台湾人|帰化│帰化申請│必要書類│条件│方法|許可・不許可│認可|その他帰化(きか)許可申請について

【主な営業地域】大阪|東京|神奈川|横浜|愛知|名古屋|兵庫|神戸|和歌山|広島|岡山|長崎|福岡|その他日本全域

帰化申請なら!私たち帰化の専門家にお任せください!
トップ >> 帰化申請 >> 台湾人の帰化

帰化

帰化とは、台湾の国籍から日本の国籍に変わることです。
帰化して日本国籍を取得すると日本人になるので、日本のパスポートや選挙権(参政権)、住民票などを手にすることが出来ます。
帰化は人生で1度の大切な申請です。そのため、私たち帰化申請の専門行政書士にお任せください。

台湾人の帰化

提出先 :住所地を管轄する法務局
申請期間:6ヶ月から12ヶ月
ご依頼料金 :¥120,000~(税別)
お得    :家族割あり
特徴    :不許可の場合は全額返金
特徴    :追加料金なし
特徴    :実績多数
お問合せ  :コモンズ行政書士事務所
TEL   :0120-1000-51(無料)
営業時間  :平日:9時から21時 土祝:9時から18時

帰化許可になると・・・
■ 国籍      :日本
■ 通称名     :不要
■ 外国人登録   :不要
■ 再入国手続き  :不要
■ 参政権     :有り
■ 日本の戸籍   :有り
■ 住民票     :有り
■ 日本パスポート :取得可

帰化申請者数等の推移

事項
 
帰化許可申請者数 帰化許可者数 不許可者数
合計 韓国・朝鮮 中国 その他
平成17年 14,666 15,251 9,689 4,427 1,135 166
平成18年 15,340 14,108 8,531 4,347 1,230 255
平成19年 16,107 14,680 8,546 4,740 1,394 260
平成20年 15,440 13,218 7,412 4,322 1,484 269
平成21年 14,878 14,784 7,637 5,391 1,756 202
平成22年 13,391 13,072 6,668 4,816 1,588 234
※いずれも暦年の人数である。
※法務省のHPから引用

帰化は、国籍法に帰化許可の要件等が記載されています。
国籍法とは、日本国憲法第10条の委任により、日本国民たる要件を定めるために制定された日本の法律です。
国籍法は、1950年(昭和25年)5月4日に公布され、同年7月1日に施行されました。(以前の国籍法は廃止)
2008年(平成20年)12月12日に国籍法が改正され、現在に至っています。
国籍法では、帰化を許可する権限は法務大臣にあり、普通帰化、簡易帰化、大帰化の3種類(この区分名はいずれも通称)が認められています。
帰化申請者のうち、毎年ほぼ99%の割合で帰化が許可されています。
帰化する方の内、約6割は台湾人・朝鮮人の帰化であり、およそ3割が台湾人の帰化となっています。
帰化許可申請者は、全国で毎年約15,000人ほどであり、ここ数年大きな増減は見受けられていません。

帰化申請なら、豊富な実績がある私たちにお任せください。お客様が不安に感じていることや、疑問に思っていることを解決します。

0120-1000-51

私たちがお客様にお届けする7個のサポート

取扱業務のご案内









関連サイト



私たちのサポート地域は日本全国です!

私たちは、日本全域の台湾人の帰化をサポートしています。
お問い合わせは、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、熊本、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの帰化申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化許可申請は地方法務局により、帰化申請を行う手順が若干異なってきます。
台湾人の帰化を日本全域でサポートしている私たちだからこそできるフォロー・持っている情報があると考えています。