%?

  • 2018-1-31
年の差婚の国際結婚!あなたが偽装結婚を疑われる可能性は何%?

歳の差がある国際結婚は偽装結婚を疑われやすい?!

年齢差があっても大丈夫!

最近では、歳の差カップルも珍しくないかなと思います。今回記事の作成を担当させて頂いている私自身も交際相手と10歳差があるので歳の差カップルに該当するのかもしれません(笑)

芸能界でも歳の差カップル・夫婦というのは多くなっているので、以前よりも年齢が離れているカップルやご夫婦の珍しさはなくなっているかな?と思います。

ちなみに弊所では最高41歳差のご夫婦の結婚ビザサポートをご協力させて頂いたことがございます。お2人はとても羨ましくなる位仲が良く、入国管理局での審査の際も特に追加書類の指示や審査官からの質問等もなくスムーズに結婚ビザをご取得いただくことが出来ました。年齢差があってもきちんとした書類をご提出頂ければ偽装結婚を疑われず日本で暮らすことが出来ます。

でも、ここをご覧頂いている皆さんはきっと年齢差で偽装結婚を疑われるのでは?とご心配な方ばかりだと思います。なので今回は「年の差婚の国際結婚!あなたが偽装結婚を疑われる可能性は何%?」をテーマにお話をさせて頂きますね。

コモンズ行政書士事務所は、ビザ取得を専門に行っており常に取得率97%以上を誇っております。結婚ビザ・配偶者ビザのサポートを100,000円(税別)~でお受けしております。ご依頼後に追加料金を頂く事は一切ございません。ビザ取得に関しましては他に負けない自信を持っております。

ぜひ今回の「年の差婚の国際結婚!あなたが偽装結婚を疑われる可能性は何%?」をお読み頂きご依頼のご参考にしてくださいね。

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

お互いの好きなところ・ちょっと嫌いなところ言えますか?

突然ですが、お互いのすきなところやちょっと嫌いだ!って思うところって言えますか?

いや、もちろん「嫌いなところなんて一切ない!100%で好きなんだ!」とおっしゃられる方もいると思います。でも、きっとそんな方でも少し、ほんの少しだけここをなおしてほしいな~位のことはあると思います。

それも、「ない!!!」と言える方は・・・とても個人的に羨ましいです(笑)

ってもちろんそんな話をしたいわけでもなく、どうゆう意図でこんな話をしているのかと言いますと、お互いの好きなところやちょっと嫌いだな~と思う所を言えるということは、お2人がきちんとコミュニケーションが取れている証拠だと思います。

1度ご自身やお相手の方は言えるかな?と考えてみてください。そして、好きなところはぜひ言い合ってみてください。

・・・嫌いなところはおまかせします。喧嘩になっても弊所では責任を取る事は出来ません(笑)

もし、お2人がまだ出会って間もない状態で上記のことが言えない場合は、言えるようになるまでは結婚ビザの申請はストップした方がいいかもしれないですね。もう少し時間をかけて相手の事を知り、自分のことを知ってもらう時間を作りましょう。

今のままだと、偽装結婚を疑われる可能性が高くなってしまうかなと思います。大好きな人と早く一緒に暮らしたいというお気持ちは十二分に分かります。だからこそ上がクリアできるようになるまでぜひ頑張ってほしいです。

【ご参考記事】

そして、知り合ってからある程度の交際期間がある方で、「やっぱりないっ!!」と言える方は、それはもう運命だと思います!心の底から羨ましい!ぜひ結婚されましたら私たちに結婚ビザ申請はおまかせください(笑)

電話番号はこちらです→0120-1000-51 (笑)

ジェネレーションギャップと国籍の違い

歳の差があるとよく「ジェネレーションギャップがあって話が合わないんじゃないか?」さらに国際結婚だと「国籍が違うと文化が違うから余計に話は合わないんじゃないの?」と周りの人に聞かれることもあると思うのですが、意外に当人たちはそこまで意識していなかったりしますよね。

むしろ、何故そんなことを聞いてくるのだろう?といった疑問さえ生まれてるかもしれません。

でも、実はここに結婚ビザ審査のヒントが隠れているんです。周りの人が疑問に思う事が審査ポイントだったりするんです。

年齢が離れていると話が合わないのでは?
=コミュニケーションがきちんと取れていないのでは?
=それなのに結婚するの?
=偽装結婚では・・?

国籍が違うと文化が違うから余計に話は合わないんじゃないの?
=まだお互いを知らないから文化の違いは分かっていないんじゃない?
=それなのに結婚するの?
=偽装結婚では・・?

といったように、偽装結婚を疑われる要素は日常に溢れています。でも、あなたはきっと「年齢が離れていると話が合わないのでは?」や「国籍が違うと文化が違うから余計に話は合わないんじゃないの?」といった質問にいつも回答する答えを持っていると思います。

もし、いつも曖昧に回答していたり、答えを持っていない人はきちんと聞かれた時に答えを用意しておくのが良いでしょう。その回答が「確かに合わない時もあるし、文化が違うことでびっくりすることもある。」というような回答でも全然いいんです。あなたが正直に思うままでOKです。

それよりも回答がないという方が問題なのです。偽装結婚を疑われる要素は本当に些細なことなんです。

歳の差がある方や国際結婚が偽装結婚を疑われやすいというのは、同世代の人と交際している人や日本人同士で交際している人よりもこういった疑問や質問が表面化している分生まれやすいからなんです。だって、同世代同士で交際している人や日本人同士で結婚している人にそんな質問生まれないですよね。

でも、年齢が離れていても話がとても合う人はたくさんいます。むしろ同世代でも話が合わない人もたくさんいます。世代が違うと考え方が違って戸惑うこともあるかもしれませんが、その分お互い成長し合える良いこともあるんだと思います。

日本人同士でも地域が違えば、というよりもむしろ育った家庭が違えばルールなんて全然違います。バスタオルは毎日替える派と洗いたい時に洗う派・卵焼きはソース派または醤油派・雪が降らない地域で暮らしていた人は雪かきが下手などあげたらキリがない位違うことなんて当たり前なのに、歳の差がある・国籍が違うということで表面的に分かりやすいためそんな質問や疑問が生まれやすくなるのかなと思います。

でも、あなたは相手が彼女・彼氏だから結婚をしたいんだと思います。そして、日本で一緒に暮らすために結婚ビザ・配偶者ビザを取得したいんだと思います。

コモンズ行政書士事務所では、そんなお客様のお気持ちをしっかり理解して一緒に結婚ビザ・配偶者ビザの取得をご協力させてもらいたいといつも思っております。なので、少しでもご不安な方はぜひお気軽に私たちにご相談してくださいね。

それでは、次に具体的に年齢差があるご夫婦が偽装結婚を疑われずに結婚ビザ・配偶者ビザを取得するためにはどうすれば良いかというお話をしたいと思います。

写真やいつものチャット履歴

1つ目の大切なご質問です。

「2人で一緒に撮ったお写真はありますか?」

写真って苦手だ~という方お気持ちはとても分かります(笑)でも、もしない場合はこれから出来るだけ頑張って撮影してください。

2人で一緒に写った写真が結婚ビザ・配偶者ビザ申請でとても重要な資料になります。あとからあなたを助けてくれる大切な資料になるので、苦手だーーーという気持ちを頑張って抑えて撮ってください♪

撮影するタイミングはいつでもOKです。旅行している時やデートでお出かけしている時でも良いでしょう。でもそんな特別な日じゃなくても、お家でご飯を食べている時や一緒に料理をしている時等なんでも良いんです。2人が一緒に楽しく過ごしているタイミングを写真に保管しておいてください。

2つ目の大切なご質問です。

「お2人はどんなツールで連絡を取り合っていますか?」

LINE?メッセンジャー?Skype?微信?それとも国際電話?なんでもOKなのですが、そのチャット履歴やメール履歴・通話履歴が消えないように保存をしておいてください。

普段何気なくやりとりをしているそのメールやチャット履歴も、結婚ビザ・配偶者ビザ申請であなたを助けてくれるとても大切な資料になります。

会話の内容は日常会話で全く問題ありません。たまに「この日喧嘩をしてしまって・・・」というお客様がいらっしゃいますが、それも全然大丈夫です!むしろ良いです!喧嘩するほど仲が良い!それも立派なお互いをきちんと好きな証拠です。

なので写真と普段やりとりをしているメールやチャット履歴は、絶対に消えないように保存しましょう!

でも、もし万が一消えてしまって・・・という方は私たちと一緒に方法を考えましょう。私たちと一緒に考えればきっと何か良い方法が生まれてくるはずです。なんといっても私たちは結婚ビザ・配偶者ビザ取得のプロですので(^^)

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

なぜ写真やチャット履歴が大事なの?

なぜ、そんなに一緒に撮影した写真やメール履歴が大切なの?と思った方もいるかもしれません。

そのあたりについてお話をしたいと思います。結婚ビザ・配偶者ビザ申請は、入国管理局で「書面」で審査が行われます。

この書面でというのがポイントになるのですが、書類・データで2人の関係性を証明する必要があります。すなわち、書類で偽装結婚ではないことを審査官に訴えないといけないんです。

きっと、審査官に直接話したら!とか、審査官の方に1日2人がいるところを密着して見てもらえれば偽装結婚でないことはすぐ分かってもらえるはずだ!という方もいると思います。

確かにそれが1番分かりやすいと私も思います(笑)もしかすると、そんな事を思ってくれる審査官の方もいるかもしれません(笑)

でも、残念ながら申請量がとても多い入国管理局では書類で審査することになってしまうんです。口で説明することが出来ないので、きちんとお2人の関係性が形で見える写真やチャット・メール履歴で偽装結婚ではないと伝える必要があるんです。

でも、写真やチャット履歴だけではお互いの気持ちを伝えきることは出来ないよ!!と思われる方もいると思います。そんな方は入国管理局で公表されている書類ではないですが、「理由書」を作成しましょう。この理由書とは今回結婚ビザ・配偶者ビザを申請する理由を説明する書類です。

どんな事を書くのかと言いますと、例えばお2人の出会いや初めて知り合った時の事、なぜ2人は交際することになったのか、お互いの家族のこと、結婚をしようとなった時の事、お互いの気持ち等をまとめて書く書類です。

上記のことを文章でしっかり審査官に伝わるように書きましょう!一生懸命書けば審査官に想いはきっと伝わるはずです。年齢差があってもお互いがきちんと好きなことを具体例を出して書いても良いかもしれませんね。

ただし、書いてはいけない事が1つだけあります!それは、嘘を書くことです。これだけは取り返しがつかなくなる可能性が高いですので絶対にやめてくださいね。

弊所でも、よくご自身で結婚ビザ・配偶者ビザ申請をして不許可になったとご相談頂くことがあるのですが、よくよく話をお伺いすると入国管理局で申請した書類に嘘があることがあります。少しでも良い風に思ってもらえるようにという気持ちからだったというのはよく分かるのですが、かなり危険な状態であることに変わりはないんです。嘘をつくというのは、わざわざ自分から不許可への道へ駒を進める行動です。

もちろん、そのような状態の方でも弊所で対応し無事に結婚ビザ・配偶者ビザの許可を頂いているのですが、やはり中には何度も嘘を伝えてしまったために何年経っても奥様やご主人を日本へ呼べていない方がいるのも事実です。なので、嘘を書く事は絶対に絶対にやめましょう!!!

あとは、理由書の文章が長すぎるのも出来れば避けてもらう方が良いかもしれないです。好きな人への想いをのせると自然と文章が長くなってしまうのは当然なのですが、あくまで入国管理局へ提出する書類なんだというポイントはお忘れないようにしてください。

文章が長くなり過ぎると、それだけ審査ポイント・事実確認をするポイントが増えてしまうからです。ちょっと言い方は悪いですが、自ら偽装結婚のツッコミ所を増やしてしまう可能性もあるんです。

出来ればA4サイズの用紙1枚程にまとめるのがコツかなと思います。分かりやすく簡潔に想いを伝えるのがポイントです!難しいかもしれないですが、奥様やご主人の結婚ビザ・配偶者ビザ取得のためぜひ頑張ってください!

それでも、ご不安な方!安心してください、コモンズ行政書士事務所があります(笑)!

私たちは、お客様それぞれにあった結婚ビザ・配偶者ビザの申請書類一式を作成しております。もちろん理由書も伝えたいポイントをまとめて適切な文章量でビザ取得のプロが作成しています。また、お客様にお渡しする前に複数の行政書士が完成書類を確認致しますので、審査でひっかかりそうなポイントを入国管理局へ提出する前に見つけることが可能です。もし、問題になりそうなところがあれば入国管理局へ提出前に私たちと一緒に対応することが可能です。

入国管理局ではどんな審査官の方に書類をチェックしてもらえるかは分かりません。だからこそ、どんな審査官から見ても良い印象の書類へ仕上げる必要があります。そのために複数人の行政書士でお客様が伝えたいことがきちんと伝わっている書類かをチェックしております。それをすることによって、結婚ビザ・配偶者ビザの取得率をアップさせることが出来ます。

ビザ取得を専門にしている行政書士事務所だからこそ出来ることがあります。私たちコモンズ行政書士事務所だから出来ることがあります。ぜひ私たちにあなたの大切な結婚ビザ・配偶者ビザの取得をおまかせください。一緒に「結婚ビザを取得出来て良かったーーー!!」と言ってもらえるように精一杯サポートさせて頂くことをお約束致します。

結婚ビザ申請の必要書類

ここでは結婚ビザ・配偶者ビザ申請に必要な書類をご案内しますね。ただ、こちらでご紹介している書類はあくまで一般的な書類になりますのでご参考にしてください。弊所でご依頼頂いた際、お客様の状況によっては下記でご案内している書類と異なる場合もございますので、その点はあらかじめご了承くださいね。

必要書類

  • 申請書
  • 申請人のパスポート写し
  • 戸籍謄本
  • 海外側の結婚証明書
  • 課税証明書
  • 納税証明書
  • 身元保証書
  • 住民票
  • 質問書
  • 一緒に写っている写真
  • メールやチャット履歴
  • 写真(縦4cm×横3cm) 1枚

コモンズ行政書士事務所について

コモンズ行政書士事務所は、お電話やメール・ご郵送でのやりとりで結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポートが可能となっております。そのため、弊所へ直接ご来所いただく必要はございません。お忙しい方でもスキマ時間にお気軽にお手続きを進めて頂くことが可能です。サポート料金は100,000円(税別)~となっており、ご依頼前に必ずお見積書をお送りしております。ご依頼後には一切追加料金を頂くことはございませんので、ご安心しておまかせください。

また、年間のご相談件数も5000件以上と業界トップクラスを誇っており許可率も97%以上と高い許可率を実現しております。ぜひお客様の大切な結婚ビザ・配偶者ビザ申請はコモンズ行政書士事務所へおまかせください。ぜひ私たちと一緒に大好きな人と日本で一緒に暮らせるように頑張りましょう!

【コモンズ行政書士事務所 お問い合わせフォーム】

コモンズ行政書士事務所では、国家資格者の行政書士がお客様それぞれにあったビザ申請書類を作成しております。また、書類作成だけではなくフォロー体制も万全です!ビザ取得率も97%以上と高く、年間ご相談件数も5000件以上と業界トップクラスです。お気軽に下記のお問い合わせフォーム・お電話(フリーダイヤル)でコモンズ行政書士事務所にご相談ください。

ご依頼ポイント
ネットでお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る