ブログ
トップ >> ビザ申請の用語集 >> ビザ申請に関するブログ【入国警備官】

ブログ

入国警備官について記述します。
入国警備官は、不法入国者・不法滞在者の調査、摘発、収容した場合の処遇、送還等を行うことを職務としており、法務省の施設等機関である入国者収容所と、地方支分部局である地方入国管理局に配置されています。入国者の多い中国語や英語の会話に不自由のない語学力が必要とされ、配置される部署に応じて階級とは別に、「警備監理官」「首席入国警備官」「入国警備専門官」といった役職が与えられます。入国警備官は、職務の性質上の困難さ等のため中途離職者の率が公務員の中で自衛官より多いとされています。そのため、各地方入国管理局では人員が足りないといった事態になっており、地域住民等からは「不法入国者をもっと取り締まれ」、弁護士等の支援者からは「国家権力の行き過ぎだ」といった批判の板挟みになるといった問題が存在しています。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方のビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。
ビザ申請は申請者の状況により、ビザ申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国でビザ申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
ビザ申請なら、私たちビザ専門行政書士にお任せください。