ブログ
トップ >> ビザ申請の用語集 >> ビザ申請に関するブログ【死亡届書】

ブログ

死亡届書について記述します。
死亡届書が受理されれば住民票に死亡が記載され、本人の死亡の証明を行う公的証明として利用することができます。提出期限は届出者が死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡したときは,その事実を知った日から3か月以内)に役所に届け出ることが必要とされています。届け出する内容は、「届出日」「死亡者の氏名と読み方」「生年月日」「死亡者の住民登録先住所とその世帯主名」「死亡者の本籍とその筆頭者氏名」といったものが挙げられます。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方のビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのビザ申請に関するお問い合わせをいただいています。
ビザ申請は申請者の状況により、ビザ申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国でビザ申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
ビザ申請なら、私たちビザ専門行政書士にお任せください。