ブログ
トップ >> 帰化申請の用語集 >> 帰化申請に関するブログ【配偶者】

ブログ

配偶者について記述します。
配偶者が一定の収入を得ない場合、所得税において配偶者控除を認められます。また生命保険等に入っている場合、その万が一の際の保険金の受け取り手は、配偶者とする場合が多くなっています。配偶者と相手方配偶者の血族との間には姻族関係が発生し、相手方との離婚により姻族関係は当然に消滅します。相手方死亡の場合には、姻族関係終了の意思表示をすると姻族関係は消滅し、姻族としての権利義務を負う必要はなくなります。日本民法725条のように配偶者を血縁者、姻族でもなく親等もない親族とする立法例は他に例がないと言われています。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方の帰化申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの帰化許可申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化申請は申請者の状況により、帰化申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国で帰化申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
帰化申請なら、私たち帰化専門行政書士にお任せください。