人文知識国際業務ビザ│ビザ更新│ビザ延長|期間更新|許可・不許可│その他、ビザ申請について

【主な営業地域】大阪│東京│名古屋│京都|兵庫|神戸│三宮|姫路|奈良|福岡│その他日本全域

人文知識国際業務ビザ手続きの費用も重要なポイントだと考えており、お値引きの交渉も前向きに承っております。

人文知識国際業務ビザの更新 ビザ更新をしたい・・・大切なビザ申請だからこそ、私たちプロにお任せください。費用は、\50,000~【初回相談無料・不許可の場合は全額返金】
トップ >> 人文知識国際業務ビザhome >> 人文知識国際業務ビザ更新とは

人文知識国際業務ビザ更新とは


人文知識国際業務ビザは、通訳翻訳、語学教師、貿易業務、マーケティング、服飾デザイナー、経理会計、企画、営業、建築家、広報などの仕事をする場合に該当します。

人文知識とは(以下2点のいずれかを備える必要があります)

■ 日本で行う仕事に対し、10年以上の実務経験があること。
 ※大学、高等専門学校、中等教育学校の後期課程または専修学校の専門課程において、当該知識に係る科目を専攻した期間を含む
■ 日本で行う仕事に対し、必要な知識にかかわる科目を専攻して大学を卒業していること。
 ※ 大学卒業の方、短期大学卒業の方・専門士を取得している方でも大丈夫です。

国際業務とは(以下の2点とも備える必要があります)

■ 翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。
■ 日本で行う仕事に対し、3年以上の実務経験があること。
 ※ 日本で行う仕事が「通訳・翻訳・語学指導」の場合、大学を卒業していれば3年の実務経験がなくても良いです。
 ※ 大学卒業の方、短期大学卒業の方・専門士を取得している方でも大丈夫です。

人文知識国際業務ビザ更新申請すると・・・

ビザ更新申請が許可されると、下の「在留期間更新許可」が交付されます。
変更事由が発生したら、できるだけ早くビザ変更申請を行いましょう。

人文知識国際業務ビザの在留期間

在留期間は「5年」「3年」「1年」「3月」の4種類あります。

人文知識国際業務ビザ更新の正しい情報が欲しい・・・

就職・転職をしたので、ビザ変更したい!!
職場で仕事の内容が変わったのでビザ変更したい!!など・・・
弊社では、多くの外国人の方を日本に呼び、お客様から感謝の言葉をいただいております。
インターネットには、様々な情報が飛び交っています。
その中、私たち専門家が正しい情報をお伝えすることも、私の使命と考えております。
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

外国人登録者数の推移


在留資格
平成17年 18年 19年 20年 21年
総数 2,011,555 2,084,919 2,152,973 2,217,426 2,186,121
日・配 259,656 260,955 256,980 245,497 221,923
家族滞在 86,055 91,344 98,167 107,641 115,081
定住者 265,639 268,836 268,604 258,498 221,771
人文・国際 55,276 57,323 61,763 67,291 69,395
投資経営 6,743 7,342 7,916 8,895 9,840
技術 29,044 35,135 44,684 52,273 50,493
技能 15,112 17,869 21,261 25,863 29,030
興行 36,376 21,062 15,728 13,031 10,966
企業内転勤 11,977 14,014 16,111 17,798 16,786
就学・留学 157,715 168,510 170,590 179,827 192,668
特別永住者 451,909 443,044 430,229 420,305 409,565
永住者 349,804 394,477 439,757 492,056 533,472
※法務省 平成22年度「出入国管理」日本語版から引用

人文知識国際業務ビザ:先生の一言

人文知識国際業務ビザ更新は、申請してから許可が下りるまで約2週間から3ヶ月かかります。人文知識国際業務ビザとは、申請者の内容により審査内容や審査基準が全く異なります。人文知識国際業務ビザ申請で、申請者の方の納税状況が非課税の方は注意が必要です。人文知識国際業務ビザ申請では理由書が重要であり、会社の業務内容と申請者の経歴との整合性の証明が必要となります。場合によっては、上申書や陳述書といったものも必要となります。ご自身で気になること・疑問に思うこと・不安に思うことは、前もって私たち専門家へご相談ください。収入等は、金額の大小が問題ではなく「安定した暮らし」ができているかどうかが問題です。人文知識国際業務ビザ申請が許可になった後に長期間海外にいる場合は、人文知識国際業務ビザが取り消される可能性もあります。私たちは、お客様満足度NO.1を目指し、最高のサービス提供を心掛けて取り組んでおります。
大切な人文知識国際業務ビザ更新なので、人文知識国際業務ビザ専門行政書士である私たちプロにお任せください。


tel

ビザ申請なら、豊富な実績がある私たちプロにお任せください。お客様のビザ申請を精一杯サポート致します。

関連サイト


私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしておられる外国人の人文知識国際業務ビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの人文知識国際業務ビザに関するお問い合わせをいただいています。
人文知識国際業務ビザ申請は申請者により、審査ポイントや必要書類が異なってきます。
日本全国で活動している私たちだからこそできるサポート・持っている情報があると考えています。
人文知識国際業務ビザなら、私たち人文知識国際業務ビザ専門行政書士にお任せください。