NPO法人設立|手順│法人設立|申請|必要書類|設立認証│事業目的│役員│その他、NPO法人設立について

【主な営業地域】大阪│東京│横浜│京都│広島│名古屋│三宮│和歌山│広島│岡山|三重│滋賀│その他日本全域

NPO法人設立の費用も重要なポイントだと考えており、お値引きの交渉も前向きに承っております。

NPO法人設立 新しく法人を設立して、事業を始めようとお考えの皆様へNPO法人設立の申請は、私たちプロにお任せください。費用は、\200,000~【初回相談無料・不許可の場合は全額返金】
トップ >> NPO法人home >> NPO法人設立の手順

NPO法人設立の手順


NPO法人設立の手順は、STEP1からSTEP8までとなっております。

STEP1  ご相談(無料)

お気軽にご相談ください。NPO法人設立専門の行政書士がお話をお伺いします。
NPO法人設立に関するサポート内容、注意事項、料金等について丁寧に説明します。

STEP2  お申し込み・ヒアリング・ご入金

お申し込み後、NPO法人設立に必要な概要をお伺いし、内容を決定していきます。
専属の行政書士がサポートします。ご入金後、手続きを開始します。

STEP3  設立総会で定款内容等の決定・書類作成

NPO法人の社員(株式会社の株主の様なもの)全員で、定款等の法人のルールを決議します。
NPO法人の役員(理事・監事)となる方も決定します。
決議内容をお伺いし、その情報をもとに必要書類を作成していきます。

STEP4  作成書類に押印・住民票の受け取り

定款等、NPO法人設立に必要な書類に押印していただきます。
また、役員(理事・監事)となられる方の住民票が必要となりますので取得してください。

STEP5  所轄庁との事前協議

NPO法人の設立には認証申請が必要となります。
その前提として、所轄庁の担当者と事前協議を数回行い、申請書類の不備等がないか確認いたします。

STEP6  設立認証の申請

事前協議で確認を行った申請書類を、所轄庁へ提出します。
申請の日から約4ヶ月で申請の結果が通知されます。

STEP7  認証・不認証の決定

設立の認証がされた後は、NPO法人の設立登記を申請します。
同時に、法人の代表印の登録を行いますので、代表者印の作成と代表者個人の印鑑証明書を取得してください。

STEP8  登記申請書を作成して登記申請

法人所在場所の管轄法務局へ提出する申請書を作成します。
提携司法書士の先生に申請を依頼してNPO法人設立登記します。
登記完了後、法人成立となります。


NPO法人設立:先生の一言

初回相談では、時間制限なく無料で受けております。ご契約した後に、ご入金の確認後お手続きを開始します。その後に追加の費用をご請求することはありません。定款や必要な書類は内容をお伺いして、私たちが作成します。設立登記の手続きは、私たちが提携している司法書士の先生に依頼します。NPO法人は、登記だけでなく認証を受けなければ設立することができません。認証を受けるには必要な書類を提出し、2ヶ月間は一般に閲覧できるようにします。その後2ヶ月以内に認証・不認証の決定がされます。不認証となった場合でも再度修正し申請することは可能です。(この場合も2ヶ月の閲覧と審査を受けるため約4ヶ月の期間がかかります)私たちは、お客様満足度NO.1を目指し、最高のサービス提供を心掛けて取り組んでおります。
法人設立という新しいスタートだからこそ、NPO法人の設立申請は私たちプロにお任せください。


tel

法人設立なら、豊富な実績がある私たちプロにお任せください。お客様の法人設立を精一杯サポート致します。

関連サイト


私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中のNPO法人設立の申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんのNPO法人の設立申請に関するお問い合わせをいただいています。
法人設立は地域により、法人設立を行う手順や必要書類が若干異なってきます。
日本全国で活動している私たちだからこそできるサポート・持っている情報があると考えています。
NPO法人設立の申請なら、私たち会社設立専門行政書士にお任せください。