ブログ
トップ >> ビザ申請の用語集 >> ビザ申請に関するブログ【入国者収容所】

ブログ

入国者収容所について記述します。
入管法等の規定に抵触して退去強制手続の対象となった外国人は、まず地方入国管理局の警備担当部門において入国警備官による違反調査を受けることになります。この場合、一旦当該地方入管局の収容場への収容がなされ、続いて入国審査官による違反審査・認定、不服があれば特別審理官による口頭審理・判定、さらには法務大臣への異議申出という手続を踏むことになります。その後、即日仮放免等、事実上収容せずに在宅のまま後日手続をしたり、入国者収容所に移送・収容といった判断が行われることになります。収容所には面会に行くことも可能で、日ごろから被収容者との面会活動をしている団体も存在します。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方のビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。
ビザ申請は申請者の状況により、ビザ申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国でビザ申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
ビザ申請なら、私たちビザ専門行政書士にお任せください。