適格機関投資家等特例業務届出│ファンド│集団投資スキーム│匿名組合│その他、適格機関投資家等特例業務について

【主な営業地域】大阪│堺│吹田│高槻│豊中│生野│東成│淀川│東大阪│八尾│その他大阪全域

適格機関投資家等特例業務届出申請の費用も重要なポイントだと考えており、費用の交渉も前向きに承っております。

適格機関投資家等特例業務届出 ファンド運用をお考えの皆様へ。 大切な届出申請だからこそ、私たちプロにお任せください。費用は、¥120,000~初回相談無料・業務開始後のサポート対応
トップ >> 許認可申請home >> 大阪の適格機関投資家等特例業務届出

適格機関投資家等特例業務届出

適格機関投資家等特例業務届出をすると、自己募集・自己運用でファンド運営を行うことができます。
本来、第二種金融商品等取引業登録と投資運用業登録が必要なところを、登録せずにファンド運営ができる制度です。

大阪で行う適格機関投資家等特例業務届出

提出先 :近畿財務局
住所  :大阪市中央区大手前4丁目1-76
申請期間:1日
手数料 :不要
特徴  :適格機関投資家が必要となります
お問合せ:コモンズ行政書士事務所
TEL :0120-1000-51

適格機関投資家等特例業務届出
■ 適格機関投資家 :1名必要
■ 一般投資家   :49名以下
■ 届出      :必要
■ モニタリング調査:報告義務
■ ファンド組成  :可能
■ 私募      :可能
■ 運用      :可能
■ 虚偽告知    :×
■ 損失補てん   :×
■ 契約締結前書面 :×
■ 契約締結時書面 :×

金融商品取引業者の推移


業態(件)
平成17年 18年 19年 20年 21年 22年
第二種金融商品取引業登録 124 449 694 1,026 1,244 1,327
投資助言・代理業登録 741 877 959 989 1,201 1,246
投資運用業登録-金商法 228 256 269 223 320 322
※金融庁の1年より引用

平成19年9月に施行された金融商品取引法により、投資顧問業法・抵当証券業法・金融先物取引法が廃止され、金融商品取引法に一本化されました。
金融商品取引業は、第一種金融商品取引業・第二種金融商品取引業・投資運用業・投資助言代理業の4種類があり、金融商品を取扱う業務を行う場合は登録をする必要がります。
しかし、登録には多くの費用と時間が必要になるため、登録をせずに届出のみで金融商品を取扱う業務を行うことができる特例が「適格機関投資家等特例業務」にあたります。
適格機関投資家等特例業務届出は、適格機関1名と一般投資家49名以下が出資することでファンド運営を行うことができます。
急がれている方や小規模でファンド運営をお考えの方にお勧めできるものです。

適格機関投資家等特例業務なら、実績が豊富な私たちにお任せください。お客様が不安に感じていることや、疑問に思っていることを解決します。

0120-1000-51

私たちがお客様にお届けする7個のサポート

取扱業務のご案内

私たちのサポート地域は大阪全域です!

私たちは、大阪全域の適格機関投資家等特例業務届出申請をサポートしています。
お問い合わせは、大阪市内の北区、西区、中央区、淀川区、生野区、東成区、阿倍野区、西成区などはもちろん、豊中、箕面、池田の豊能地域、そして、茨木、高槻、吹田、摂津の三島地域、そして、枚方、寝屋川、守口、門真、大東の北河内地域、また、東大阪、八尾、柏原の中河内地域、和泉、高石、泉大津の泉北地域、そして、岸和田、貝塚、泉南、阪南の泉南地域、松原、羽曳野、藤井寺、富田林の南河内地域といった、大阪全域からたくさんの適格機関投資家等特例業務届出を希望されている方よりお問い合わせをいただいています。
適格機関投資家等特例業務届出は、業務内容により申請が異なってきます。
大阪全域で活動している私たちだからこそできるサポート・持っている情報があると考えています。