人文知識国際業務ビザ│Q&A|質問|取得|日本入国|条件|許可・不許可│その他、ビザ申請について

【主な営業地域】大阪│東京│横浜│名古屋│京都│三宮|神戸|和歌山|三重|福岡│その他日本全域

人文知識国際業務ビザ手続きの費用も重要なポイントだと考えており、お値引きの交渉も前向きに承っております。

人文知識国際業務ビザ 日本で仕事をする!通訳・貿易業務・営業・語学教師など。大切なビザ申請だからこそ、私たちプロにお任せください。費用は、\100,000~【初回相談無料・不許可の場合は全額返金】
トップ >> 人文知識国際業務ビザhome >> 人文知識国際業務ビザのQ&A

人文知識国際業務ビザのQ&A


お客様から多くのご質問・ご相談を日々いただいております。

--------------- 申請前に関するご質問 ---------------

外国人の方が、働くために日本に来るにはどうしたらいいですか?

⇒ 日本に働きに来るためには、人文知識・国際業務ビザの「認定証明書交付申請」を行います。

人文知識・国際業務ビザとは、どのようなものですか?

⇒ 日本で働く業務内容が、「通訳翻訳、語学教師、貿易業務、マーケティング、服飾デザイナー、経理会計、企画、営業、建築家、広報など」を行う方に発給されるビザ(在留資格)です。

認定証明書交付申請って何ですか?

⇒ 一言で説明すると、海外にいる外国人が、日本に来るために必要な申請手続きのことを言います。

人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)は、どこへ提出するのですか?

⇒ 人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)は、入国管理局へ申請します。

人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)の申請期間は?

⇒ 申請期間は、入国管理局へ申請後1ヶ月から3ヶ月以内で結果が出ています。

申請書類を代わりに取得してくれますか?

⇒ もちろんです! 書類取得・書類作成など最初から最後までサポートします。

人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)は、理由書が重要と聞きましたが?

⇒ その通りです。人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)では、理由書の内容がとても重要になります。
⇒ 仕事の業務内容と、申請者の今までの経歴との関連性を証明する必要があります。
⇒ 私どもは専門家であり、認定証明書交付申請手続きをスムーズに進めることが可能です。


--------------- 申請後に関するご質問 ---------------

申請後、追加書類のサポートもしてもらえますか?

⇒ もちろんです!追加書類のサポートも無料でします。
⇒ 最後の最後までお客様をサポートします!

申請が不許可の場合、本当に全額返してもらえるのですか?

⇒ 不許可の場合は、もちろん全額お返しします!
⇒ それだけ人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)に自信を持っています!

許可が下りた後にすることはありますか?

⇒ 許可されると、「在留資格認定証明書」が交付されます。
⇒ この証明書をもって、本国にある日本大使館や領事館でビザの申請を行います。
⇒ 許可後の必要なお手続きなど、最後の最後までお客様をサポートしますのでご安心ください!

不許可になったらどうなりますか?

⇒ ご安心ください。人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)は、何度でも申請することが可能です。
⇒ 不許可になった原因を解消し再申請すれば、許可になる可能性も十分あります。


--------------- 料金等に関するご質問 ---------------

人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)を専門家に依頼したら、費用が不安です。どんどん請求されませんか?

⇒ 私どもは、どんどん請求するようなことは一切致しません!
⇒ ご契約時に、きちんと金額をご提示します。ご安心ください。

依頼してから最後の最後まで、何度質問しても費用は変わりませんか?

⇒ もちろんです!何度でもご質問・ご相談ください。

人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)をコモンズ行政書士事務所に依頼したら、費用はいくらかかりますか?

⇒ 人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)は、¥105,000~(税込)お受けしております。
⇒ 具体的には、お問い合わせフォームからご連絡ください。もちろん直接お電話でも結構です。

人文知識国際業務ビザ(認定証明書交付申請)についてもっと詳しく教えてくれますか?

⇒ はい!真心込めてご対応します!
⇒ 初回相談無料ですので、ご安心してお問い合わせください!

人文知識国際業務ビザ:先生の一言

人文知識国際業務ビザ申請の結果が不許可の場合は、本当に全額返金します。但し私たちに隠し事をしたまま申請をし、それが原因で不許可の場合は話が別ですが、今現在で不許可になった例がございません。人文知識国際業務ビザ申請では、過去に提出したビザ申請書との整合性が重要です。また、人文知識国際業務ビザでは、理由書の内容も非常に重要なので専門家へ依頼することをお勧めします。人文知識国際業務ビザ申請後、追加書類の指示が来るケースがあります。提出期限に気をつけてください。人文知識国際業務ビザ申請が不許可になった場合でも、現在のビザが消滅することはありません。最初にご提示した金額から追加で費用をいただくことはまずありません(今まで1度もありません)。費用は、申請者の状況や内容・申請者数によってお値引きすることもできます。私たちは、お客様満足度NO.1を目指し、最高のサービス提供を心掛けて取り組んでおります。
大切な人文知識国際業務ビザ申請なので、人文知識国際業務ビザ専門行政書士である私たちプロにお任せください。


tel

ビザ申請なら、豊富な実績がある私たちプロにお任せください。お客様のビザ申請を精一杯サポート致します。

関連サイト


私たちのサポート地域は日本全域です!

私たちは、日本中で暮らしておられる外国人の人文知識国際業務ビザ申請をサポートしています。
お問い合わせは、北は北海道から南は沖縄まで、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの人文知識国際業務ビザに関するお問い合わせをいただいています。
人文知識国際業務ビザ申請は申請者により、審査ポイントや必要書類が異なってきます。
日本全国で活動している私たちだからこそできるサポート・持っている情報があると考えています。
人文知識国際業務ビザなら、私たち人文知識国際業務ビザ専門行政書士にお任せください。