人文知識国際業務ビザ│更新ビザ|必要書類│申請書類|延長|許可・不許可│その他、ビザ申請について

【主な営業地域】大阪│東京│神奈川|名古屋│岐阜|京都│神戸│姫路|滋賀|福岡│その他日本全域

人文知識国際業務ビザ手続きの費用も重要なポイントだと考えており、お値引きの交渉も前向きに承っております。

人文知識国際業務ビザの更新 ビザ更新をしたい・・・大切なビザ申請だからこそ、私たちプロにお任せください。費用は、\50,000~【初回相談無料・不許可の場合は全額返金】
トップ >> 人文知識国際業務ビザhome >> 人文知識国際業務ビザ更新の必要書類

人文知識国際業務ビザ更新の必要書類


人文知識国際業務ビザ更新申請の必要書類は、以下の通りです。
人文知識国際業務ビザ更新申請を、数多い許可実績をもとにサポートさせていただきます。

人文知識国際業務ビザ更新の必要書類

人文知識・国際業務ビザに更新申請する場合

---必要なもの---
□ 在留期間更新許可申請書
□ 理由書
□ パスポートの写し及び外国人登録証明書
---招聘会社が上場企業(以下のいずれか)---
□ 四季報の写し
□ 日本の証券取引所に上場していることを証明する文書
□ 主務官庁から設立の許可を受けたことを証明書する文書
---招聘会社の法定調書合計表の源泉徴収税額が1,500万円以上の団体・個人---
□ 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表
---法定調書合計表を提出された団体・個人---
□ 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表
□ 直近1年間の住民税の課税証明書及び納税証明書
□ 職務内容に変更があった場合には、その詳細を説明する文書
---法定調書合計表を提出していない団体・個人---
□ 直近1年間の住民税の課税証明書及び納税証明書
□ 職務内容に変更があった場合には、その詳細を説明する文書
□ その他
※ 上記以外の書類が必要となることがあります。
※ 申請書は発行日から3ヶ月以内のもの。

人文知識国際業務ビザ:先生の一言

人文知識国際業務ビザ更新の必要書類は、申請者によって異なります。人文知識国際業務ビザ更新の必要書類は記載内容が重要であり、ただ揃えたというだけでは申請受理をされません。人文知識国際業務ビザ更新の必要書類は、上記の必要書類以外にも必要となるケースがほとんどです。上記の必要書類を揃えただけで申請すると、入国管理局から必要書類の追加指示が来る可能性が非常に高いです。また、理由書はとても重要であり場合によっては上申書や推薦状といった書類も提出します。過去に提出している申請書の内容との整合性も非常に重要です。特に、職務内容と申請者の経歴の整合性及び納税状況や日本での暮らしの状況等が重要な審査ポイントになります。また、申請者の過去の行いや日本に来てからの行いが重要になります。人文知識国際業務ビザ更新申請後に、追加書類の指示を受けるケースもあります。一度不許可になると、次回の人文知識国際業務ビザ更新申請に影響を及ぼし、必要書類を再度一から揃える必要があります。私たちは、お客様満足度NO.1を目指し、最高のサービス提供を心掛けて取り組んでおります。
大切な人文知識国際業務ビザ更新申請なので、人文知識国際業務ビザ専門行政書士である私たちプロにお任せください。


tel

ビザ申請なら、豊富な実績がある私たちプロにお任せください。お客様のビザ申請を精一杯サポート致します。

関連サイト


私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしておられる外国人の人文知識国際業務ビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの人文知識国際業務ビザに関するお問い合わせをいただいています。
人文知識国際業務ビザ申請は申請者により、審査ポイントや必要書類が異なってきます。
日本全国で活動している私たちだからこそできるサポート・持っている情報があると考えています。
人文知識国際業務ビザなら、私たち人文知識国際業務ビザ専門行政書士にお任せください。