ブログ
トップ >> ビザ申請の用語集 >> ビザ申請に関するブログ【血統主義】

ブログ

血統主義について記述します。
血統主義は現在日本やドイツ、韓国などで採用されています。対立する概念として親がどこの国の国民であろうと、自国で生まれた子は自国民とする出生地主義といったものがあり、アメリカ合衆国等で採用されています。日本では国籍法で、父親か母親が日本国民なら子も日本国民とすると規定されています。そして従来は父系からの取得しか認められなかったが、1985年に改正され父系母系どちらの国籍でも選べるようになりました。これを父母両系血統主義と呼ぶことがあります。また、例外として日本でも出生地主義が用いられることがあり、日本で生まれて両親の行方がわからなかったり、国籍がない場合は日本国籍を与えるといったケースも存在します。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方のビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。
ビザ申請は申請者の状況により、ビザ申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国でビザ申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
ビザ申請なら、私たちビザ専門行政書士にお任せください。