ブログ
トップ >> 帰化申請の用語集 >> 帰化申請に関するブログ【渡来人】

ブログ

渡来人について記述します。
渡来人は、海外から日本に渡って来た人々を意味しますが、歴史用語としては、4世紀から7世紀頃に、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住してきた人々を指すことが多くなっています。「帰化人」という呼び名がかつて学会の主流であったが、日本中心的な意味合いを含む等とされてから不適切な用語であるとされ、「渡来人」の呼称が提唱され、学界の主流となりました。こういった歴史用語の変更は、国際交流が盛んになった20世紀以降にしばしば起こっています。しかし、「帰化人」が「不適切」な語であって、「渡来人」ならば「適切」とすることに関しては多くの議論があり、現在も「帰化人」という言葉は一般的に使用されています。

関連サイト



私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしている外国人の方の帰化申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの帰化許可申請に関するお問い合わせをいただいています。
帰化申請は申請者の状況により、帰化申請の審査ポイントや必要書類が若干異なってきます。
日本全国で帰化申請をサポートしている私たちだからこそできるアドバイス・持っている情報があると考えています。
帰化申請なら、私たち帰化専門行政書士にお任せください。